生きる気力がないあなたに送る、深い闇から抜け出す21の習慣

生きる気力がないあなたに送る、深い闇から抜け出す21の習慣挫折や失敗、人との別れ、環境の変化など、さまざまな要因により生きる気力を失ってしまったことはありませんか。

特に宗教などの権威が歴史的に存在しない日本では、生きる気力をなくした人がそのまま本当に死に向かってしまうということが昔から多かったとも言われています。

また、人の心は揺れ動くもので、今は調子が良い人でも明日は生きる気力がなくなってしまうかもしれません。

しかし言い換えれば、生きる気力が減少していても、きちんとした対処をして心を正しい方向に動かせば、明日にでも回復することができます。

今あなたは不安を感じているかもしれませんが、安心してください。確実に闇から抜け出すことはできるのです。

そこでこの記事では、生きる気力がないときの対処法として、生きる気力を取り戻し人生を好転させる習慣をお伝えします。

あなたが安心して取り組める方法を選んで、闇から少しずつでもいいので抜け出しましょう。

 

生きる気力がないあなたに送る、深い闇から抜け出す21の習慣

スポンサーリンク

 

じっと待つ

生きる気力が出なくなってしまったという人が、それを再び取り戻すための最も基本的な方法が「じっと待つ」です。

「生きる気力が出ない」という状態は、言い換えれば「精神的なエネルギーが無い」状態であると言うことができます。

このような状態で焦って何か行動を起こすことは、上手く行かなかった場合にさらなる悪影響をもたらしてしまいます。

また、精神的なエネルギーが不足している状態では人は判断力や計画力なども衰弱しているため、いくら行動を起こしても失敗をしてしまう可能性が高いのです。

なので、時間の許す限りじっくりと心身を休め、自然と気力が湧いてくる状態を待つというのが最も確実で最良の対処法であると言えるでしょう。

しかしそうは言っても、実際の生活において大多数の人々は、じっと休み続けることが許されないという現実もあります。

そこで限界を踏まえつつも行うべき最善策についてご紹介していきます。

 

日光を浴びる

日光を浴びることによって気力を取り戻すという方法です。

現在、うつ病など気力の減少を主な症状とする精神疾患は、脳内物質の一種であるセロトニンの減少が深く関連していることが分かっています。

このセロトニンの作用として心身が活発に活動をすることを助けることが挙げられ、特に精神面では気力を高める効果を持っています。

そして、セロトニンを一番簡単に分泌させることができるのが太陽光を浴びることです。

太陽光線を浴びた体は脳に対してセロトニンの分泌を促進するよう司令を出し、脳は指令通りセロトニンの分泌量を増加させてくれます。

北欧など冬季に日照時間が極端に少なくなる地域では、古くから「冬季うつ病」が大きな問題となってきておりました。

冬季うつ病を避けるため人々は日光を求めてヨーロッパを渡り歩くようになり、それが現在の「バカンス」のような制度に繋がっているという歴史があります。

現代の精神医学において、軽度のうつ病であれば日光浴を習慣化することで大幅に改善できることが分かってきています。

このようなことから、一日15分程度の日光浴は気力の回復に良い効果をもたらすことが期待できるのです。

 

運動を習慣化する

運動不足は肉体を衰えさせるだけでなく、精神的にも気力を失わせるなどの悪影響を及ぼします。

かつて人類は、大草原の中で移住をしながら狩りや採集をして生活をしていました。

そこでは体を動かすことは当たり前であり、体を動かしつつ同時に「どこに食料があるのか」「どのように狩りをするか」など頭脳を活発に働かせてきました。

現代人の脳もこうした過去からの進化の過程を受け継いでおり、そのため運動と思考は密接な関係を持つのです。

現にさまざまな研究により、運動不足気味な人はうつ病などの精神疾患が発症しやすいことが明らかになっています。

また運動は成長ホルモンの分泌を促進するという効果もあり、成長ホルモンが不足しがちな人はアルツハイマーなどを発症しやすいということも知られています。

 

あえて空腹状態になる

空腹状態を作り出すことにより、気力を回復させるという方法もあります。

人体において気力を出すための物質として、男性ホルモンの一種であるテストステロンがあります。

このテストステロンは成長ホルモンの一種で、10代に分泌量のピークを迎え、30代以降には大幅に減少をしていきます。

そしてテストステロンが不足した場合、その分泌を促す方法として挙げられるのが「空腹状態」なのです。

空腹状態になったとき、脳は肝臓に対して糖の一種であるグルコースの生成を促進するよう司令を出すのですが、このその司令情報を伝達するのに用いられるのがテストステロンです。

動物は空腹状態になると飢えを凌ぐため活発に餌を探すようになります。

この気力回復方法はそうした進化の中で体得したメカニズムを利用したものであると言うことができるでしょう。

 

睡眠をしっかりと取る

テストステロンの分泌を促進する、よりオーソドックスな方法として知られているのが睡眠です。特に入眠後3時間は成長ホルモンが大量に分泌されるゴールデンタイムとして知られています。

とは言っても睡眠時間が3時間で十分というわけではなく、3時間を過ぎた後も記憶の整理や身体機能の回復などさまざまな作業が行われており、一般的にはトータルで6〜8時間程度の時間が必要でしょう。

それより短い時間の睡眠は心身にさまざまな悪影響を及ぼし、抑うつ状態などの気力の低下も引き起こしてしまいます。

 

前向きな言葉を発する

辛い状況の中でもあえて前向きな言葉を発することにより、生きる気力を取り戻していくという方法です。

自分が発した前向きな言葉は、それが脳に記憶されることによって少しずつ認知や行動のパターンに影響を与えていきます。

認知や行動が少し変わっていくと、発せられる言葉の傾向もより前向きなものとなっていき、それはさらに認知や行動に対して影響を与えていきます。

こうしたフィードバック機能に対しアメリカの教育心理学者であるロバート・ローゼンタールは「ピグマリオン効果」という呼称を与えました。

ピグマリオンとはギリシャ神話に登場する王の名前で、とある女性の石像を愛したところ愛の女神であるアフロディテによって石像を生身の人間へと変えてもらい、その女性と結婚をしたという逸話があります。

またこれと全く同じ原理で、後ろ向きな言葉を発することにより気力が失われてしまうという場合もあり、これを「ゴーレム効果」と呼称します。

ゴーレムとはユダヤ教の言い伝えに登場する動き回る泥人形の名称です。ゴーレムは額に護符を貼り付けると動き出すのですが、その護符を別のものに貼り替えると再びただの泥人形に戻ってしまいます。

 

とにかく行動を起こす

とにかく無理矢理にでも行動を起こしてみることで気力が湧いてくる場合もあります。

精神的には気力がなかろうと、行動をしていくうちに体にリズムが刻みつけられていき、そのリズムに乗る形で精神も活動を活発化させるのです。

もしどうしても体が動かないときでも、10分でも5分でも取り敢えずやってみて、その後でどうするかを判断するようにしてみましょう。

ただし、この方法を行うにあたってはいくつか注意したいポイントがあります。

同時に複数の作業をやらない

その一つ目は、「同時に複数の作業をやらない」ということです。

人間の脳は基本的に複数の作業を同時に行うマルチタスクには適していません。

気力のない、つまり脳に体力のない状態で複数の作業を行うと、脳はすぐに疲弊してしまい活動ができなくなってしまいます。

気力がない状態で行動をする場合は、ひとつひとつの作業を丁寧に行うことを意識するようにしましょう。

物事に優先順位をつける

二つ目は、「物事に優先順位をつける」ということです。

やるべきことに対して優先順位を付け、順位の高いものから順番に行うことを意識しましょう。

一般的に、重要度の低いタスクはどうしてもモチベーションが上がりづらい傾向があります。

重要度の低いタスクにエネルギーと時間を取られてしまうと、本当に重要なタスクに手がつけられなくなってしまい、結果としてさらに気力を低下させてしまうことが考えられます。

 

やりたいことをやる

「行動を起こそう」と考えてみたものの、どうしても気力が湧いてこないという場合は、「やらねばらないこと」ではなく「やりたいこと」をやってみるようにしましょう。

人はときに無意識のうちに自分自身を抑圧してしまうことがあります。

つまり「やりたいけれどできない」と自分自身を洗脳してしまい、その結果として気力を失ってしまうのです。

なので、気力がなくて何もする気が起きないというときには、「自分が本当にやりたかったことは何なのか」を自分自身に対して問いかけてみましょう。

そこで答えが見つかれば、自然と気力が湧き上がってきます。

 

音楽を聴く

音楽を聴くことにより、生きる気力を回復させることが可能になる場合があります。

スポーツ選手が競技本番前に気力を奮い立たせるためにお気に入りの音楽を聴くという習慣がある場合も少なくありません。

気力を出すための音楽としては、やはりアップテンポな曲が良いとされますが、必ずしもそれにこだわる必要はなく、あなたがお気に入りの音楽を聴くのが良いでしょう。

 

読書をする

星の数ほど存在する書物の中には、人生において気力を与えてくれるようなものも少なくありません。

気力を取り戻す際にオススメの本の種類としては、第一に自己啓発本が挙げられます。

自己啓発本は毎月数多くの種類が出版されており、インターネット検索をすると数多くのタイトルを知ることができます。

あなたが現在抱えている悩みなどについて書かれている内容の本を手に取ってみると良いでしょう。

第二にオススメできるのが小説です。

主人公が困難に立ち向かい、やがて成功を手にしていくようなストーリーの本を読んでみることで、その内容に感化されていくということがあるでしょう。

 
スポンサーリンク

 

ジャンクフードを控える

精神的な気力を取り戻すためには、体の調子を万全にしておく必要もあります。そしてその体の調子と直結する要因としては、第一に「食事」が挙げられます。

食事と気力との関係においてまず意識しておきたいのが、ジャンクフードに関してです。

ファストフードやインスタント食品、スナック菓子などは、食べ過ぎることによって気力の低下を招く恐れがあります。

まず、ジャンクフードの特徴として体にとって必要な栄養素が不足していたり、それが偏っていたりするということが挙げられます。

特にビタミン類やミネラル類は人間の精神に非常に大きな影響を与える栄養素なのですが、ジャンクフードではこれらが不足している場合が多く、結果として気力の低下などの悪影響をもたらすのです。

また、ジャンクフードには添加物が大量に含まれるという問題もあります。

添加物は体内で毒物として認識され、これを無害化するために肝臓などが活発に活動をするようになります。

臓器の活動を活発化するためにはエネルギーが必要となり、折角食べ物から吸収をしたエネルギーを無害化のために使用しなければならなくなります。

その結果として身体はエネルギー不足の状態となり、気力も低下をしてしまうのです。

 

糖分の摂取量に気をつける

気力を取り戻すにあたりジャンクフードと一緒に控えたいのが、お菓子や炭水化物などの糖分を多く含んだ食品です。

ブドウ糖は脳にとって必要不可欠な栄養素ではあるのですが、大量に摂取するとインスリンの分泌が促進され血糖値が下がるため、かえってエネルギー不足な状態となり気力を低下させてしまいます。

また、糖分の過剰摂取とインスリンの過剰分泌とが繰り返されると、糖尿病などが引き起こされるリスクも大きくなります。

さらに糖分には中毒性があることも知られ、中毒化すると禁断症状によって気力の落ち込みが生じる場合もあります。

しかしその一方では、前述の通り脳にとって糖分は決して欠かすことのできない栄養素でもあります。

糖質の摂り過ぎは体のみならず精神にも悪影響を及ぼすものの、一方で過度な糖質制限も精神に悪影響を及ぼしてしまいます。

全体として現代の日本人の食生活は糖分がやや摂取過多な傾向があると言われており、日常生活で少しだけ糖分を控えめにする程度の対策を取っておくのが良いでしょう。

 

サプリメントを摂る

最近では非常に沢山の種類のサプリメントが市販されていますが、その中には気力の回復に効果を期待できる成分を含んだものも存在しています。

クルクミン

その中でも代表的なものとして知られているのがクルクミンです。

クルクミンはカレーなどに使われるスパイスの一種であるターメリックに主に含まれる成分で、脳内物質の一種で興奮や快感を生じさせる作用を持つドーパミンの分泌を促進する作用があります。

クルクミンはサプリメントのほか、栄養ドリンク剤に配合されていることも多いようです。

イチョウエキス

ドーパミンの分泌を促進するサプリメントとしては、その他にイチョウエキスも有名です。

イチョウエキスには不安や抑うつ感などを緩和し気力を取り戻させるという向精神作用があります。

アルギニンやオルニチン

また、成長ホルモンの分泌を促進させる機能を持ったサプリメントも存在し、最も有名なものとしてアルギニンやオルニチンがあります。

これらのサプリメントは肝臓の機能を高める二日酔い薬としてよく知られていますが、そのほかにも脳下垂体に働きかけ、成長ホルモンの分泌を促進する効果もあります。

IGF-1

さらに、近年注目の高まっている成長ホルモン系サプリメントで、IGF-1というものがあります。

これはアミノ酸の一種で、インスリン様成長因子とも呼ばれます。

これらのサプリメントは錠剤を飲むのではなく、飴やスプレーとして口内などの粘膜から摂取をするという特徴があります。

ただし、日本ではまだほとんど市販されておらず、主に個人や業者が輸入をしたものが売買されています。

 

誰かに話してみる

生きる気力がないとき、信頼できる誰かにそのことを話すことによって気力を取り戻すことができることがあります。

親族や友人などにあなたの今の状態や気持ちを打ち明けることで、自分では思いつかなかったようなアイデアを提供してもらえるということもあるでしょう。

また、具体的なアイデアでなくても、あなたの気持ちを理解したり共感してもらったり、励まされたりするだけであっても、遥かに気持ちは前向きになっていくでしょう。

もし親族や友人に頼ることができない場合は、精神科医やカウンセラーの元へ行ってみるのもおすすめです。

また電話で気軽に相談をすることができる無料相談窓口などもあるので、外出や人に会うことすら億劫である場合には、それらの機関に電話をかけてみるという手段もあります。

 

周囲に宣言する

「自分はこれから気力を持って物事に取り組んでいく」ということを周囲に対して宣言する、という方法です。

親族や知人に対して直接宣言をしたり、あるいはSNSなどで言ってみたりするというのも良いでしょう。

宣言をすることによって、あなたは周囲の人々から注目をされるようになり、「みっともない真似はできない」と気力が湧いてくるようになります。

 

「憧れ」を意識する

生きる気力がないときに自分自身を奮い立たせる方法としては、「憧れ」を意識するというものがあります。

もしあなたにとって憧れの人がいる場合には、その人が今どんなことをしているかネットで調べてみたり、直接連絡を取ってみたり、あるいは想像をしてみましょう。

また憧れの対象が作品など何らかの物である場合は、それを見て刺激を受けましょう。

また、そうした憧れの対象のマネをしてみるのも重要です。

憧れの人になりきってみたり、あるいは作品を模倣してみたりすることで、自分の心の中に支柱を持つことができるようになります。

 

無駄なものを捨てる

いろいろな物事を抱え込み、それらに縛られた状態は気力を減退させます。

それは自分の意志などを超えてそうした物事が存在している状態であり、自分には主導権が無いかのように感じられてしまうからです。

そこで、不必要な物事を綺麗に捨て去ってしまうということにより、自分の主体性を回復し、気力を取り戻すことが可能となります。

気力をなくしてしまったというときには、まず自分の所有物を大胆に処分してしまいましょう。

また人間関係に関しても無駄なものに関しては処分をしていくことが重要です。不必要な人付き合いは避け、その時間を自分と向き合うことに振り向けましょう。

 

他者のために何かをする

自分のためではなく誰か他者のために何かをしようと考えることで、生きる気力が湧いてくる場合もあります。

他者を目的化することにより、自分の行為や自分の存在に対しても肯定感を持つことができるようになるでしょう。

人は誰でも多かれ少なかれ、自分が他者から必要とされていると感じることで、自己肯定感や快感を得る性質を持っています。

ただしこの方法は、ある種の危険性が伴っているというのも確かです。

人間は得てして大義や道徳が存在することによって、かえって暴走をしてしまうことがあります。

「誰かのため」であるならばどんなことをしても良い、と考えてしまう可能性があるのです。

また、「誰かのため」を考えるあまり、偏執狂と化してしまうという場合もあります。

これは「誰か」のためを考えているはずが、結局その人に対して自分の独善的な理想や価値観を押し付けてしまい、逆に迷惑になってしまうことです。

「誰かのため」ということは、結局は「『誰かのため』に行動をしている自分のため」であり、それもまたエゴイズムの一種でしかないということを常に頭の片隅に入れておきましょう。

 

自分より不幸な人のことを想像する

生きる気力が無いという場合には、自分よりも不幸な人のことを想像してみるというのも効果的です。

世の中には常に大変不幸な状況に置かれてしまった人が存在します。

例えばすさまじい貧困状態で生まれ育たなければならなかった人や、子供時代の虐待やいじめで心に傷を負った人、突然仕事を失ってしまった人、余命宣告をされてしまった人など、非常にさまざまなパターンが想像できます。

そうした人々と自分の状況を比較することは、「自分にもまだできることがある」ということを自覚させ、気力を奮い立たせることに繋がります。

 

旅をしてみる

生きる気力が減少してしまうと、それに比例して行動範囲も狭くなってしまいがちです。そこで旅などを通して外出し、精神的なリフレッシュを行うことも効果的です。

行きたい場所がすぐに思い浮かばない場合は、ヘルスツーリズムというキーワードで探してみるのもおすすめです。

ヘルスツーリズムとは医学的な根拠に基づく健康回復・維持・増進につながる観光のことで、いうなれば昔の湯治(とうじ)のようなものです。

温泉療法や森林療法、海岸療法(タラソテラピー)など、地域交流や地元食材での郷土料理などを組み合わせ各地域の特色を生かして実施されています。

日ごろの生活から離れてみて、自然を満喫してα波に同調したり、地域の方との交流やおもてなしに触れていると心が良い方向に解放される可能性が生じやすくなります。

地域や実施内容にもよりますが、短期で参加できるコースもあるため、休日を利用して試してみるのも良いでしょう。

 

医者に診てもらう

長期間に渡って気力の減退は認められる場合、それは何らかの病気である可能性があります。

気力を失う病気として最も代表的なものには、うつ病などの気分障害が挙げられますが、その他にも更年期障害や統合失調症の破瓜型においても気力の減退が主な症状として見て取れます。

もしこれらの病気の可能性を疑う場合には精神科や心療内科などを受診してみると良いでしょう。

 

まとめ

生きる気力がないあなたに送る、深い闇から抜け出す21の習慣

 

・じっと待つ

・日光を浴びる

・運動を習慣化する

・あえて空腹状態になる

・睡眠をしっかりと取る

・前向きな言葉を発する

・とにかく行動を起こす

・やりたいことをやる

・音楽を聴く

・読書をする

・ジャンクフードを控える

・糖分の摂取量に気をつける

・サプリメントを摂る

・誰かに話してみる

・周囲に宣言する

・「憧れ」を意識する

・無駄なものを捨てる

・他者のために何かをする

・自分より不幸な人のことを想像する

・旅をしてみる

・医者に診てもらう

 

人によっては「生きる気力を取り戻す」のにかかる時間は違うかもしれませんが、焦り過ぎずにあなたのペースで取り組んでいきましょう。

確実に生きる気力を取り戻して闇から抜け出すことは可能です。この記事を参考に、あなたの人生が好転することを願っています。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします