気持ちよく退職するための「上手な仕事の辞め方」12のポイント

気持ちよく退職するための「上手な仕事の辞め方」12のポイント現在お勤めになられているお仕事に関して「辞めたい」と考えている人は少なくないのでは無いでしょうか。ですが、実際に仕事を辞めるという場合にはさまざまなルールやマナー、そしてテクニックが必要とされ、中々一筋縄ではいかないという場合もあります。

そこで今回はそうしたトラブルを回避して、気持ち良く退職するための「上手な仕事の辞め方」についてお伝えします。それでは、早速見ていきましょう。

 

気持ちよく退職するための「上手な仕事の辞め方」12のポイント

スポンサーリンク

 

入社の時点で辞め方を確認する

仕事を辞める時トラブルを避ける際には、何と言っても入社の前からの準備が重要となります。

社内規定やマニュアルなどを読み、退職の際のルールや手続きの方法などを一通り確認してから入社をするようにしましょう。

これをすることは、単に退職をスムーズにするというだけでなく、精神的にも会社とあなたとの関係を一方的な隷属関係ではなく対等なものとして認識するという手助けにもなります。

 

理由を考える

入社をする際の「入社理由」と同じように、退職をする際にもその「理由」は大変重要なものとなります。

もちろん退職理由には人それぞれさまざまなものがあり、どれが正解なのかを決めることなど出来ないのですが、「スムーズに退職しやすい理由」としてはやはり「体調不良」が挙げられます。

体調不良の場合、会社は労災が発生してしまうということを恐れるため、なかなか引き留めなどをすることができなくなります。またその他に有効な理由としては「家業を継ぐことになった」「両親の世話をすることになった」なども有効です。

「家業」や「両親」というのはあくまでプライベートな事柄であり、社員のプライバシーが重視されつつある現場においては会社は中々そこを深く追求するということが難しいようです。

その他に「他にやりたいことが出来た」というのもよくある理由ではありますが、こちらの場合は本心からそうであるという場合には有効な退職理由であると言えそうですが、もし嘘(方便)であるという場合には使わないほうが良いでしょう。

 

できれば直属の上司に最初に申し出る

退職の申し出をする際には、まずは直属の上司へとするということを心がけてください。

もしより上の上司に直接話を持ちかけてしまった場合、直属上司はその管理責任を問われてしまうという事態になりかねず、トラブルのもととなってしまう可能性があるからです。

ただし、これはあくまでも「できれば」の話であり、その直属上司が問題のある人物などで話をしたもののまともに取り合ってもらえなかった、極めて話がしづらい状態であるなどという場合には、より上の上司に直談判してみるのが良いでしょう。

 

予め転職活動をする

言うまでも無いことであるかもしれませんが、会社を辞めたいと考え、尚且つ心身ともに健康であるという場合には、なるべく早く転職活動を始めるのが良いでしょう。

ただしこの際に注意したいのが、現在の会社には転職活動のことを絶対に知られないようにする、ということです。

 

失業保険の確認をする

会社をやめる際にやはり重要なのが失業保険についてです。失業保険は特に「自己都合」での退職なのか「会社都合」なのかによって貰える額に大きな違いが発生します。

基本的に自ら退職を申し出た場合には自己都合退職とされ、会社都合退職よりも貰える金額が下がってしまいます。

しかし、もし賃金が一定程度以上引き下げられる、心身の障害や疾病や負傷、父母の扶養などの場合には、自分から申し出たとしても会社都合退職として認められる場合がかなりあります。

 

早めに申し出る

退職の申し出は、なるべく早めに行うということを心がけるようにして下さい。

民法においては無期限の雇用において解約(退職)の申し出から2週間をもって終了させるということが規定されていますが、実際にはそれより前、1ヶ月ないし2ヶ月前に申し出をすることでスムーズに退職をしやすくなります。

ただし心身の障害や疾病が認められる場合には直ちに雇用契約を解除し退職するということも可能になります。

 

引き留めには応じない

会社を退職するということを申し出た場合、説得などの「引き留め」がなされるということは少なくありません。多くの人はこのような場合どうしても心が揺らいでしまうものですが、こうした引き留めにはできる限り応じない方が良いでしょう。

説得の場などでは会社側が下手に出るということもあるのでしょうが、それは所詮表面上の話に過ぎません。

退職を申し出た、その時点であなたはすでに会社の内部では「裏切り者」として認識がなされるようになっています。もし引き留めに応じ、今の会社に残ることを決断したとしても、その後のあなたの処遇は決して良いものとならないはずです。

退職の申し出は、しっかりとした決意と覚悟のもとされることをおすすめいたします。

 

個人的な質問には答えない

退職の申し出をしたあと、恐らくあなたは上司や同僚たちから「これからどうするんだ?」など、さまざまな質問を投げかけられるでしょう。

ですがこの場合、なるべくそうした質問には真正面から答えることを避けるようにしましょう。

回答の拒否の仕方、はぐらかし方には色々なものがあるのでしょうが、どうせもうすぐ赤の他人同士になる間柄でありますので「個人的な事柄ですので・・・」と言ってしまうのも良いと思われます。

 

会社の悪口を言わない

退職理由として絶対に挙げてはならないもの、それは「会社への不満、悪口」です。

あなたと会社とは現在「雇用関係」で結ばれており、退職はこの関係を解消することであるわけですが、転職後などに同じ会社と今度は「取引関係」などを結ぶ可能性もあるのです。

そうした際にトラブルのもととなってしまうような言動は慎むようにしましょう。

またプライベートな雑談などで同僚から会社への不満について尋ねられることもあるでしょうが、そうした際にも絶対に会社を悪く言ってはなりません。

どんなに恨み辛みがあるとしても、少なくとも表面上は会社側に悪意を持っていないということを示すようにしましょう。もし恨みを晴らしたいのであれば、退職後にしかるべき手続きを踏むべきです。

 

退職届を書く

退職をする場合には、何と言っても「退職届」を書く必要があります。

かつては退職届の文面に頭を悩ませるというケースも少なくなかったようですが、現在ではインターネット上にさまざまなテンプレートが存在するため、ほとんど問題なく作成することが可能です。

 

今やっている仕事は完了させる

退職することが決定した場合には、その引き継ぎ作業などは抜かり無くしっかりと行うようにしましょう。また部下を率いてプロジェクトなどを行っている人の場合には、しっかりとその職責を全うすることが円満な退職に繋がります。

人によっては取引先などへの退職の挨拶回りが必要になる場合もあります。

 

バックレる、サボタージュする

どうしても会社の環境が悪く、退職を申し出たにも関わらず聞き入れてもらえないなどという場合には、最終手段としてバックレて消え去ってしまう。

もしくは出社しない、出社しても仕事をしないなどのサボタージュに打って出るということも選択肢としてはあり得ます。

 

まとめ

気持ちよく退職するための「上手な仕事の辞め方」12のポイント

 

・入社の時点で辞め方を確認する

・理由を考える

・できれば直属の上司に最初に申し出る

・予め転職活動をする

・失業保険の確認をする

・早めに申し出る

・引き留めには応じない

・個人的な質問には答えない

・会社の悪口を言わない

・退職届を書く

・今やっている仕事は完了させる

・バックレる、サボタージュする

 
いかがでしたか?

退職をする際にもできる限り会社との関係は良好に保ちたいものですね。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします