自分らしく生きるために!「折れない自信を持つ」12の方法

自分らしく生きるために!「折れない自信を持つ」12の方法近年の国債調査では日本の子どもの傾向として「自信がない」ということが挙げられることが多くなりました。ですがこれは子どもだけの問題ではなく、多くの大人も同様の問題を抱えているということが指摘されています。

そこで今回は、「自信を持つ方法」についてお伝えします。果たしてどのようなことをすれば「自分に自信を持つ」ことができるようになるのでしょうか。

それでは、早速見ていきましょう。

 

自分らしく生きるために!「折れない自信を持つ」12の方法

スポンサーリンク

 

自己否定を止める

多くの人が持っている「自己否定する癖」を止めるだけでも自信を回復することに繋がります。

人は成長するに従い、過去の経験を元に「自分の限界」を予め規定してしまうものですが、自己否定を止めることによりこの「限界」をリセットし、自分の可能性を信じ際限なき能力の向上を目指すことが出来るようになります。

「自信」とは文字通り「自分を信じる」ということなのです。

 

「他人」ではなく「過去の自分」との比較をする

ライバルとともに切磋琢磨し合うというのは大変素晴らしいことではあるのですが、これには常に他人に対する劣等感が付いて回ります。

もし今あなたが自信を持ちたいと思うのであれば、まず比較するべきは「他人」ではなく「過去の自分」ということになります。これまでの自分と比較して、今の自分はどれだけ進歩をすることが出来ているのか、ということを意識するようにしましょう。

なおここで言う「進歩」とは具体的な事柄としてはどんなに些細なことでも良いのです。些細な事柄であっても小さな成功体験を積み重ねるということにより、少しずつ自信が付いていくようになります。

 

自分を肯定してくれる人と付き合う

あなたの周りにはあなたに対してさまざまな言葉をかける人々がいると思いますが、もし今あなたが自信を持ちたいと思うのであれば、あなたに対して「否定的な言葉」をかける人からは距離を置き、「肯定的な言葉」をかける人に近づいていくということを心がけましょう。

肯定的な言葉をかけてくれる人の中でも特に重要なのは、あなた自身が気付いてこなかったような側面を見つけてくれるという人や無条件にあなたの人格を好いてくれるという人です。

逆に直接的に否定的な言葉をかけず、むしろ場合によってはあなたを肯定してくれる人であっても、あなた自身の価値を値踏みしたり、常にあなたを審査しているような人やグループからは、ある程度距離をおいたほうが良いかも知れません。

 

好きな事に取り組む

趣味、その中でも特に自分自身の感性を表現することが出来るような趣味は自信に繋がる可能性の高いものとなります。

またそうした趣味の活動の中で同じような趣味・感性を持つ人と知り合うことは、前項「自分を肯定してくれる人と付き合う」という側面からも非常に有益なこととなります。

 

謝りすぎるのを止める

人に謝りすぎるということは、結果として自信の喪失に繋がってしまいます。

謝罪の言葉を述べる前に「ほんとうに自分が謝罪せねばならないのであろうか?」ということをしっかりと判断するようにしてください。

 

他人のダメな部分を見つける

最も手っ取り早い方法であり、多くの人が実践している方法でもあります。

周囲の人々のダメな部分を見つけ、それを卑下することにより「自分のほうがまだマシ」として相対的に自己を高め、自身を持つという方法です。

 

他人を助ける

他人を助けるということは「自分自身が必要とされる」という経験を持つことであり、それは自身を持つことに直結します。

またこれと同様に「他人を褒める」ということも意外かもしれませんが自身を持つことには有効です。

あなたに褒められた人はあなたを「自分を肯定してくれる人」として認識し、あなたを必要と思うようになり、そしてそのことはあなたにとっての自信へと繋がっていくことになります。お互いに自信を深め合えるというのは、理想的な人間関係であると言えるでしょう。

 

「短所」から「長所」を見出す

人の長所というのは、しばしば短所の影に隠されています。例えば「議論」においては相手の言葉に対する反応(切り返し)の速さが要求され、言葉が遅く上手く反応できない人は「言い負かされた」との印象が持たれてしまう事があります。

しかしその一方で言葉の遅い人は言葉を発しない時間の分だけ相手の発言の意味について深く思考し、より真理に近づいているということもあるのです。

もしあなたが自己の短所を自覚したり指摘されたりしてしまったという場合には、それをそのまま受け止めるのではなく、そこに「別の意味付け」が可能であるかどうかを考えてみるようにしてみましょう。

 

ハッタリをかます

ハッタリでも何でも良いので、とにかく自分を「大物」として振る舞ってみせることにより、本当に自信をつけていくという方法もあります。

「大物」として振る舞うということにより、自ずと他者もあなたに対して「大物」としての働きを期待するようになります。そのことがモチベーションとなり、あなたの実力を成長させていくのです。

「先ず隗より始めよ」という言葉もありますが、人間の能力は外部の環境によって作られると言うこともあるのです。

 

まとめ

自分らしく生きるために!「折れない自信を持つ」12の方法

 

・自己否定を止める

・「他人」ではなく「過去の自分」との比較をする

・自分を肯定してくれる人と付き合う

・好きな事に取り組む

・謝りすぎるのを止める

・他人のダメな部分を見つける

・他人を助ける

・「短所」から「長所」を見出す

・ハッタリをかます

 

いかがでしたか?

「自信を持つ」というのは、意外にもそれほど難しいことではないということが理解していただけたかと思います。

ぜひこれらの方法を今すぐ実践していってみましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします