「人生が上手くいかない」原因になる18の行動パターンとその打開策

「人生が上手くいかない」原因になる18の行動パターンとその打開策何をやっても良い結果が出ない、毎日の生活で充実感や満足感が得られない・・・。

このようなとき、「人生が上手くいかない」という考えを誰もが抱きがちなものです。

しかし、それは必ずしも悪いことではありません。

新しい段階にステップアップすべき状態が訪れている、もしくは改善できる余地があるということもできるからです。

つまり、「人生が上手くいかない」というのは、「変化」を起こすキッカケでもあるのです。

そして、実は人生が上手くいかない人の原因には、広く共通するパターンがあります。

そこでこの記事では、人生が上手くいかない原因となる行動パターンとその打開策についてお伝えします。

もしあなたに当てはまるものがあれば、原因を知ってその対策をとることができるでしょう。この記事があなたの人生のお役に立つことを祈ります。

 

「人生が上手くいかない」原因になる18の行動パターンとその打開策

スポンサーリンク

 

明確な目標がない

人生に対して明確な目標がない人は、何となく「人生が上手くいかない」という感覚を持ちやすくなります。

このような人は、常に周囲の状況に合わせて流されながら生きているため、何をやっても充実感が得られず、「上手くいかない」という気持ちが生じてしまいやすいのです。

そして不全感を抱きつつも、そもそも目標がないため改善策を考えることができず、そのままの状態でダラダラと時間を過ごしてしまいます。

これに対処するには、まずどんなことでも良いので目標を立ててみることをおすすめします。

関連記事:あなたに合った目標設定を行う7つの方法【確実に達成したい人向け】

 

高すぎる目標を持っている

しっかりと目標を持っているにも関わらず上手くいかない状態が続いている場合、その目標が身の丈に合っていない可能性が考えられます。

今の自分の力では到底実現不可能な目標を立ててしまっているために、その理想と現実とのギャップで「上手くいかない」と感じてしまうのです。

このような身の丈に合わない目標を立ててしまう原因としては、

  • 自己評価が甘く、自分の実力を過大評価している
  • 完璧主義であり、中途半端な目標を立てることが許せない

この二つが考えられます。

目標を立てる際には、「少し頑張れば達成できる」くらいのレベルから、徐々にステップアップするといいでしょう。

関連記事:目標達成できる人と失敗する人の決定的な違い14の秘密

 

すべてのことを上手くやろうとしている

「完璧主義」の人など、あらゆる物事を上手くやろうとするタイプの人は、どれもイマイチな結果に終わってしまい、「上手くいかない」という不全感を抱えやすい傾向があります。

このような状態に当てはまる人は、物事の「優先順位」について考えることが重要です。

例えば、「やりたいこと」や「やらなければならないこと」が複数ある場合、何を優先すべきなのか順位をつけていきます。

そして、順位が一番高い最優先にやるべきことに全力を尽くし、それ以外の物事に関しては考えないようにします。

このときに、やるべきことに集中するためには、「断捨離」をしてみることが有効です。

断捨離とは文字通り「断つ」「捨てる」「離す」ことであり、要するに身の回りにある余計なモノや情報をなくしていくのです。

その邪魔となるモノや情報を身の回りからなくすことで、物事に集中して取り組むことができ、結果も満足感を得られるものがついてきます。

 

行動力が足りない

人生がなかなか上手くいかないのは、あなたの行動力が足りていないからかもしれません。

特に多いのは、やりたいことはあるものの、それに対する不安や心配事をあれこれ考えてしまい、そのまま何もできずに終わってしまうケースです。

このようなパターンに陥らならないためは、「思い立ったが吉日」というように、何かを思いついたらすぐにそれを実行してみる習慣を持つようにしましょう。

 

諦めが早い

物事の諦めが早い傾向がある人は、何か一つのことに腰を据えて取り組むことができず、納得のいく結果もなかなか残すことができません。

そして思うような結果が出ない状態が続くと、「人生が上手くいかない」と感じる原因になります。

このような人は、多少失敗をしても諦めることなく、物事に対して粘り強く取り組んでいくことが重要です。

当たり前のことですが、どんなに才能が溢れる天才でも、最初からその才能が開花していたわけではありません。

どんな人であっても、才能を開花させるまでにはさまざまな試行錯誤を繰り返しているものです。

多少上手くいかなかったり壁にぶつかったりしても、そこで諦めてしまわず、粘り強く継続力をもって取り組んでいくようにしましょう。

関連記事:三日坊主を克服!何をやっても続かない悪習慣を絶つ6個の改善策

 

体力が足りていない

運動やスポーツに限らず、人間のあらゆる活動において最も重要となるのが「体力」です。

「行動力」や「継続力」に関しても、かなりの部分が体力によって左右されてしまうことがあります。

体力がない人は、行動を起こしそれを継続していくことが難しい傾向があるのです。

もし人生がなかなか上手くいかないと思っているなら、まずは体力を増進することから始めてみるのも良いでしょう。

体力を増進させるための具体的な方法としては、毎日欠かさず筋トレ(無酸素運動)を行い筋肉を増強させ、さらにジョギングなどの有酸素運動で心肺機能向上を図ることです。

また、食事も栄養バランスの良いものにして、食事量も増やしていくことを心がけましょう。

もちろん体力は数日で大きく変化することはありませんので、できるだけ長期間にわたって習慣を継続させるようにしてください。

こうした体力のための活動を継続的に行なっていくだけでも、行動力や継続力を鍛えることにつながります。

関連記事:下半身の筋トレ法|最速で肉体改造したければ「下半身」から鍛えよ!

 

疲れている

体を休める時間がない、睡眠時間が足りないなどの理由で疲れていると、当然のことながら

  • 体調を崩したり
  • 感情が乱れたり
  • 集中力や注意力が欠如したり

するため、物事に対して「上手くいかない」と感じてしまうことが多くなります。

そして物事が「上手くいかない」つまり「失敗」をしてしまうことで、余計に疲労が蓄積され、その疲労がさらなる失敗の原因となるという負のスパイラルが生じていくようにもなります。

このような場合には、まず何よりも体を休めることが必要となります。

6〜8時間程度の睡眠時間をしっかりと確保したり、なにもせずに「ぼーっと」できる時間を持つようにして、十分に心身に休息を与えるようにしましょう。

どうしてもまとまった休息を取れないときは、今の生活スタイルを根本的に見直してみる必要があるかもしれません。

関連記事:熟睡できない人必見!良質な睡眠で朝までぐっすり眠る16の方法

 

日常生活に余裕がない

「疲れ」や「休息」とも関連しますが、毎日慌ただしく過ごしていて、生活の中に余裕がない人は必然的に「人生が上手くいかない」という感覚に陥りやすくなります。

時間がない人は周囲の状況に振り回されながら毎日の生活を送ることが多いため、必然的にフラストレーションが溜まりやすくなってしまうのです。

このような場合も、やはり生活スタイルを見直してみる必要があるといえます。

一日10分でもいいので「自分はどういう人間で、何がしたいのか?」「自分には何が必要なのか?」を深く考えるようにしましょう。

投資家のウォーレン・バフェットは重要な投資先を決定する際には、部屋に引きこもり、自分ひとりだけで自問自答することが知られています。

このように「自分一人の時間」を持つことは人生において必要不可欠であるのです。

 

他人と比較をしている

人生において、自分と他人を比較することはどうしても避けられないことではあります。

ただしそうした比較を過度にやりすぎてしまうと、「自分は上手く行っていない」というマイナスの感情が大きくなり過ぎてしまうことがあります。

このような場合、他人と自分とを比較しすぎるのを止め、「今の自分」と「過去の自分」とを比較するようにしましょう。

過去と比べて今の自分に「できるようになったこと」「上手く行くようになったこと」があれば、それを記録して、いつでも確認できるようにしておきます。

こうすることで中立的に自分の現状が認識でき、過度に「上手くいかない」などと否定的な感情に陥ることもなくなります。

 

何かに依存をしている

人や物、あるいはシステムなど、一つのものに「依存」をしている人は、それが上手く機能しなくなると、たちまち人生のさまざまな物事が上手くいかなくなってしまうことがあります。

こうした状態に陥ってしまわないためにも、何かに対して過度に依存をしたり、期待をしたりするのは避けた方が良いと言えるでしょう。

また、「なんでも自分でやってみる」という態度を取ることも非常に重要となります。

さらに、自分には何ができて何ができないのかを見極め、「できないこと」はなるべくやらなくても済むようなライフスタイルを構築していくようにしましょう。

補足:人間の祖先が教えてくれたこと

人間の祖先である類人猿はもともとジャングルで樹上生活をしていました。

ところが、湿度の高かかったジャングルが、突如乾燥化によって規模が縮小し、ジャングル内部での生存競争は激しくなり、さまざまな生物が絶滅したと言われています。

ですが、そんな中でジャングルでの生存競争を止め、本来の生息地域でないまっ平らな草原に進出したサルの一群がいました。それが人間の祖先です。

このように「上手くいかない人」は「上手くいかない環境」から飛び出すことで、人生を好転させるチャンスを持っています。

逆に言えば、「上手くいかない人」は「上手くいかない環境」を当たり前だと思い、そこから抜けられない人が多いのです。

さて、ジャングルを飛び出した人類の祖先は、同時に当時エサにしていたジャングルの豊富な果実類や昆虫や小動物などの恵みを捨てねばなりませんでした。

そして、草原に住むことにより大型の動物を獲物にせねばならなくなり、同時に彼等の襲撃から身を守らなければならなくなりました。

あらゆる物事には必ずメリットとデメリットがあるのです。

これは大変な困難でしたが、この困難から「道具」や「火」を使用が始まりました。

もし人類の祖先が縮小し続ける「ジャングルの恵み」に依存し続けていたとしたら、今の我々は存在しなかったでしょう。

今あなたが「上手くいっていない」のであれば、「今依存しているもの」をスッパリと切り捨ててしまうのも一つの手です。

「捨てる」ことで、新しい行動パターンや思考法を新たに獲得せざるを得なくなります。

 

視野が狭くなっている

人生が上手くいかないと感じる場合、その原因にはあなたの視野が狭くなっている可能性も考えられます。

一つのことに熱中するのは良いことですが、壁にぶつかるとそれ以外の人生のあらゆる物事が上手くいかなくなってしまうのです。

人生の視野を広げる方法としては、第一に旅行が挙げられます。

旅行先は、海外などできるだけ地理的に遠く離れていて、気候や風土、生活習慣などが異なる場所に向かうことで、より広い視野を獲得するキッカケになります。

また、旅行に行くのが難しい、あるいは今すぐなんとかしたい場合、散歩に出かけてみるのも良いでしょう。

外の新鮮な空気を吸い、景色を眺めてみるだけでも、これまでとは違った発想が浮かんでくるかもしれません。

これまでと違った発想を求めているときは、他の人とおしゃべりをしてみるのも良いでしょう。

自分とは違ったものの見方、考え方をする人と接することで、自分でも思っても見なかったような発見をすることができる可能性があります。

 

固定観念に囚われている

「あれをしなければいけない」「これをしなければいけない」などと固定観念に囚われていると、人生そのものが息苦しくなっていき「上手くいっていない」と感じるようになります。

固定観念を振り払うためにおすすめなのが、人間以外の動物と触れ合ったり観察をしたりすることです。

動物にはそれぞれの種ごとにそれぞれの生態があり、「生き方」は一つではないということを教えてくれます。

その他の方法としては、これまで「やらねばならない」と思っていたことを思い切って止めてしまったり、あるいは全く新しいことにチャレンジをしてみるのも良いでしょう。

 

本当に好きなことをやっていない

本当はやりたくないもことを嫌々やっており、それが長期間に及んでいると、フラストレーションが溜まってしまい、「人生が上手くいっていない」という感覚を持つようになる場合もあります。

これを対処するには、やはり自分の好きなことを思いっきりやってみるのが良いでしょう。

自分が今までやりたくてもできなかったことや、昔熱中していたことにひたすら没頭するようにします。

そしてそれと同時に「やりたくないこと」は、できるだけ時間を省略するか、やらなくても済むような方向にライフスタイルを変化させていきます。

また、自分のやりたいこと、好きなことをリスト化して見るのもおすすめです。

リスト化をして物事に優先順位を付け、より好きなこと、あるいは今すぐにでも始められることからどんどん行動に移していくようにします。

関連記事:我慢する人生に疲れたあなたへ、「自分らしく生きる」15の方法

 

知識が足りていない

何をやっても上手くいかない場合、それは単純にあなたの知識量が不足していることも考えられます。

「人生」とは「情報」をインプットし、アウトプットすることの繰り返しです。

子どものことは、遊びや学びの中でさまざまな情報をインプットし、徐々に自分の世界観を広げていきます。

しかし、大人になると、過去の子ども時代や学生時代にインプットした情報を、ひたすら社会に向けてアウトプットするというライフスタイルになりがちです。

「人生が上手くいかない人」は、子ども〜学生時代に情報のインプットが上手くできなかったか、情報を今いる環境に適応させるようアップデートできていない人であることが多いのです。

これを解決するには、当たり前のことですが情報の取得が重要になります。新しい情報を手に入れることで、現状を打開するためのヒントを手に入れることができるです。

情報の入手先はインターネットでも書籍でもなんでも良いですが、日頃から気になった情報は貪欲に摂取することを習慣づけるようにしてきましょう。

そうすると、これまで自分の中で正解だと思っていたことが実は間違いであったと気付かされたり、さらに新しい情報を追加する形でアップデートできたりと、自分自身の世界観が大きく変化をしていきます。

また、情報を摂取するときには「身近な情報」ではなく「遠くの、難しい情報」を優先的に摂取することを心がけてください。普段あなたの目が届かないところにこそ、意外な「お宝」が眠っているのです。

あらゆる人生のヒントは情報の中に存在します。

関連記事:一冊の本が人生を変える!読書で得られる素晴らしい効果12選

 

失敗をきちんと総括していない

「人生が上手くいかない」という状況を繰り返し感じてしまう場合、それは過去の失敗に対する総括をしっかりと行っておらず、それ故に同じ失敗を何度も繰り返してしまっていることも考えられます。

そこで、上手くいかないことがあったときは、その都度「何が問題だったのか」を洗い出して見る必要があります。

自分の問題点を常に把握しておき、今後は同じパターンで失敗をしないようにするのです。

これを繰り返し行なっていくうちに、次第に物事が上手く進んでいくようになっていきます。

 

環境が合っていない

人生が上手くいかない状態がずっと続いている人は、それは根本的に今いる環境があなたに合っていないかもしれません。

そう感じる場合、思い切って今の環境を変えてしまうことも考えなければなりません。

日本の教育では「嫌なことから逃げない」ことを美徳として教えられます。もちろん「逃げない」ことはある意味では重要です。

しかし、魚を陸に上げておけば死んでしまうように、自分に適していない環境に身を置き続けることは、自分自身を疲弊させ、本来得られるはずの成果を逃している可能性もあるのです。

環境を変える方法としては、転職や転校、あるいは引っ越しなどさまざまな方法が考えられます。

とにかくあなたを苦しめている「悪い環境」から逃げ出すことに全力を尽くしましょう。

関連記事:やりたいことがわからない人が「転職」で「天職」を見つける方法

 

「上手くいかない」ことが良いと思っている

当然のことですが、「人生が上手くいかない」ことが良いことと思っている人は、人生が上手くいくわけはありません。

例えば、「環境を変えろ」と言われたとき、すぐに頭をよぎるのは「それでより上手くいかなかったらどうするんだ!」という考えです。

これは確かにもっともな考えですが、この考えに固執する人はそもそも「環境を変える」必要性を真剣に考えていないとも言い換えることもできます。

つまり「上手くいかない環境」になんとなく居心地の良さを感じているということです。

「上手くいかない」ことを内心で、「これで良い」もしくは「仕方ない」「当たり前だ」と思っているのです。

あなたが本当に「人生を好転させたい」と考えているのであれば、まずあなたの中に明確な「価値の序列」を作ってください。

そして、たとえ失敗しても「価値のあることをやれるだけやったんだ」と思えるようになりましょう。

 

自己肯定感が足りない

「人生が上手くいかない」と感じる人は、その人自身の自己肯定感が足りていないことも考えられます。

自己肯定感が低い人は、自分の能力を過小評価してしまい、新しいことにチャレンジすることができず、チャンスをみすみす逃してしまうことも多くあります。

また、客観的に見れば「上手くいっている」ことでも、自己肯定感が少ないために自分を過小評価してしまい、達成感を得ることができない場合もあります。

自己肯定感を得るためには、まずは自分の良いところを探すことが重要となります。

「他人と比較をしている」でもご紹介したように、これまでの自分と比較して「できるようになったこと」を記録するなどし、小さな成功体験を積み重ねていくよう心がけてください。

関連記事:大人になっても低い「自己肯定感」を飛躍的に高める7つの方法

 

まとめ

「人生が上手くいかない」原因になる18の行動パターンとその打開策

 

  • 明確な目標がない
  • 高すぎる目標を持っている
  • すべてのことを上手くやろうとしている
  • 行動力が足りない
  • 諦めが早い
  • 体力が足りていない
  • 疲れている
  • 日常生活に余裕がない
  • 他人と比較をしている
  • 何かに依存をしている
  • 視野が狭くなっている
  • 固定観念に囚われている
  • 本当に好きなことをやっていない
  • 知識が足りていない
  • 失敗をきちんと総括していない
  • 環境が合っていない
  • 「上手くいかない」ことが良いと思っている
  • 自己肯定感が足りない

 
「人生が上手くいかない人」の特徴や行動パターンは、裏を返せば「人生が上手くいっている人」が決してやらないことでもあります。

まずあなた自身を反面教師にし、行動パターンを反転させましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします