仕事辞めたいあなたへ!会社を続けるか辞めるか見極めるポイント9つ

仕事辞めたいあなたへ!会社を続けるか辞めるか見極めるポイント9つ今勤めている職場を「辞めたい」と思ったことがあるという人は少なく無いと思います。ですが、もしそのような気持ちを抑えることが出来なくなった場合、一時の感情に任せて本当に辞めてしまうということは少なからず危険が伴うものです。

そこで今回は、仕事を辞めたいと思った時に確認したいことについていくつかお伝えします。

本当に仕事を辞めるにせよ、思いとどまるにせよ、そうした判断は冷静な思考のもとで行われるべきです。それでは、早速具体的なポイントについて見ていくことにいたしましょう。

 

仕事辞めたいあなたへ!会社を続けるか辞めるか見極めるポイント9つ

スポンサーリンク

 

自分が仕事に何を求めているのか

仕事をするにあたっては「お金」や「やりがい」など人によってさまざまな「究極の目的」が存在するものです。

例えば「お金を貯めて起業したい」などという目的がある人で、尚且つ今いる職場の給料に満足しているという場合には、「人間関係がうまくいかない」という理由でその職場を辞めてしまうということは、その目的の達成から遠ざかってしまうということになりかねません。

まずしっかりとお金を貯め、目標金額を達成した上で退職をするべきとも言えるでしょう。

また「自分の関心のある分野の仕事に就いている」という場合には「給料が少ない」ということを理由に退職してしまうことは後々非常に後悔をするという事も考えられます。

仕事を辞めたいと思った場合にはまず自分自身がどのようなライフプランを描き、今の職場に何を求めているのかということをしっかりと考えてみるべきです。

 

転職に何を求めているのか

前項とも関連しますが、現在の仕事を辞め、転職をするにあたってそれをすることで具体的に何を改善することが可能となるのかということをしっかりと考えるようにしましょう。

軽い気持ちで現在の仕事を辞め、転職をしてみたものの、それによってさらに追いつめられてしまうという人は少なくありません。

 

辞める以外の解決方法はあるのか

もし今の職場を辞めたいと思う理由が「人間関係」である場合には、とことん話し合いの機会を持つことによって状態が改善されるということは珍しくありません。

また賃金や報酬などに不満がある場合にも、上と掛け合ってみることで改善がなされるという場合もあります。

一気に退職まで行ってしまうその前に、話し合いの余地などは残っていないのかということについてひとまず冷静に考えてみましょう。

 

今の環境は変わらないのか

現在社会はかつて数十年と比較すると非常に流動性の高い時代であるといえます。それは同時にあなたやあなたの職場を取り巻く環境も非常に変化が起こりやすいということを意味するのです。

つまりその環境が大きく変化をしていく中で、これまであなたが抱えていたような問題がいつの間にか「どうでも良いこと」になってしまうということも、決してあり得ない話ではありません。

突然の異動や転勤、事業の拡大や縮小、そして昇進などにより、思わぬ好機が到来するということも考えられます。また逆にそうした環境の変化によってあなたに不利な状況が訪れてしまったという場合には、それを「辞め時」と考えるのも良いでしょう。

 

退職後の資金の目処

多くの場合、退職をしてから次の仕事をするまでにはある程度のタイムラグが発生するものです。この間におけるお金のやりくりについてどのようにしていくのかということしっかりと考えない場合、退職後の生活はすぐに破綻してしまいます。

この場合まず第一に確認するべきなのが、失業保険の給付についてです。失業保険給付に関してはさまざまな規定があり、就業期間や退職理由などによってその額は増減し、全くもらえないという場合もあります。

例えば同じように会社を退職する場合にも、その退職が「会社都合」によるものなのか、それとも「自己都合」によるものなのかによってその金額に数十万円程度の差がついてしまうということもあります。また仮に「自分から退職を申し出た」という場合であっても「会社都合退職」と認定される場合も少なくなく、その場合給付額がアップするということもあります。

ぜひしっかりと確認するようにしてください。

また、もう一つ確認するべきなのが、退職金およびボーナスの有無です。通常退職金は勤続年数や就業期間などが長ければ長いほど額が上積みされていきます。

もう少しだけ長く働けば金額がアップされるという場合には、それだけの間我慢して働いた方がお得である、ということも考えられます。また、あと少しでボーナスが支給されるという場合には。ボーナスを受け取った後で退職をするというのが良いでしょう。

 

次の仕事の目処

やはり今の職場を辞めるにあたっては、事前に次の仕事の目処をつけておくというのが経済的にも精神的にも安定します。できる限り次の仕事への転職活動は、退職の申し出をする前から少しずつ始めて行くと良いでしょう。

もちろん職場によっては転職活動を禁じているというところも少なくありません。ですので、なるべくこうした活動な秘密のうちに行うようにしましょう。

 

自分の市場価値

転職活動をするにあたっては、やはり自分自身がどのような待遇、職種に転職をすることが可能であるのか、自分自身の「市場価値」についてある程度の目星をつけておく必要があります。

現在ではさまざまな転職サイトが存在し、そこでは自分自身のプロフィールを入力することで簡単におおよその市場価値を診断するということも可能となっております。

もしこうした診断サービスなどを利用し、その結果が芳しくないものであったとするならば、今しばらく現在の職場を辞めるのは我慢し、経験を積んだり資格を取得するなどスキルアップに専念した方が良いかも知れません。

 

社会保険や各種書類の準備

上の項目にて失業保険について書きましたが、現在の職場を辞めるという場合には、これを含めてさまざまな手続きや書類作成などが必要となります。

まずあなたが正社員である場合には、これまでの健康保険、厚生年金から国民健康保険、国民年金へと切り替えをしなければなりません。さらに雇用という立場を離れることにより、自ら確定申告をしなければならなくなるという場合もあります。

またこうした手続のうち、ぜひ確認しておいていただきたいのがクレジットカードです。クレジットカード作成には審査が必要となりますが、失業者の場合にはこの審査に通らないということが多くなっております。ですので、もしカードを持ちたいと考えているのであれば、必ず離職前に手続きを済ませておくようにしてください。

 

就業規則

退職にあたっての手続きは、その職場によって定められた就業規則によりそれぞれに違いが存在します。

現在の職場を辞めたいと思った場合にはしっかりと就業規則をチェックし、そこで記述されたやり方に則って退職をするようにしましょう。

 

まとめ

仕事辞めたいあなたへ!会社を続けるか辞めるか見極めるポイント9つ

 

・自分が仕事に何を求めているのか

・転職に何を求めているのか

・辞める以外の解決方法はあるのか

・今の環境は変わらないのか

・退職後の資金の目処

・次の仕事の目処

・自分の市場価値

・社会保険や各種書類の準備

・就業規則

いかがでしたか?

繰り返しになりますが、仕事を辞めるという場合、その時の感情で場当たり的に動くということは絶対に避けましょう。

これらのポイントを確認し、万全の態勢を整え冷静に行動をするということを心がけるようにしてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします