自営業の魅力的な7つのメリットと、厳しい現実7つのデメリット

自営業の魅力的な7つのメリットと、厳しい現実7つのデメリットサラリーマンをやっていると、毎日決まった時間に出勤して、夜遅くまで仕事をすることが嫌になってくるときだってあります。仕事は必ずしも人生のすべてではありませんが、どうせなら自営業で好きな時間に働いて、バリバリ稼ぎたい、なんて思う人も多いことでしょう。

ただ逆に、自営業の立場からすれば、毎月決まった給与がもらえるサラリーマンのことが、うらやましくてたまわらないというときもあります。

そこでこの記事では、「自営業のメリットとデメリット」として、自営業の魅力と厳しい現実についてお伝えします。

起業を目指している人は、自分の目標の再確認も込めて参考にしてみてください。

 

自営業の魅力的な7つのメリットと、厳しい現実7つのデメリット

スポンサーリンク

目次

1.自営業7つのメリット

2.自営業7つのデメリット

3.まとめ

 

自営業7つのメリット

自営業の魅力的な7つのメリットと、厳しい現実7つのデメリット

自由な時間に働ける

サラリーマンは体がしんどいときでも、決まった時間に出勤し、働かなければなりません。

体調が悪いから今日は休む、なんてわけにはいきにくいのが現実です。

しかし、自営業は体調が悪ければ休む。なんていう選択肢もありますし、自由気ままに好きな時間に働けることはメリットです。

 

うるさい上司がいない

嫌な上司がいて、朝早くから晩遅くまで顔を合わせていることが苦痛…なんて人は多いと思います。

自営業になってしまえば、うるさい上司や嫌な同僚もいません。

人間関係を苦痛に感じている人は、案外自営業になることでストレスから逃れることも可能となります。

 

仕事が選べる

会社の人事政策にもよりますが、サラリーマンは基本的に上司から与えられた仕事を処理することが全てです。

そこに自分がしたい、したくないということを選択する余地はありません。

しかし、自営業になると、お金に余程困らない限り、やりたい仕事を自ら選択することが可能となり、嫌な仕事は他の人にお願いするというような選択肢だって考えることもできます。

 

自ら作った商品やサービスでチャレンジできる

サラリーマンは、会社の人事部にどこかの部署に配属されて仕事をすることになります。

そこには、組織が作った商品やサービスを提供することとなり、自分でものを考え、世間に提供するというチャレンジがしにくい環境にあります。

しかし、自営業として自らが社長になってしまえば、このようなサービスや商品を提供したいという思いを、ダイレクトに実現させることが可能となります。

 

稼ぎは青天井

サラリーマンの稼ぎは、会社の人事制度で定められた賃金表に基づいています。

大企業の管理職や生命保険会社などのトップセールスにでもならない限り、年収が1,000万円を超える人は少ないです。

しかし、自営業の場合、経営センスがあり、営業が上手くいけば稼ぎが青天井となり、年収が1,000万円を超えるチャンスも当然のように多く存在します。

 

定年がない

最近では、サラリーマン時代に一生懸命頑張っても十分な年金がない「下流老人」が増えています。

しかも、定年後に再就職しようにもなかなか良い条件の仕事がないことも問題です。

自営業であれば、自身が健康である限りいつまでも仕事をすることができ、収入にも困ることがありません。

 

人脈を広げるチャンスがある!

自営業を始めると、いろいろな人に出会うことになります。

お客様から始まり、仕事上のパートナーとして、有能な弁護士や税理士、著名人とも出会い、友人になることも可能となります。

もちろん、商工会議所や異業種交流会への参加をはじめ、様々な努力が必要となりますが、優秀な人材との出会いから得られた刺激は、自らを鼓舞し頑張る動機につながっていきます。


 

自営業7つのメリット

自営業の魅力的な7つのメリットと、厳しい現実7つのデメリット

なんといっても「不安定」

収入が不安定になることは、自営業の最大のデメリットとも言えるでしょう。

自営業になると「営業」が必須となりますが、これが上手くいかなければ収入を得ることができません。

しかし、このデメリットは「収入が青天井になるというメリット」と背中合わせです。

自営業を開始されたなら、とにもかくにも稼ぎまくることが必要です。そこに屁理屈は必要ありません。

一生懸命努力して稼げば、これはデメリットではなくなります。

 

年金支給額などが不利になる

サラリーマン(個人経営の中小企業など一部例外は除きます。)の加入年金は「厚生年金保険」で、自営業が加入する年金は「国民年金保険」になります。

また、加入する健康保険は、サラリーマンは「政府管掌健康保険」、自営業は「国民健康保険」となることはご存知でしょうか?

一見して、名称が違うのみに見えるかもしれませんが、実はサラリーマンの加入年金、健康保険の方が支給内容で有利です。また、保険料の半分は会社が支給してくれます。

これは、かつて自営業者がサラリーマンよりも豊かな人が多かった時代の名残ですが、今では自営業者は稼げなければ保険の面でも不利になってしまいます。

 

労働基準法などが適用されない

サラリーマンには、「労働基準法」によって、給料の支払いや労働時間の制限など、法律により最低限の生命や身体、経済状態が保障されております。

また、仕事でけがや病気になれば「労災保険」が適用され、病院を受診する費用などが経営者の負担により保証されます。

しかし、自営業になればこのような保障は一切なく、健康管理も自己管理も全て自己責任となってしまいます。

その分、高いセルフコントロール能力が求められるようになります。

 

愚痴が言える仲間がいない

自営業を始めたときは、まずは一人会社としてのスタートすることが一般的に多いです。しかも、スタート直後はすぐに稼がないと、すぐに資金が尽きてしまいます。

サラリーマンのように、仕事がうまくいかないからといって、だれも慰めもしてくれませんし、むしろ結果が出ないことに対して周囲に迷惑をかけるようになってしまいます。

 

意外に休みを謳歌できない

「自営業になると自由な時間が出来て…」と空想する人は多いのですが、自営業になると意外に休みを取ることは出来ません。

ましてや営業が上手くなっていないとなると、売り上げを立てるために休日返上や徹夜などが当たり前になってしまいます。

もし、自営業になったら自由な時間が出来て、好きなだけ稼ぐことが出来て…などと甘い妄想を抱いている状態であれば、考えを見直した方がいいでしょう。

自営業は案外休みを取ることは出来ず、むしろサラリーマンより長時間労働をしていている人も少なくありません。

 

仕事の拡大は案外難しい

自営業は基本的に一人で行うビジネスを指します。もし、稼いでビジネスを大きくしたいと考えたならば、人を雇うことが必要となります。

実は、自営業にとって、この「一人目の社員を雇う」ことは意外に大きなハードルで、良い人を雇って売り上げ拡大につながれば良いのですが、中小企業と言える規模に良い社員が来ることはなかなか難しいともいえます。

特に一人目の雇用に関する失敗は、自営業にとって大きな痛手となります。ビジネスを拡大するときには、人事労務管理の知識も身に着ける必要が出てきます。

 

稼げなければ借金地獄

自営業は、稼がなければすぐに資金が尽いてしまいます。

当然自営業になってしまえば、簡単に辞めて再就職というわけにもいかなくないため、借金をして事業を継続する必要も出てきます。

それでも売上が上がらず資金繰りに苦しんだ結果、何千万という借金を抱えてしまう自営業の人も少なくありません。

 

まとめ

自営業の魅力的な7つのメリットと、厳しい現実7つのデメリット

 

自営業7つのメリット

・自由な時間に働ける

・うるさい上司がいない

・仕事が選べる

・自ら作った商品やサービスでチャレンジできる

・稼ぎは青天井

・定年がない

・人脈を広げるチャンスがある!

自営業7つのデメリット

・なんといっても「不安定」

・年金支給額などが不利になる

・労働基準法などが適用されない

・愚痴が言える仲間がいない

・意外に休みを謳歌できない

・仕事の拡大は案外難しい

・稼げなければ借金地獄

 

自営業はハッキリ言って甘いものではありません。それでも、自営業として安定すれば、様々な人脈を獲得しながら豊かな人生を生きることができるようにもなるチャンスもあります。

また、自営業は結果が全てとなるため、情熱を傾けられる好きな仕事やチャレンジしたいことがあり、そのために命を掛けられるくらいでなければ、到底続けることは出来ません。

自営業のメリットとデメリットを見比べてみて、チャレンジして成功できると感じたならば、挑戦はそこから始まります。頑張ってください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします