毛穴の汚れをスッキリ落として、透明感のある肌になる15の裏技

毛穴の汚れをスッキリ落として、透明感のある肌になる15の裏技小鼻の周りの黒いポツポツが目立ったり、白いニョロッとした角栓が飛び出したり。ザラザラ・ブツブツの毛穴汚れは、その存在だけで気分が憂うつになりますよね。

毛穴の汚れに悩む人は多いのですが、正しいケアができている人はほんの一握りです。つまり、適切なケアをきちんとすれば、予防や改善が簡単にできます。

そこでこの記事では、毛穴の汚れをスッキリきれいに落として、透明感のある肌になる方法をお伝えします。

 

毛穴の汚れをスッキリ落として、透明感のある肌になる15の裏技

スポンサーリンク

 

毛穴の汚れの正体とは?

毛穴の汚れをスッキリ落として、透明感のある肌になる15の裏技

毛穴の汚れと一口にいっても、その要素は複数あります。

まずは、毛穴汚れがどんな特性を持っているのか、把握しておきましょう。

酸化した皮脂(油分)

まずは、毛穴の奥の皮脂腺から出てくる皮脂です。これが過剰になり、他の汚れと混ざって酸化すると黒くなります。

古い揚げ油は時間の経過とともに黒くなっていきますよね。それと同じように、皮脂という油分が時間の経過によって酸化すると、黒くなっていくのです。

 

古い角質(タンパク質)

皮脂と並ぶ毛穴の汚れの正体が「古い角質」です。角質とは垢のことで、その正体は古い皮膚です。

肌は層のようになっていて、肌の内側から新しい肌ができあがってくると、一番外側の層がはがれ落ちていきます。その、はがれた古い肌が角質なのです。

肌の主成分は「タンパク質」なので、角質もタンパク質です。実は、これが一つのポイントです。

「毛穴の汚れ」は油分のみだと考えて、油分を取るケアばかりしているとタンパク汚れである古い角質が落とせません。

毛穴の汚れにはタンパク質も含まれることを把握しておきましょう。

 

メイク汚れ(油分)

毛穴の汚れは一種類ではなく、複数の要素が絡み合っていることが多く、皮脂や角質が混ざったところにメイク汚れも含まれていることが多々あります。

特に、日々のクレンジングで落としきれなかったファンデーションは、毛穴の中に入り込んでこびりついてしまいます。

なお、メイク汚れの種類は油分汚れになります。

 

大気中の汚染物、ほこり、花粉

皮脂、角質、メイク汚れの他に、外出時には大気中の汚染物やほこり、花粉などが肌に付着します。それが毛穴の中に詰まってしまうことがあります。

その中には、排気ガスに含まれる微粒子など、肌に悪影響を与えるものも含まれるため、しっかり除去することが必要です。

 

毛穴の汚れをスッキリ落とす裏技

毛穴の汚れをスッキリ落として、透明感のある肌になる15の裏技

蒸しタオルで毛穴を広げる

毛穴の汚れが落としにくいのは、毛穴がぎゅっと締まっているからです。まずは、毛穴の出口を拡げて、汚れを取り出しやすくしましょう。

そのために有効なのが「蒸しタオル」です。蒸しタオルは「温熱効果」と「蒸気効果」の二つの効果で、毛穴を温めて開き、凝り固まった汚れを柔らかくしてくれます。

蒸しタオルを準備するのが面倒な場合は、電子レンジで簡単に作ることができます。フェイスタオルを水に浸したら、電子レンジで1分ほど加熱すれば、蒸しタオルのできあがりです。

蒸しタオルをするタイミングは、クレンジングや洗顔で毛穴汚れを落とす直前が最適です。3分間、蒸しタオルをしてから毛穴洗浄のステップに進みましょう。

 

毛穴汚れにはオイルクレンジング!

「油汚れは油で落とす」という言葉があるように、皮脂やメイクによる油性の毛穴汚れに最も効果があるのは、オイルクレンジングです。

おすすめはクレンジングオイル

毛穴の汚れを取るために、オリーブオイルやベビーオイルなどでマッサージする方法もあります。

しかし、界面活性剤の配合されていないこれらのオイルは、洗い流しても汚れを含んだ油分が肌に残りやすく、扱いが難しい方法です。

それよりも、市販のクレンジングオイルを使用する方が、簡単にオイルクレンジングを行うことができます。

界面活性剤が含まれているため、水分を含ませるとすぐに乳化して、汚れを肌に残さずに流し切ることができるのです。

界面活性剤は悪者のように扱われることが多いですが、安全性は極めて高い成分で、過剰に使用したり長時間肌に乗せ続けたりしなければ、毛穴の汚れをすっきり落とすために役立ってくれます。

クレンジングオイルを使ったマッサージ方法

クレンジングオイルで毛穴汚れをクレンジングするときは、毛穴汚れを落としたい部分を指の裏側全体を使ってクルクルとマッサージしましょう。

特に小鼻の周りは汚れが溜まりやすいので、指をクルクルするときに右回り・左回りの両方を行ったり、両手を逆にしたり、いろいろな方向からマッサージします。

両手を逆にする方法は、少し分かりづらいので、詳細をご説明しましょう。

  1. まず最初は、右手の指で小鼻の右側を、左手の指で小鼻の左側をマッサージします。
  2. その後、両手をクロスさせて、右手の指で小鼻の左側を、左手の指で小鼻の右側をマッサージします。
  3. 手をクロスすることで、小鼻の際の奥まで指が入りますので、詰まった汚れを溶かし出しやすくなります。

 

角質にはAHAピーリング

皮脂やメイクによる油汚れはオイルクレンジングの得意分野でしたが、角質によるタンパク汚れを落とすために活躍するのが「AHAピーリング」です。

タンパク汚れを取り除いてくれるのは、「AHA」というピーリング成分なので、これが含まれている石けんや、ピーリング剤を使って、ピーリングを行いましょう。

一般的なピーリング方法は簡単で、泡をつけたら2~3分ほど待つだけです。古い角質をスムーズに落とすことができます。

 

肌にやさしい酵素洗顔も◎

AHAと同じく、タンパク汚れに対応しているのが、タンパク質分解酵素の力を利用した酵素洗顔です。

AHAに比較すると効果は弱めですが、その分、肌にやさしく毛穴汚れを落とすことができます。

タンパク質分解酵素として有名なのは「パパイン酵素」です。パパイン酵素が配合されている石けんが市販されていますので、試してみましょう。

 

重曹スクラブでエコ洗顔

油汚れにもタンパク汚れにも強いアイテムとして「重曹」があります。

重曹はふくらし粉やアク抜きとして使われる食品ですが、住まいのエコ掃除グッズとしても人気があります。

掃除グッズとして使う場合は、キッチンの頑固な油汚れや、皮脂と垢の混ざったドアノブの汚れ、生理中のタンパク質を含んだ下着の汚れなどに効果を発揮するほどです。

そんな重曹は、毛穴の汚れを落とすためにも活躍してくれます。

普段使っている洗顔料に重曹をひとつまみ加えて、しっかり泡立ててから洗顔すると、毛穴の奥の汚れまで落としてくれます。

 

洗顔ブラシ(小鼻ブラシ)を活用してみる

指で行うクレンジングや洗顔だけでは毛穴の汚れが取りきれない場合は、毛穴の奥まで入り込む極細な毛先の洗顔ブラシが便利です。

顔全体に使えるタイプから小鼻専用タイプまで、さまざまな種類が市販されています。

洗顔料を使って洗顔するときに、このブラシで毛穴汚れをかき出すようにすると、指では届かない毛穴の奥までスッキリとさせてくれます。

Clarity: Wash 03A(電動 洗顔ブラシ)
Areti アレティ
売り上げランキング: 1,582

 

頑固な汚れは角栓プッシャー(コメドプッシャー)

どうしても頑固な角栓(コメド)が肌に居座っているとき、これを指や爪で無理やり押しだそうとすると、肌を傷付けて炎症の原因となります。

しかし、そのまま放置すると、その毛穴の中で悪玉アクネ菌が繁殖しニキビ化する場合があります。

そのため、どうしても大きな角栓ができてしまい取り除けないときは、専用の道具を使いましょう。

角栓を押し出す専用の道具は、「角栓プッシャー」または「コメドプッシャー」等の名前で販売されています。肌への負担を最小限に抑えながら角栓を取り除くことができます。

ただし、やり過ぎは肌トラブルの原因となります。どうしても気になるときだけ使用するようにしましょう。

 

一気に落とす毛穴パック

毛穴汚れに関する情報では、「毛穴パックはしてはいけない」という論調が多く見られますが、毛穴の状態によっては毛穴パックが有効な場合もあります。

確かに毛穴パックは、毛穴の汚れを一気に根こそぎ取り去る方法なので、肌への刺激が強いです。

しかし、毛穴パック商品の愛用者は多いですし、美容エステでも毛穴パックメニューを実施しているところが多くあります。

毛穴の汚れが頑固過ぎて太刀打ちできないとき、毛穴パックのデメリットを理解した上で使用すると、ビックリするほどきれいに落とすことができます。

毛穴パックには、シート型タイプと洗い流し型タイプがあります。

シート型タイプ

水で濡らした肌にシートを貼り付け、乾かしてからはがすという方法です。はがしたシートにびっしりと角栓が付いてくるCMの記憶がある人もいるでしょう。

裏技として、シートを貼る前に、オロナイン軟膏やワセリン、ニベアの青缶などでパックする方法があります。

洗顔後の肌に、オロナイン軟膏等を2mmくらいの厚さになるようにたっぷりと塗り、そのまま10分放置します。その後、それを洗い流してからシート型パックをすると、角栓がさらに取れやすくなります。

なお、シート型パックは放置時間を長くし過ぎないこと、頻繁に使用しないことが重要な注意点となります。

どうしても汚れが溜まり過ぎたときに、リセットするために一回限りのつもりで使用するようにしてください。

洗い流し型タイプ

クレイ(泥)パックなどがこの洗い流しタイプにあたります。シート型タイプと比較すると効果は劣りますが、肌への刺激も少ない方法です。

毛穴汚れの気になる部分に肌が隠れる量を塗ったら、5~10分程度、規定の時間置きます。この間にパックに毛穴汚れが吸着していくのです。その後ぬるま湯で洗い流せば完了です。

シート型タイプも洗い流し型タイプも、毛穴汚れ以外の肌に必要なうるおい成分まで取ってしまうことが多いので、終わった後には保湿を念入りにしておきましょう。

 

専門家に頼って毛穴吸引

自宅でのケアでは取りきれない毛穴汚れは、皮膚科や美容クリニックに相談するという方法があります。

毛穴吸引は皮膚科や美容クリニックで行われる代表的な毛穴汚れのケア方法で、専用の毛穴吸引器で毛穴に詰まっている角栓を引っ張り出してくれます。

自宅できる毛穴パックや角栓プッシャーでは、大きな角栓に育ったものしか引っ張ることができませんが、毛穴吸引では角栓になる前の毛穴汚れまで全て除去できるといわれています。

 

ケミカルピーリング治療

自宅でもピーリングを行うことができますが、皮膚科や美容クリニックでピーリングを行う場合、自宅では使えない強い濃度のピーリング剤を使うことができるのが魅力です。その分、効果も期待できます。

自宅で行うピーリングでは全く効果が見られないような、頑固な毛穴汚れにも、ケミカルピーリング治療は対応しています。

 

最終手段!毛穴レーザー治療

最後にもう一つ、皮膚科や美容クリニックで行われる治療法をご紹介します。「毛穴レーザー治療」という、医療レーザーを毛穴に照射する方法です。

レーザーを当てることで、肌の新陳代謝(生まれ変わり)が活性化するので、汚れを含む古い角質がはがれやすくなり、毛穴の汚れが目立たなくなっていきます。

毛穴の汚れが溜まりやすい肌質を改善するために役立つでしょう。

 

毛穴汚れを予防する裏技

毛穴の汚れをスッキリ落として、透明感のある肌になる15の裏技

毛穴の汚れを落とす方法を実行して、せっかく毛穴がキレイになったのなら、それをキープし続けたいですよね。

もう毛穴汚れを作らないために気を付けて欲しいことをお伝えします。

正しいクレンジング&洗顔を

必ず守って欲しいこととして、メイクは必ず落としてから寝ましょう。つい落とさずに寝てしまう日があると、毛穴の中に汚れが溜まってしまいます。

また、シートタイプのメイク落としや、コットンにクレンジング料を含ませて拭き取るタイプのメイク落としでは、肌表面の汚れは落とせますが、毛穴の奥の汚れが落とせません。

オイルやジェルタイプののメイク落としを使ってください。

次に、洗顔料で洗顔する際は、よく泡立ててください。きめ細かく泡立てれば泡立てるほど、毛穴の奥まで泡が入り込むことができます。

普段から弱めのピーリング効果のある石けんや、酵素が含まれる石けんを使うのも、毛穴をキレイに保つために役立ちます。

関連記事:正しい洗顔方法!肌荒れする「ダメな洗顔」をやめて美肌になろう!

 

過剰な皮脂を押さえる食生活を

過剰な皮脂は、毛穴詰まりの原因となります。皮脂量は食生活である程度コントロールが可能です。ビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6には、皮脂の過剰分泌を抑える作用があります。

それぞれ、下記のような食品に含まれています。

ビタミンC アセロラ、ケール、パプリカ、キウイフルーツ、ブロッコリー
ビタミンB2 豚レバー、うなぎ、海苔、卵、マイタケ、アーモンド、ケール
ビタミンB6 玄米、ニンニク、ピスタチオ、こんにゃく、まぐろ、鶏肉

特に、ケールにはビタミンCもビタミンB2も入っていますので、毎朝ケール入りの青汁を飲むのも良い方法です。

また、ビタミンB6は玄米に豊富に入っていますので、日常的に玄米を食べる習慣を作れると理想的です。

関連記事:肌荒れは食べ物で治る!ピカピカ美肌を実現させる11の栄養食材

 

年中紫外線対策を

毛穴汚れの原因の一つは、毛穴に古い角質が溜まるためですが、それは肌の新陳代謝(生まれ変わり)がうまくいかない場合に発生します。

そして、新陳代謝を阻害する要因の一つが「紫外線」です。

紫外線は年間を通して降り注いでいますので、夏はもちろん、夏以外の季節も日焼け止めを欠かさないようにしましょう。

なお、日焼け止めを落とすときには「石けんで落とせる」という表記のある日焼け止めなら洗顔料のみでOKですが、表記のない日焼け止めの場合は、メイクを落とすクレンジング料でしっかり落としましょう。

日焼け止めも、落としきれないと毛穴の汚れの原因となりますので注意してください。

 

保湿をしっかりしよう

毛穴汚れに気を取られていると、つい保湿はおろそかになってしまいます。ベタつきの原因になるような気もするかもしれません。

しかし、保湿をしっかりしないと肌が乾燥して、毛穴が大きくなったり、うるおいを求めた肌が過剰に皮脂を分泌したりします。

特に、毛穴汚れを落とすケアを行った後は、肌が乾燥しやすくなっていますので、普段以上に保湿を意識しましょう。

 

まとめ

毛穴の汚れをスッキリ落として、透明感のある肌になる15の裏技

 

毛穴の汚れをスッキリ落とす裏技

  • 蒸しタオルで毛穴を広げる
  • 毛穴汚れにはオイルクレンジング!
  • 角質にはAHAピーリング
  • 肌にやさしい酵素洗顔も◎
  • 重曹スクラブでエコ洗顔
  • 洗顔ブラシ(小鼻ブラシ)を活用してみる
  • 頑固な汚れは角栓プッシャー(コメドプッシャー)
  • 一気に落とす毛穴パック
  • 専門家に頼って毛穴吸引
  • ケミカルピーリング治療
  • 毛最終手段!毛穴レーザー治療

毛穴汚れを予防する裏技

  • 正しいクレンジング&洗顔を
  • 過剰な皮脂を押さえる食生活を
  • 年中紫外線対策を
  • 徹底的に保湿しよう/li>

 
毛穴汚れのお手入れは、うまくいけば即効性があり、すぐにその場で肌をキレイにできるのが魅力です。早速、今晩から試してみてください。

そして、毛穴がキレイになったら、その状態をキープすることも忘れずに。ピカピカの毛穴を維持していきましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします