どんどん落ちていく…「片目だけ」視力低下する4つの原因と改善策

どんどん落ちていく…「片目だけ」視力低下する4つの原因と改善策
「何やら片目だけが霞む。」「最近目が疲れていたけど、ピントが合いづらくなったかな。」とお悩みのあなた。片目だけ視力低下してしまうことで、両目が見えなくなり、最悪は失明ということもあります。なんとかしなければいけませんね。

しかし、ご安心ください。片目だけ視力が低下するほとんどの原因は、日常の何気ない生活の中に潜んでいます。原因をしっかりと把握し、改善策を行っていきましょう。

 

どんどん落ちていく…「片目だけ」視力低下する4つの原因と改善策

スポンサーリンク

 

放置はNG!?片目の視力低下

片目の視力が低下してしまうと、今度は視力の高い方の目が効き目となり、無意識に酷使します。

そうなると、負担が蓄積され結果的に良かった方の目も悪くなってしまうのです。片目がぼやけていると気付いた時にすぐ対策することが重要なのです。

 

片目だけ視力低下する原因と対処法

通常は目が悪くなったというと片目だけでなく両目が悪くなる印象が一般的にありますが、片目だけの視力低下が、近年非常に増えてきています。

日常の中で、片目を酷使する機会が増えてしまっているためなので、日々気を付けることで予防しましょう。特に注意すべき原因と対処法を3つお伝えします。

その1:不自然な姿勢でのパソコンやスマホ操作

まず、大きな視力低下の原因として考えられるのが、パソコンやスマートフォンなどの長時間使用です。

同じ焦点に合わせてずっと目に力を入れた状態でいるわけですから、習慣として続けていれば、必ずと言っていいほど視力が低下します。家に帰ってきてソファーに寝転がりながら横向きで本やスマホの画面を見ていると、目と焦点との距離が両目で違うので、片目だけ視力が低下したり、乱視の原因となります。

 
解決策:正しい姿勢と温めたアイマスク
正しい姿勢でのパソコンやスマホ操作を行い、長時間の作業をするときには、小休憩を挟み、温めたアイマスクを定期的につけるようにしましょう。血液の流れを良くし、目に酸素を送ると、目の疲れはだいぶ緩和されます。

 

その2:幼少期のストレス

片目だけ視力が低下するのは、子供に多いと聞いたことがありませんか?

子供時代は情緒が不安定な時期が多く、心理的なストレスが体の異常として出やすくなります。視力もその一つで、片方の目だけ機能しなくなることがあるのです。

片目だけに慣れてしまって、弱視になり、そのまま大人まで治らないというケースもあります。

人は目から入った情報を脳で解釈し、映像として見ています。脳は心と同義なので、心理的なストレスは脳を通じて体に出てしまうのです。ストレスが体の症状として出る現象として、胃潰瘍などが分かりやすい例です。

 
解決策:カウンセリング
ストレスは発散することで視力が元の状態に戻りますので、あまり心配ありません。ただ、絶対やってはいけないことは放置することです。

心理的なストレスを受け続けると、視力低下だけでは収まらないで、体の他の部分に支障をきたしかねないのです。

眼鏡をかけても視力改善せず、あまり長期間になれば心理的なストレスを取り除くためにもカウンセラーに診察してもらうことをオススメします。

 

その3:目の病気

急に片目だけが視力低下を起こした場合、眼の病気を疑ってみてもよいでしょう。

特に霧がかって見えてしまっているとった症状は、網膜の病気の可能性があります。網膜の静脈が詰まってしまうことで起こるとされていますが、主な原因ははっきりとしていません。白内障の可能性もあります。ですので、急な違和感を感じた時には、すぐに眼科医に受診することをオススメします。

 
解決策:手術・すぐに医師に相談
白内障や網膜中心静脈閉塞症などの病気には手術やレーザー、ステロイド注射などで効果的に治療を行い、視力回復を促します。

 

片目の視力回復は、眼帯トレーニングがおすすめ

視力回復に効果的な眼帯トレーニングをごお伝えします。日常の生活習慣を見直したり、頻繁にストレスを溜めないことで、相乗効果が望めます。

眼帯トレーニングを行うには、一日のうちで数時間、眼帯をして視力の良い方の目を隠して、視力低下した方の目だけでものを見るようにします。

長く行うと逆に目が疲れてしまいますので、1回につき5分程度がオススメです。

この方法は、弱視における視力回復の方法としても行われています。

また、並行して正しい姿勢を心がけるようにしましょう。片目だけで見るときは、寝た姿勢のまま本を読んだり、テレビを見たりすることは避けるようにします。

 

まとめ

どんどん落ちていく…「片目だけ」視力低下する4つの原因と改善策

 

・放置はNG!?片目の視力低下

・片目だけ視力低下する原因と対処法

その1:不自然な姿勢でのパソコンやスマホ操作

その2:幼少期のストレス

その3:目の病気

・眼帯トレーニングがおすすめ

目が見えないというのは大きなストレスです。

人間は、恒常性という良いものも悪いものも習慣にしてしまう能力を持っているため、少しぐらい違和感があっても普通に生活することに慣れてしまいます。

そして、片目がちょっと見えにくいなという場合に、もっともしてはいけないことは放置です。

放置することは視力の改善に繋がらず、もう片方の目も悪化してしまう傾向があります。

全ての情報の8割は目で補っているので、少しだけ気を付けてみてください。それだけで、今後の見えてくる将来も大きく変わってくるはずです。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします