100%の実力を出し切れ!面接で驚くほど緊張しない16の方法

100%の実力を出し切れ!面接で驚くほど緊張しない16の方法面接は人生を左右することにもなる重要なイベントです。これによって企業があなたを必要とするかそうでないかを決めます。

普通は面接で緊張しない方がおかしいかもしれません。

しかし、緊張によって自分が何度も練習してきたことが言えなかったり、思ってもないことを言ってしまったり、と本来の実力を出し切れないまま面接時間が終わてしまったとしたら。

それは本当に残念なことで、悔やんでも悔やみきれないことでしょう。

ではどうすれば緊張しないで堂々と自分の考えを伝えることができるのでしょうか。

そこでこの記事では、本来の実力を全力で発揮できるように、面接で緊張しない方法についてお伝えします。

緊張をコントロールして、面接を思いっきり楽しめるくらい自然体になること目指しましょう。

 

100%の実力を出し切れ!面接で驚くほど緊張しない16の方法

スポンサーリンク

 

目次

1.緊張することは悪いことではない

2.緊張の兆候と対策

3.緊張しないための準備

4.効果的なイメージトレーニング

5.面接で100%の実力を出し切る方法

6.まとめ

 

緊張することは悪いことではない

100%の実力を出し切れ!面接で驚くほど緊張しない16の方法

緊張を利用しよう

まず知っておいてほしいのは、緊張することは決して悪いことではありません。

少し想像してみてください。あなたが面接官だとして、面接を受ける人が全く緊張感のない人だとしたらどうでしょうか。

受け答えは友人に対するかのように馴れ馴れしく、あくびばかりしていたらどうですか。

そのような人よりも、緊張はしていてもそれが表れないよう誠実に努力している人に好意を持つことでしょう。

つまり面接のときの緊張を完全になくそうとするのではなく、それを利用するのです。

実際のところ緊張の兆候を生むアドレナリンの急増は、同時にエネルギーの増大にもつながります。

そのエネルギーを生かしていきましょう。

 

企業が面接を行う意味とは

面接を勘違いして臨んでしまう人も多くいます。

面接で重要なのは自分の思いを伝えることであって、かつぜつよくスラスラと喋ることでもありません。

たどたどしくても、つっかえても一生懸命に伝えようと努力する人を評価する企業も数多くあります。

かつぜつよくスラスラと喋る自分をイメージするあまり、緊張してオドオドしてしまっている現実とのギャップにストレスを感じてしまうより、伝えることに集中した方が良い結果が得られることを認識しておきましょう。

その意味でよいお手本だったのが2013年の紅白での綾瀬はるかさんの司会です。

たどたどしかったけど一生懸命さも伝わってきて彼女を評価する人が多いことが、言葉でなくても伝わるものがあるというよい見本になっていました。

 

なぜ緊張するのか

では緊張をしない方法をお伝えする前に、なぜ私たちは緊張するか「緊張のメカニズム」についてご説明します。

緊張は脳の中の神経伝達物質が関係しています。

私たちが緊張や不安を感じると「ノルアドレナリン」という物質が分泌され、次いでノルアドレナリンは「アドレナリン」を生み出します。

このときに多くの人が血圧が上昇し、心拍数が上がります。ときには発汗量が増え、手や足あるいは声が震えることさえあるでしょう。

実はこれらの現象は、脳の指令によりちょうど車のエンジンをかけたときに車全体が揺れるように、体のエネルギー量を増大させ事態に対処するよう助けているのです。

これらの神経伝達物質のおかげで私たちは敵に遭遇したときに素早く対処することができます。すなわち攻撃か逃走です。

しかし面接では攻撃も逃走も必要ではありません。むしろしないでください。

このエネルギーを上手に用いるならば、例えば志望動機を語るときに、家で練習したときにはできなかった熱意がこもった話し方ができるでしょう。

そして、そのようなふさわしい熱意は面接官の関心を保たせ、あなたの熱意は面接官の熱意へとつながります。


 

緊張の兆候と対策

100%の実力を出し切れ!面接で驚くほど緊張しない16の方法

体に表れる兆候

緊張しているかどうかが面接官にどのようにわかるかと言えば、まず体に表れます。緊張しているときに無意識にしている動作がありませんか?

例えば、手をポケットに入れたり出したりする、ボタンをはめたり外したりする、手をほほや鼻にもっていったり眼鏡を動かしたりする、髪をさわる、腕時計やペンをいじる、といった動作は緊張が表れている証拠です。

また足が絶えず動いていたり、体が揺れていたり、何度も唇をなめたり、つばを飲み込んだりする、という動作も緊張の表れです。体が固まってしまう人もいるかもしれません。

このような動作や姿勢を面接官は見ています。

自分が緊張したときにどのような動作をする癖があるか思い出してみましょう。家族や信頼できる友人に聞いてみるのもおすすめです。

あなたの緊張で出てしまう癖を把握したなら、動作や姿勢が現れる前に予測して対処し、面接官の注意をあなたの話に集中させるようにしましょう。

 

声に表れる兆候

緊張の兆候として声に出る人も多いでしょう。

小さな声や上ずった声、震え声になる、あるいは咳払い、早口、「あのー」や「えー」といった言葉が頻繁に出てくるかもしれません。

これらは緊張のため声に制御が効かなくなっている状態です。

そこで体をリラックスし、深呼吸してから、心臓の鼓動が弱まるようにしましょう。

また、軽い微笑みを浮かべながら、しゃべるときはとりわけゆっくりはっきり言うことも、緊張がほぐれるのに役立ちます。

 

呼吸に表れる兆候

声と少し似ていますが、呼吸が乱れるのも緊張する人の特徴です。呼吸が早くて浅い息づかいになるため弱々しい声になってしまいます。

また呼吸が続かないので話が途切れ途切れになってしまったり、すぐに疲れてしまったりします。

この原因は、アドレナリンの上昇により普段の息づかいでは足りないほどエネルギーを使っているので、このようにコントロールが効かなくってきています。

呼吸をコントロールするためには、まず息を十分に吸い込むようにして下さい。そしてそれを話すときに一気に出すのではなく徐々に吐くようにしましょう。

息を吸い込むときは、肺の上のほうを膨らませるのではなく下のほうを膨らませるようにしましょう。

呼吸法をマスターするには努力が必要ですが、これを身につけると落ち着いた信頼感を与える声が出せるようになります。

まずは息を吸うことより、しっかりと吐くことを意識してみましょう。

また、姿勢も大事です。背筋を伸ばして座る、あるいは前かがみにならないよう両肩を後ろに引いて下さい。


 

緊張しないための準備

100%の実力を出し切れ!面接で驚くほど緊張しない16の方法

まずは冒頭を徹底的に準備しよう

熱意を持つことと落ち着きがないことを混同しないようにしましょう。

ふさわしく制御された緊張に落ち着きが加われば、面接官はあなたが話していることに注意を集中できるようになります。

しかし、緊張して足や声が震えていると、どうしても面接官の注意はそこにいってしまい、たとえ素晴らしい内容を話したとしても不発に終わってしまう可能性が高いです。

ではどうしたら落ち着きを保つことができるかというと、それは「徹底的に準備する」ことです。中途半端な準備は練習不足より緊張を生み出すものです。

練習ですが、あなたはどの部分を一番準備しますか?志望動機など自分の一番伝えたい部分かもしれません。

それも大事ですが準備が必要な部分は冒頭です。すなわち、最初の一声です。最初の一声をどう切り出したらよいかを見極めてください。

面接で話す内容を暗記することは基本的には避けたいものですが、冒頭の部分に限っては暗記するほどスラスラ言えるように練習してください。

冒頭を流ちょうに話せるようになるなら、自分に自信を持つことができ、緊張は徐々にほぐれていきます。

しかし冒頭で自分でもわかってしまうほど緊張が表れてしまったら、そのあとコントロールするのが難しくなってしまいます。

 

筋書きの文になれよう

面接のときに原稿を全文暗記してしまうという安易な方法は避けましょう。面接は予想通りにはいかないものです。

暗記に頼るといざというときにパニックになり、何も言えなくなってしまいます。

また、暗記した言葉を喋るだけなら、それは無味乾燥な言葉となり面接官の心に届きませんし、話し方も不自然になってしまいます。

そこで面接の前の準備では、自分の考えの要点だけ書いた筋書きの文を作るようにしてみましょう。

準備するのは「考え」だけで、言葉の選択はその場で自然に行うようにするのです。

筋書きには自分が話したい、あるいは面接で出ると思われるテーマとそれぞれの要点を二つか三つ書くだけです。

練習するときもその筋書きを使って練習してみてください。練習するたびに語る言葉が変わるかもしれませんが、それがあなたが本来持っている自然な言葉なのです。

筋書きで話すことのメリットは話に柔軟性が生まれるということです。

面接官が自分の予想とは違った質問をしてきても、上手に自分の言いたい話に流れを持ってくることができます。

そして、筋書きを作るもう一つのメリットは話が生き生きしたものとなることです。生き生きとした話し方は緊張を和らげ、面接官の心に訴えるものになるでしょう。

ただし、筋書きによる話にはデメリットもあります。それは話が長くなってしまうことがあるということです。

長々とした話しになると面接官は意識をシャットダウンしてしまいます。

そのデメリットを避けるため、あらかじめ時間配分を決めてその時間配分に従うようにして下さい。

 

声に出して練習しよう

練習のときに頭の中だけで声を出すだけにするのは避けてください。それはスポーツの試合の前にイメージトレーニングだけして、実際の練習をしないようなものです。

私たちは実際に行うことによって型が出来上がり、型が出来上がると流ちょうにそして不必要に緊張することなく行えるようになります。

はじめての場面は誰でも緊張しますが、練習を積めば緊張は薄らぎます。

また、本番のように練習をすることによって、かなりの程度実際に経験したのと同じ経験を積むことができます。

できれば声を出すことはもちろんですが、服装、ドア、椅子など、可能な限り面接場所と近い状況を作り出して練習してください。

このようにして練習すると伝えたい考えを言葉に表す自信がついてきます。

 

初対面の人と話すという緊張を克服する

面接で緊張するのはその重要性やシチュエーションだけではなく、面接官が全く知らない人だからというのも大きな理由の一つです。

仮に面接官があなたの家族や親友だとしたらそれほど緊張しないことでしょう。

つまり面接で緊張しないための一つの方法は、初対面の人と緊張しないで話せるようになることです。

そのために、日頃から初対面の人と話す訓練をしましょう。訓練の際は、いきなり若い人と話すと嫌がられるかもしれないので、話しやすい人を選びましょう。

例えば公園を散歩しているおじいちゃんおばあちゃんに話しかけるなら喜んで話にのってくれるはずです。

掃除している人を見かけたら感謝することもできるでしょう。コンビニやファミレスの定員さんにも話す余裕がありそうなら話しかけてみてください。

初対面の人と緊張しないで話すコツは、その人が友人だと思うことです。

話す前にある程度の内容を考えておいて、その話が続かなかったら無理しないであいさつをして立ち去ってもいいでしょう。

最初は緊張すると思いますが、それを自分でコントロールできるようなれば、面接でもそれが生きてきます。

 

面接練習企業を設定する

そもそも就職活動や転職活動でいきなり本命の企業にアタックしてしまうのは、何も準備しないでサンダル履きにジーンズでエベレストに登るようなものです。

事前の経験がなければ間違いなくあがってしまいます。登山で例えるとしたら遭難です。

通常、エベレストを目指すなら、いきなりでなくもっと低い山に登ってみたりしてから、その経験や体験をエベレストに登るための糧にします。

面接も同様です。面接練習企業をいくつか設定してトライしてみましょう。

面接練習企業の設定に抵抗がある人は、合同説明会などを活用してみてください。その場合は、あらかじめ聞きたい質問などを準備しておき、聞いてみるのです。

その後、どの会話はスムーズでき、どこでうまく喋れなかったかなどを振返っておくと、自分の会話傾向もわかり、初対面の人との会話の免疫にもなっていきます。

 

前日の夜に快眠するために

面接の前日緊張して眠れなくて、本番では眠さと疲れで思うように実力を発揮できなければとても残念なことです。それでリラックスして快眠できる方法をご紹介しましょう。

快眠のための近道を脳科学的に言うと、メラトニンというホルモンを出して、副交感神経を活性化した状態にさせることが必要です。

そのために、就寝の3時間前までにぬるめのお湯(38〜40度)にゆっくりつかりましょう。お湯につかることは、副交感神経を活発にさせるために一番お手軽な方法です。

また、就寝環境ですが、電球は明るすぎても駄目ですが真っ暗でもあまりよくありません。月光があたるようにするか、豆電球のぼんやりとした光は睡眠の質を向上させます。

寝る前のNG行為

寝る前にスマホをチェックするのは絶対にやめましょう。電子機器から発せられるブルーライトは覚せい作用がありますので睡眠の質を妨げます。

また、眠れないときにお酒に頼る人がいますが、お酒は熟睡を妨げるため夜中に目を覚ましてしまうことがあります。

他には、寝る前に激しい運動することは避けてください。意識が覚醒してしまい、交感神経が活発になって眠気が訪れなくなります。

ほどよい疲れにするためには簡単なストレッチをすることをお勧めします。

最後に、面接当日のことを考えないようにしましょう。

準備が足りないかもしれない、とか、失敗したらどうしよう、というような起こりもしないことを想像することで不安な気持ちになり、リラックスできなくなります。

もし眠れないときは

布団に入ってもなかなか寝付けないときは、ホットミルクを飲んでみましょう。

ホットミルクはイライラを抑えるカルシウムと睡眠ホルモンに必要なメラニンに分解されるトリプトファンが含まれているからです。

関連記事:今日は早く寝るぞ!布団に入って「すぐ熟睡」できる17の方法

 
スポンサーリンク


 

効果的なイメージトレーニング

100%の実力を出し切れ!面接で驚くほど緊張しない16の方法

イメージトレーニングをしよう

歌手やスポーツ選手など舞台慣れしている人でもイメージトレーニングを大切にします。

イメージトレーニングをするときに意識したいのが、自分と面接官のやりとりだけを思い浮かべるだけではなく、そのときの状況全体を具体的にイメージしてください。

もし可能なら実際の面接の場所に行ってみるなら、それはイメージするのにとても効果的です。

・その時は面接場所には何人いるでしょうか
・どんなネクタイをしているでしょうか
・エアコンがついているでしょうか
・ついていたのならその風を感じることができますか
・どんな匂いがするでしょうか
・椅子に座った時の肌の感触を感じることは出来ましたか

これらのことを鮮明にイメージトレーニングすることは、実際に面接を体験したときと同じレベルで経験を積むことができます。

 

想像力を鍛えよう

しかしいくらイメージを鮮明にしようとしても、想像力には個人差があります。

感性が豊かな幼少の時代にたくさん本を読んだ人はこのイメージングが得意の人が多いようですが、そうでない人は何をイメージしたらよいのかわからないこともあるでしょう。

もし想像力が乏しいと感じるなら、身の回りのもので想像力を鍛えるトレーニングしてみましょう。

例えば自分の家を想像して下さい。自分は空を飛んでいます。そして玄関や窓そして屋根から見ています。屋根は汚れている部分や破損している箇所があるかもしれません。

もし大きいものが難しいなら、目の前にあるペンや葉っぱなどから始めることも出来ます。

それらを見ないで、側面から、または正面から見た姿を想像してみます。出来なかったら実際に見てください。

このように右脳をフル活用したイメージトレーニングは、面接の本番でも何回も経験を積んでいるかのような冷静沈着な対応をすることができるようになります。

 

思いの中のリハーサル

想像力がついたのなら欠かしてはいけないのが、本番での自分の姿のイメージトレーニングです。

サンクトペテルブルク国立大学で教育学博士号を取得した寺島崇司博士の論文「教育現場における応用神経科学 および大脳生理学の活用―右脳と左脳のメカニズム―」の中でもこのイメージトレーニングの大切さが説明されています。

寺島博士はそれを「思いの中のリハーサル」として7つの段階をすすめています。

論文では大勢の前で講演をしている場合が書かれていますが、それを面接に応用して変えてみましょう。

・私は椅子の上に座っている
・すべての面接官の目は私の方に注がれている
・にっこり笑って私は話し始める
・ジェスチャーを使い、先へと進める
・うなずきながら面接官は真剣に聞いている
・最後に動機付けの結論を述べる
・面接官はうなずき、感謝の言葉を述べる…そしてぜひ採用したいという旨を伝える

寺島博士はこの7つの段階を「パントマイムしながら行うとより効果的である」としています。

実際の練習と共に面接当日までこのようなイメージトレーニングをするなら、本番でもリラックスした気持ちでイメージ通りに行えることに驚くことでしょう。

また、このようにイメージして覚えた内容は文字を記憶して覚えようとすることに比べて、より早くより確実に記憶できる、という利点もあります。

 

自分の理想の人をイメージしよう

より理想的な面接を行えるようにするためのイメージトレーニングがあります。

それはあなたが手本になるような人をイメージし、その人になりきって面接をしてみるという方法です。

その人が面接を受けるとしたらどのように受け答えするでしょうか。どんな表情をしていますか。言葉につまってしまったときどんな対応をするでしょうか。

実際の面接会場にあるセッティングを出来るだけ具体的に思い浮かべながら、その人になりきってイメージしてみましょう。

この方法が効果的であるのは、脳のミラーニューロンと呼ばれる神経細胞の働きによるもので、これはとりわけ好意を持っている人の行動と同じ行動を模倣する細胞です。

この細胞を利用してあなたが理想としている人をイメージするなら、ある程度その人のように行動することができるようになるのです。

しかし、やりすぎには注意が必要です。あなたはあなただからです。

自分の個性を消すほどにその人のまねをするのではなく、自分の良さを残したままその人を模範にするようにしましょう。

 

人の話をよく聞かない

自分の話していることばかりに集中してしまい、面接官の話した内容を聞いていない人がいます。

一度や二度、聞き直しても問題はありませんが、何度聞き直すと面接官もあまりいい気持ちがしません。

面接官が話すときにはしっかりと聞くようにしましょう。

また、緊張のあまり忘れてしまいがちなのがあいづちです。

人が一生懸命話しているときにあいづちをしていないと、話し手としては無視されていると思ってしまい、とても失礼なことです。

逆に相手の話すことにしっかりとあいづちをうつなら、この人は余裕がある、よくわかっている、と思ってくれるでしょう。

ではどうしたら相手の話に注意を集中することが出来るでしょうか。それは相手の話に興味を持つことです。

面接官は自分より経験が豊富です。少なくともその仕事においては自分の知らない様々な情報を持っています。

そのような人の話す話は自分にとって必ずメリットになるはずです。

興味を持つなら話に注意を集中し、自然にあいづちもうてるようになります。

また、面接のときだけでなく、日頃から人の話しに興味を持ってよく聞き、意識的にあいづちをうつようにしておきましょう。

あいづちは面接だからといって急にうてるものではありませんし、うてたとしても不自然なものになってしまいます。


 

面接で100%の実力を出し切る方法

100%の実力を出し切れ!面接で驚くほど緊張しない16の方法

面接官を好きになろう

面接官はあなたの人生を左右することになりかねない人なので、なかなか親近感がわくのは難しい、と考えるかもしれません。

しかしそこにいる人すべてを好きになってください。

面接官たちは忙しい中あなたのために時間をつくってくれました。数ある応募者の中から自分を選んでくれたのです。多かれ少なかれ自分に対して興味を持っている人たちです。

それらの理由を考えて、まず面接官に対して心の中で感謝の言葉を述べてください。

そして、面接官たちの良い点に注目したり、この人たちと一緒に働きたいという気持ちを見つけてみましょう。

例を挙げるなら「声がかっこいい」「優しそう」「上司にしたい」「話し方が信頼できる」といったものです。

面接官たちを好きなことが伝わると大抵の場合、面接官もあなたに対して好意を持ちます。これは心理学用語で「行為の返報性」と呼ばれるものです。

そして、このように感情が働くと緊張感は和らぎ、面接は非常にリラックスしておこなうことが出来るでしょう。もしかしたら「楽しかった」とさえ思えるかもしれません。

逆に口には出さないからといって、心の中で面接官の悪口や批判を言うのは絶対にやめましょう。

イエス・キリストも「心に満ちあふれているものの中から口は語るからです」と言っていて、口に出していないつもりでも心の中にあるものは自然と見える形(態度)で表れます。

それが伝わってしまうと、面接はギスギスしたものとなり変な緊張感が生まれます。

そうならないためにも、面接前に家族や友人、町を歩く人など、普段から人を好きになる練習をしておくと、本番で役立つはずです。

 

自分の気持ちを正直に言おう

面接において嘘はいけないと誰もがわかっています。しかし面接で良く評価してもらいたい余りに自分のことを過大評価して伝えてしまう人がいます。

それは遅かれ早かれ必ず気付かれることになりますが、最悪の場合面接の際中で気付かれてしまうことさえあります。

そのような最悪なケースにならないためにも、自分のできること、できないことは正直に言うようにしましょう。

いったんうそをつくと嘘の上塗りになり、それを隠そうとすることが不必要な緊張を生み出します。

むしろ「自分は今とても緊張しているんです」とか、「昨日ドキドキして眠れませんでした」など、自分にとって格好悪いことを最初に言ってしまった方が、打ち解けたリラックスした雰囲気を出すことができます。

面接官の前で言うことに抵抗がある方は、控え室に案内してくれた会社の人でも、面接を受けにきた別の人でも構いません。立ち寄ったコンビニの店員でも誰でもいいので言ってみることです。

だからと言って、自分にとって不利になるほどカミングアウトするのも問題になることがあるので、バランスのとれた話をするようにしましょう。

 

面接は笑顔で

どんなに準備してもやはり面接では緊張してしまうのは当たり前です。

では面接で緊張してしまった自分をほぐすのにはどうしたらよいでしょうか。

それは、「笑顔を意識する」ことです。

緊張すると交感神経が活発になりますが、面接中にリラックス効果がある副交感神経を活発にさせる最も簡単な方法が笑顔になることです。

大笑いする必要はありません。ただ口を横に広げるだけでも効果があります。

ただし、ヘラヘラ笑っている印象を与えないように注意し、落ち着いた微笑を浮かべるようにしてください。

そして最後の印象もとても大切です。面接が終わるときには心の中でもう一度面接官に感謝し、それを笑顔で言葉に表してください。

 

緊張に意識を集中させない

人は「これはしてはいけない」と思うと、それに意識が集中してしまい脳内パニックを起こして、余計にぎこちなくなってしまうという特徴があります。

つまり面接中には「緊張」「緊張しない」「あがる」「あがらないようにする」など、緊張に関連のある言葉をイメージしないことが重要です。

そのためにはイメージトレーニングやおまじないが自分の武器になることを認識しておきましょう。

例えば、「これは本番ではなく面接の練習だ!」とイメージを植え込む(思い込む)とか、これをやれば落ち着けるというおまじないを持って日頃から活用しておくことが重要です。

また、リラックスできる香りを持っておくなど、「これをすると自分はこうなる」という儀式を持つならば、ある程度の緊張感をコントロールすることができます。

 

失敗を笑えるようになろう

日本人は基本的にナーバスです。スピーチ大国アメリカに比べたら明らかに日本人は緊張しやすい国民性であるといえるでしょう。

あるデータによると日本人の8割は人前で緊張するそうです。まずは、自分だけがなぜ緊張するのだろうと思わないようにして下さい。

緊張しやすい人の特徴として第一にあげられるのは真面目さです。上手にやろうと意識しすぎるあまり緊張してしまいます。

また開き直りが下手な人も緊張しやすい人の特徴です。

開き直りがうまいと失敗してもショックが少ないので失敗についてあまり考えませんが、下手だとどうしても失敗について考えすぎてしまいそれが緊張につながるのです。

まじめなことは良いことですが楽観的な見方を持てるようにしましょう。

失敗した自分を笑えるような心のゆとりを持つならば、面接で不必要に緊張しないでいられるでしょう。

 

失敗したら最後と思わない

面接に失敗したら落ち込みます。それは自然なことです。

残念なことではありますが、「面接で失敗したからと人生が終わるわけでない」。そんな気持ちで挑みましょう。

もし面接に落ちたとしても、面接に落ちてもすぐに立ち直れる自分を褒めてあげれるようになりましょう。

何事も順風満帆に進んだ人よりも、自分の弱さや限界を知った味わい深い人間のほうが魅力的な人間だと思いませんか?

実際壁にぶち当たること、自分ではどうしようもできないような状況が起こることなどは人生ではよくあることです。

大事なのは失敗しないことではなくて、その失敗から何を学ぶかということです。

そういった意味では面接に失敗することも得るものはたくさんあります。

このように「面接で失敗したら最後!」と思わないことが、面接で緊張しないための最後の提案とさせていただきます。


 

まとめ

100%の実力を出し切れ!面接で驚くほど緊張しない16の方法

 

緊張することは悪いことではない

・緊張を利用しよう

・企業が面接を行う意味とは

・なぜ緊張するのか

緊張の兆候と対策

・体に表れる兆候

・声に表れる兆候

・呼吸に表れる兆候

・人の話しをよく聞かない

緊張しないための準備

・まずは冒頭を徹底的に準備しよう

・筋書きの文になれよう

・声に出して練習しよう

・初対面の人と話すという緊張を克服する

・面接練習企業を設定する

・前日の夜に快眠するために

効果的なイメージトレーニング

・イメージトレーニングをしよう

・想像力を鍛えよう

・思いの中のリハーサル

・自分の理想の人をイメージしよう

面接で100%の実力を出し切る方法

・面接官を好きになろう

・自分の気持ちを正直に言おう

・面接は笑顔で

・緊張に意識を集中させない

・失敗を笑えるようになろう

・失敗したら最後と思わない

 
最後にここで言うのもなんですが、面接で緊張しても問題ありません。

冒頭でも述べましたが、緊張しながらでも一生懸命自分の思いを伝えようとする誠実な態度のあなたを面接官は評価してくれるはずだからです。

しかし、だからといって緊張しないための努力を全くしなくていいわけではありません。

努力したことはたとえ自分が本番で失敗したと思っても必ず伝わります。

あなたがこの記事を通して、できるだけリラックスして面接に望むことができるよう心から願っています。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします