自由で型破りな発想を創りだす「想像力を鍛える」7つのトレーニング

自由で型破りな発想を創りだす「想像力を鍛える」7つのトレーニング昨今「想像力のある人間になれ」というような言葉を耳にする機会が増えています。こうした「想像力」という言葉が多用されるようになったのは、社会構造の変化による影響が大きいと考えられています。

ここで言う「社会構造の変化」とは具体的には「機械化・情報化」です。かつてさまざまな仕事が「人力」にて行われていた時代、そこで言う「仕事」とは「決まったルーティンに則って作業を行う」ということを意味していました。

ところが産業革命以降、こうした仕事は次第に機械へと取って替わられていきました。これから未来にかけて、こうした傾向はますます強まり「人力」を必要とする仕事はその数を減らしていくものと見られています。

しかし一方で、人間には出来ても機械には出来ないという領域が存在するというのもまた確かな話ではあります。

機械というものは、「与えられた命令」を精度高く実行することは可能であるものの、「命令の内容」自体を考えつくのはまだまだ不得手であるのです。

「命令の内容」を規定するもの、そこには単なる効率だけではなく美学や倫理のような価値観や新奇性(好奇心を満たす要素)などが含まれるのですが、こうした物事について「想像力」をもって思考するのは人間に残された「最後の仕事」ということができるでしょう。

であるからこそ現代においては「想像力」が非常に重視されているのです。

というわけで今回は、想像力を鍛える方法についてお伝えします。果たしてどのような方法があるのか、早速見ていきましょう。

 

自由で型破りな発想を創りだす「想像力を鍛える」7つのトレーニング

スポンサーリンク

 

非現実的な事を考える

私たちが認識している「現実」とは実際にはごくごく限定的な世界でしかありません。同じ人間であっても人はそれぞれに微妙に異なった感覚機能を持っており、どのような刺激に対してどのように反応するのかには、ばらつきがあります。

こうした違いは時代を隔てた場合さらに大きなものとなり、古代の人々は皆、現代人で言うところの統合失調症的な精神状態にあったという説もあります。

また種の壁を超えるとこの違いは更に大きなものとなり、チンパンジーは「目の前で起こっていること」を認識する能力は人間よりも優れているとされていますが、「起こっていることの背景」について思考する能力は人間と比較してあまり無いといわれています。

またさらに他の動物では紫外線や赤外線を目視することが出来るものも存在します。

つまり、いま五感で認識している「現実」のみに関して考えるということは、その外側に広がる膨大な世界を切り捨ててしまうということであり、視野を狭めてしまうということにほかならないのです。

非現実的な「有り得そうもないこと」に関して思考をするということは想像力を鍛え、現実を拡張し新たな可能性を発見するということに大きく役立ちます。

 

独り言を言う癖をつける

思考をするということは新たなアイデアを生み出す行為といえますが、ここで生み出されたものを「言葉」という形でアウトプットするということは、自分が産んだ子どもと対話をするのと同じであり、フィードバックによって新たなアイデアを生成していきます。

「独り言」は必ずしも声に出して言う必要はなく、頭の中で自問自答を繰り返すという方法でも構いません。

この「自問自答」のやり方としてオススメなのが、「脳内インタビュー」です。

これは自分がインタビュアーから質問を受けているという状態を想像するというものであり、このやり方で自問自答をすることによりスムーズに疑問点とその答えを自分の中に引き出していくことが可能となります。

 

夢日記をつける

夢は睡眠中に記憶が編集処理される模様が感覚化されたものであると言われています。

この編集処理はその人の意志とはほぼ無関係に行われてしまうので、夢から覚めた後においてはPCでファイルをどこにしまったのか分からなくなってしまうように、ある記憶を思い出させなくなってしまうということもあります。

つまり夢というのは自分が机やタンスの中を整理している時と同じように過去から現在までの雑多な記憶が入り乱れ、ランダムに組み合わされたものであるということが出来るでしょう。

夢の中では我々が覚醒時に思考した時には思いもよらなかったアイデアの生成が起きているのです。

「夢日記」をつけるということは、このような無意識に作り出されたアイデアを記録するということになります。これは想像力を「鍛える」のとはまた少し違うかもしれませんが、意識的な想像力だけではなく、無意識の力を頼ることによりさらにアイデアの可能性を広げることが可能となります。

 

自分が楽しめるものを見つける

人は誰しも自分が好きな物事に関してならば、それにコミットすることを苦には感じないものです。想像力を鍛えようとする場合にも、まずは好きな物事に関することを考えるようにすることにより、次第にその周辺の物事へも思考の射程距離を広げていくことが可能となります。

また、もし今現在好きな物事が思い浮かばないという場合には、昔好きだった物事について考えるようにしてみると良いでしょう。

この際、その当時自分はそれに関して一体何に惹かれていたのか、具体的なエピソードとともに思い出してみると、今現在の自分と遠い過去の自分との間に連続性を見出していくことが出来るようになっていきます。

 

散歩する

アリストテレスやアインシュタイン、スティーブ・ジョブズなど思想家や哲学者、科学者あるいは発明家には散歩を趣味とする人物が多かったそうです。

京都には西田幾多郎を始めとする「京都学派」と呼ばれる哲学者集団が好んで散歩をした「哲学の道」というスポットが存在します。

景色を観ながらの散歩は視覚からの情報により脳を刺激する効果を持ち、また人体の筋肉の中でもっとも巨大な太腿の筋肉を刺激することもまた脳を刺激します。

想像力を働かせるのには座った状態で思考をするよりも、散歩をしながら思考をする方がより効果があるという場合も少なくないと言えるでしょう。

とは言え、毎日毎日同じようなルートを通っているようでは、散歩もまたマンネリ化してしまいます。ですので、いつも同じルートを通るのではなく、多少時間が前後してしまおうとも、できる限り毎日違った道を選択するという工夫をする必要はあるでしょう。

 

外国や地方を旅する

想像力を鍛えるために散歩をするということはとても良いことではあるのですが、散歩よりもさらに効果が高い方法として挙げられるのが旅行です。

旅行により遠く離れた地へと向かうということは、単に五感や筋肉運動を通じて脳を刺激するばかりでなく、日常生活の中で凝り固まってしまった思考回路や価値観を洗い流すということにも繋がります。

こうして異なる地に立って思考をするということは、自らの中に多元的な発想を生み出す素地を創りだすことになるのです。

 

多読をする

遠出をせずとも自らの中に多元的な発想を生み出す方法としては「多読」が挙げられます。

そもそも人間は自らの中にインプットをした情報からしか思考の手がかりを見つけていくということは出来ませんので、想像力を刺激する内容の本を読み、情報をインプットするということは創造性(アウトプット能力)の向上に大いに役立ちます。

さらに単なる読書ではなく複数の本を同時に読む「多読」の場合、単に想像力を刺激するのみならず、夢の中と同じような発想のランダムな組み合わせを覚醒していながらに生成させることが可能となります。

多読の際には同じようなジャンルの本を読むのではなく、全く異なったジャンルの本(例えば犯罪ルポと天文学書と楽器の入門書というように)を同時に読むことがオススメです。

まとめ

自由で型破りな発想を創りだす「想像力を鍛える」7つのトレーニング

 

・非現実的な事を考える

・独り言を言う癖をつける

・夢日記をつける

・自分が楽しめるものを見つける

・散歩する

・外国や地方を旅する

・多読をする

いかがでしたか?

ぜひこのような方法を日常的に実践し、想像力を鍛えていってみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします