喧嘩で強くなりたい人が見習うべき「確実に勝つ」9つの方法

喧嘩で強くなりたい人が見習うべき「確実に勝つ」9つの方法「喧嘩に強くなりたい」と考えている人、もしくはそう考えたことのある人は少なくないのではないでしょうか。

ということで今回は、「喧嘩で強くなる方法」について紹介していきたいと思います。それでは、早速見て行きましょう。

 

喧嘩で強くなりたい人が見習うべき「確実に勝つ」9つの方法

スポンサーリンク

 

退くことを意識する

意外かもしれませんが、喧嘩でもっとも重要なのは「退く」ことです。

もし喧嘩において自分が優勢である場合、劣勢の相手を叩きのめせば傷害などで告訴されるということも考えられますし、命を奪ってしまえば殺人です。逆に自分が劣勢にある場合、下手をすれば後遺症の残るような大怪我を負わされてしまうということも考えられますし、もちろん下手をすれば死んでしまいます。

喧嘩は格闘技と違い「綺麗な勝利」はほとんど無いということをまず認識しましょう。ですので、やはり「退く」ということは喧嘩においてまず何よりも重要になります。

やばい状況になったら、もしくはそのような状況になる前に逃げる、身を隠すということは第一ですし、相手に致命傷までを与えてしまわないということも頭の片隅に入れておきましょう。

喧嘩において「逃げるが勝ち」というのは非常にありふれた話です。

 

相手の意志を確かめる

ここで言う「意志」とは相手が「自分に対して攻撃を仕掛ける」という意志のことになります。もし戦意のない相手に一方的に攻撃を仕掛けた場合、後で大事件に発展してしまうということも考えられるからです。

プロレスラーの前田日明はまず相手に先に一発先手を打たせて、「正当防衛」という口実を作った上で喧嘩に及んだと言います。

もちろん普通の人がそこまでするのは難しいでしょうが、それでも相手の攻撃の意志の有無を確認するということは非常に重要です。

またもし可能であれば録音、録画などにて証拠を押さえるようにしましょう。

 

判断力・思い切りを良くする

基本的に実力に余程の差がある場合を除いて、喧嘩は先手必勝であると考えましょう。相手の一撃を食らう前にこちらから一撃を与えるのです。

相手に攻撃の意志があることが確認できた場合、素早く先手を打ってしまいましょう。

また、「相手を攻撃する」ということを、無意識的であれ躊躇してしまうという人は意外と多いものですが、こうした気持ちは喧嘩では厳禁です。

金的、目潰し、噛み付き、耳掴み、指折り(指関節技)、顔面への膝蹴り、マウントパンチ、身の回りの物を武器として利用するなど、どんなにえげつなく、卑怯な技であっても躊躇なく繰り出すことの出来る思い切りの良い人間が喧嘩ではより勝利しやすくなります。

 

ウエイトを増やす

当然といえば当然ですが、ウエイトを増やすということは喧嘩においては非常に重要です。殴り合いや取っ組み合いになった場合、手足の長さなどのリーチ(射程距離)を考慮しなければより体重の多い者が勝ちやすくなりますし、また両者の体重が近い場合には筋肉量の多い者が勝ちやすくなります。

喧嘩に強くなりたいという場合、やはりウエイトトレーニング(筋トレ)は欠かすことができません。

また「大きな身体」はそれだけで相手に威圧感を与える効果もあります。

 

体幹を鍛える

路上での喧嘩では、総合格闘技の試合のようなグラウンドの攻防が展開されることはほとんどありません。格闘技と違い、喧嘩は固い路面にて行われることがほとんどですので、倒されたり投げられたりすることは即敗北に直結します。

そこで、オススメしたいのが「倒されない」ということを目的とした体幹トレーニングです。

これをすることで体の重心のバランスが取りやすくなり、取っ組み合いになった時などに倒される危険性を低減させられます。

 

受け身を覚える

前述のとおり路上での喧嘩において「倒される」ことは非常に危険でありますが、万が一倒されてしまった場合を想定して、受け身を取れるようにしておくことは防御面で非常に有効です。

柔道の練習と同じような要領で繰り返し練習するようにしましょう。

 

当て勘を良くする

「喧嘩は先手必勝」と前述しましたが、より正確に言えば「最初にクリーンヒットをさせる」ことにより、勝つ可能性は飛躍的に高まります。

多くの人は顔面への攻撃がヒットすると、その時点で戦意を喪失してしまいます。またそうでなくとも隙が生まれるため次の攻撃に繋げやすくなります。

喧嘩では「強い打撃を放つ」ことよりも「とにかく顔面や急所に当てる」ということを優先するようにしましょう。 当て勘を鍛えるためにはやはりトレーニングが欠かせません。

イメトレとシャドーボクシングを組み合わせるトレーニングはもちろんですが、可能であればパートナーにミットやプロテクターを装着してもらい、実際に「動く的」に攻撃を当てる練習をしましょう。

また、打撃面の表面積を大きくし当てやすくするという点ではグーパンチに比べて掌底を使うのは有効と言えます。もちろん掌底は威力自体は落ちますが、それでも顎やみぞおちにヒットすれば一撃で相手をノックアウトすることも可能です。

 

服装に気をつける

喧嘩において服装は非常に大きな意味を持ちます。ダボダボの服や襟付きの服の場合、相手に掴まれてしまう危険性があります。

またネクタイや長髪、アクセサリー類なども同様です。ピアスは肉ごと引き千切られてしまう可能性もあります。

逆に硬い材質の靴などは蹴りの威力を高める効果を発揮する場合もありますし、バッグやリュックサックも武器や防具として利用できます。

 

まとめ

喧嘩で強くなりたい人が見習うべき「確実に勝つ」9つの方法

 

・退くことを意識する

・相手の意志を確かめる

・判断力・思い切りを良くする

・ウエイトを増やす

・体幹を鍛える

・受け身を覚える

・当て勘を良くする

・服装に気をつける

 

いかがでしたか?

ここまでさまざまな方法を紹介しましたが、喧嘩が強くなるための一番の近道は「経験を積む」ということかもしれませんね。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします