死ぬほど辛い「二日酔い」が即効で解消する、奇跡の治し方11選

死ぬほど辛い「二日酔い」が即効で解消する、奇跡の治し方11選飲み会翌日の吐き気、頭痛、だるさ、下痢、筋肉痛など、二日酔いに苦しんだ経験がある人は多いのではないでしょうか。

「後悔先に立たず」なんてことわざもありますが、やはり二日酔いの日は、

  • 集中力がなくて、ミスをしてしまったり、
  • 体がまったく機能せず、1日なにもできなかったり
  • トイレを占拠して周りに迷惑をかけてしまったり

と、誇れることはひとつもありません。

まさしく、お酒に飲まれてしまった結果引き起こる二日酔いですが、手軽な方法で症状の回復を早めることができます。

もちろん飲みすぎないことが一番の解消法ですが、二日酔いの治し方を知っておけば、いつもよりも安心して飲み会に参加することもできるでしょう。

今まさに二日酔いの症状で苦しんでいる人も、ぜひ試してみてください。

 

死ぬほど辛い「二日酔い」が即効で解消する、奇跡の治し方11選

スポンサーリンク

 

「二日酔い」ってなぜ起きる?

二日酔いの治し方を見る前に、なぜ二日酔いが起こるのか原因を知っておきましょう。

「二日酔い」になる原因は、

  • アルコールによる脳や神経の麻痺
  • アセトアルデヒドによる中毒

の二つです。

肝臓で処理しきれなかった「アルコール」

まず、飲酒によって体内へと摂取されたアルコールは、小腸と胃で吸収された後、肝臓に運ばれ分解されます。

そもそもお酒に含まれるアルコールには、脳や神経を麻痺させる働きがあり、これが「酔い」の原因となります。このとき、少量のお酒であれば肝臓ですぐに分解されるので、酔いも早く覚めてきます。

しかし飲酒量が多いと、肝臓でのアルコール処理が間に合わず、アルコールがそのまま血流に乗って全身に行き渡ってしまうことがあります。

この処理しきれず体内を巡ってしまったアルコールが、お酒を飲み終わってからもしばらく残り、二日酔いの症状として脳や神経の麻痺が続くのです。

アルコール分解時に発生する「アセトアルデヒド」

さらにもう一つの原因として、肝臓ではアルコールが分解されることによって、「アセトアルデヒド」という物質が生成されます。

このアセトアルデヒドには強い毒性があるため、人体はこの物質をできるだけ速やかに体外へと排出しようとします。

しかし、飲酒が大量であると排出がスムーズに行かず、そのままアセトアルデヒドが体内に滞留し、頭痛や吐き気、だるさなどの中毒症状が発生することがあるのです。

この原因を踏まえて、二日酔いからいち早く回復する方法を見てみましょう。

 

胃の内容物を吐き出す

二日酔いの代表的な症状に「吐き気」があります。もし二日酔いで吐き気がある場合は、できるだけ早く胃の内容物を吐き出してしまいましょう。

「吐き気」とはそもそも胃が弱った状態になり、食べ物の消化ができなくなっていることを意味します。

そのままの状態で我慢をし続けると、胃に未消化の食べ物が残り続けて体への負担が大きくなり、さらに体調が悪化してしまう可能性があるのです。

ただし、この「吐く」という行為もまた、身体にとっては少なからずダメージを引き起こします。

例えば、「二日酔いになる→吐く」という流れを何度も繰り返してしまうと、胃酸が逆流しやすくなり、逆流性食道炎などになりやすくなります。

それ以外にも、吐く行為によって胃や食道の粘膜が傷つき、そこから出血が起こりやすくなる「マロリーワイス症候群」になってしまうこともあります。

二日酔いによる嘔吐からこのような病気にならないためには、やはり「二日酔いにならないこと」が重要です。飲酒の際には、何よりもまず「飲みすぎない」ことを肝に銘じておくようにしましょう。

「なんであんなに飲んでしまったんだ」と後悔し、「もうお酒は飲まない!」と決意した人は、下記の記事も参考にしてみてください。

関連記事:お酒で人生を棒に振るな!禁酒による素晴らしい14のメリット

関連記事:絶対にやめられる禁酒方法!無理せず酒飲みを卒業する18の作戦

 

水分を摂取する

二日酔いで起こりやすい症状としては、脱水症状も挙げられます。

アルコールには強い利尿作用があるため、身体に供給される水分量が減少してしまい脱水症状が引き起こされるのです。

特に大量に飲酒をした場合、アルコールを分解するために発生した大量のアセトアルデヒドをできるだけ早く排出しようと、さらに利尿作用が強くなり、より一層脱水が引き起こされやすくなります。

さらに前項でも取り上げた、吐き気や下痢も脱水症状の原因になります。

このような二日酔いによる脱水症状を改善していくためには、やはり水分補給を積極的に行うことが大変重要です。

おすすめはスポーツドリンクと味噌汁

水分補給は、もちろん普通に水を飲むのも良いのですが、アルコールを分解すると体内のミネラル分が大量に消費されるため、それらを補給する意味でもポカリスエットやアクエリアスなどのスポーツドリンクがおすすめです。

また、味噌はミネラル分を吸収しやすい食品とされ、スポーツドリンクが手に入らないときは味噌汁を飲むのも良いでしょう。

一方で、サウナやジョギングなどは二日酔いの改善に効果があると言われていますが、二日酔いの際には絶対に行わないでください。

これらの方法は脱水症状をさらに悪化させてしまうことにつながります。

 

糖分を摂取する

アルコールを分解する働きを持つ肝臓は、糖分を貯蔵する働きを持つ器官でもあります。

そのため、アルコール分解のために肝臓が休みなく働くことになると、糖分を短時間で大量に消費してしまい、急速に低血糖状態となってしまいます。

低血糖状態によって起こる体調不良として、神経の麻痺や、二次的に引き起こされるだるさや頭痛、吐き気などがあります。

こうした体調不良を改善するためには、やはり糖分を十分に補給することが重要です。

糖分はフルーツから摂ろう

糖分を摂取ができる食べ物の中でも特に優秀なのが「フルーツ類」です。

フルーツは糖分と一緒に水分も摂取でき、アルコールの代謝を促進すると同時に、食道、胃、腸などの粘膜を守る効果のあるビタミンCも豊富に含まれています。

数あるフルーツ類の中でも特に、「グレープフルーツ」と「柿」は二日酔いに効果が高いフルーツです。

グレープフルーツには多くのビタミンCが、柿にはアルコールの分解を促進するタンニンが豊富に含まれています。

また、あまり知られてはいないのですが、「バナナ」も二日酔いに効果が高いフルーツの一つです。

バナナには、アルコールの分解時に肝臓で大量に消費される、カリウムなどのミネラル分が多く含まれています。

さらにフルーツ以外には、肝臓機能を活発化させるハチミツや、糖分の吸収効率が高いコーンフレークなども摂取することが推奨される食品です。

 

その他効果のある食品の摂取

糖分を含むフルーツ以外にも、二日酔い時に効果のある食品にはさまざまなものが知られています。

ここからはそうした食品類についてご紹介します。

しじみ

しじみが二日酔いに効果があるのはよく知られていますね。

しじみに豊富に含まれるタウリンは胆汁の生成と分泌を活発化し、アルコールの分解を促進する効果があります。

しじみは味噌汁に入れて摂取すると、「水分を摂取する」でご紹介した通り、味噌によってミネラル分を補給することにもつながりるので、二日酔いには最高の飲み物になります。

また、二日酔いが多い人は、しじみのサプリを常備しておくと安心です。飲み会前や後に飲んで、肝臓の機能を高めておきましょう。→TVで話題の国産しじみサプリはこちら

ウコン

ウコンに豊富に含まれているクルクミンは、アルコールの分解を促進すると同時に肝臓をダメージから守る効果があります。

二日酔い用の市販薬にもウコンが原料として用いられていますが、その他の摂取方法としてはカレーがおすすめです。

ウコンはターメリックとも呼ばれ、カレー粉の重要な材料の一つでもあります。しかも、カレーはウコンの他に、小麦粉や米などから糖分を摂取することもできます。

ショウガ

ショウガはウコンと分類上、近縁となる植物で、同じように二日酔いに対して高い効果のある食品です。

日本においても古くから民間療法において利用をされています。

ショウガには胆汁の分泌を促進するほか、胃酸の分泌を抑える効果があります。

トマト

トマトに含まれるリコピンには、アセトアルデヒドに対する身体の防御力を高める効果が知られています。

また、豊富に含まれているクエン酸によって胃の粘膜を回復させたり、肝臓の機能を活発化させる効果も持ちます。

二日酔いのときはトマトジュースとして摂取をすることで、効率の良い吸収ができるため特におすすめです。

梅干し

梅干しにはトマトよりも遥かに多くのクエン酸が含まれており、胃の粘膜を保護すると同時に肝機能を活発化させます。

また、ビタミンやミネラル類が豊富なことも、肝臓機能の強化に良い効果をもたらします。

さらに二日酔いになると、人体では疲労物質である乳酸が発生し、酸とアルカリとのバランスが酸性側に傾きます。

これに対し梅干しはアルカリ性の食品であるため、体内を中性に状態に近づけ、だるさ(疲労感)を改善してくれます。

カフェイン

二日酔いの代表的な症状の一つが「頭痛」です。

これはアルコールの持つ血管拡張作用のためで、特に頭部の血管が拡張されることで、脳などの神経を圧迫・刺激し、それによって痛みが発生します。

これに対しお茶やコーヒーなどに含まれるカフェインには血管収縮作用があり、二日酔い時の頭痛を抑えることができます。

ただし、ブラックコーヒーは控えるようにしましょう。

ブラックコーヒーは胃や腸に対する刺激が強く、二日酔いのときに飲むと胃痛や下痢を起こす可能性があるので、必ず牛乳などで割って飲むようにしてください。

牛乳

牛乳に含まれる脂質やタンパク質は胃の粘膜を保護し、二日酔いによる胃酸過多を抑えることができます。

また、牛乳にはセロトニンというホルモンの一種が多く含まれています。

セロトニンはカフェインと同じように血管を収縮させ頭痛を抑える効果や、意識を覚醒させてアルコールによる感覚の鈍りからの回復を早めさせてくれます。

先ほどもお伝えしましたが、牛乳はコーヒーで割って飲んだり、フルーツを混ぜるなどの工夫で、さらに高い相乗効果をもたらすのでおすすめです。

ナッツ・チョコレート

ナッツ類やチョコレートには脂質やタンパク質が多く含まれ、胃の粘膜を保護することができます。

チョコレートやナッツ類の中でも「カシューナッツ」はおすすめです。

カシューナッツは糖分も多く、アルコールの分解時に不足気味となる肝臓の糖分を補う効果も持ちます。

ゴマ

ゴマに含まれるオルニチンやセサミンは、肝臓に働きかけてアルコールの分解を促進させ、アセトアルデヒドに関しても分解する効果を持ちます。

さらにゴマに含まれているビタミンB類は、肝臓の働きを活発化させる効果も持っています。

キャベツ・ブロッコリー

キャベツとブロッコリー(カリフラワー)は、元々は同じ野菜であったことが知られています。

アブラナ科の野菜を品種改良し、葉の部分を大きく成長させたものがブロッコリーで、花の部分を大きく成長させたものがブロッコリーやカリフラワーです。

元々同じ野菜であったため、この2つの野菜は非常に似た成分を持っており、どちらも二日酔いに非常に高い効果を持ちます。

これらの野菜に含まれるあるスルフォラファンという成分は、体内に蓄積した毒素に対する解毒作用を持つため、アセトアルデヒドによる中毒症状を解毒してくれます。

また、ビタミンUには胃の粘膜を保護し傷んだ粘膜を修復し、さらに胃酸の過剰な分泌を抑える効果もあります。

ちなみに胃腸薬の「キャベジン」は、このビタミンUの成分を抽出することによって作り出されました。

 

酸素を補給する

二日酔いの症状を改善する方法として、近年注目を集めつつあるのが酸素です。

アルコールを大量に摂取すると、肝臓で分解・処理しきれなかったアルコールが血液によって全身へと運ばれていきます。

このとき血液中ではアルコールが取り込まれたことで、酸素量が減少してしまうのです。

また、アルコールを分解するときに、肝臓では普段より多くの酸素を消費するため、酸欠状態に近づいていってしまいます。

こうしたことにより、二日酔いは酸欠に近い状態をもたらし、吐き気や頭痛、身体のだるさ、意識の鈍麻などの症状を引き起こします。

この症状に対し、医療用などに使われるより純度の高い酸素を取り込むことで、こうした症状から回復させることが可能です。

高純度な酸素を取り入れる方法としては、

  • 酸素カプセル
  • 酸素水
  • 酸素スプレー

などがありますが、特に酸素水や酸素スプレーは市販品を手軽に入手できるので、お酒を飲む習慣のある人であれば常備をしておくのがおすすめです。

 

ツボを押す

ツボを押すことにより、頭痛や吐き気、あるいは肝機能の不調などの二日酔いの症状を改善することができる場合もあります。

ここからはそうした効果があるとされるいくつかのツボについて、簡単にご紹介します。

百会

百会は頭痛を軽減する効果があると言われているツボです。

場所としては左右の耳の先端を繋いだ線上で頭のてっぺんの部分に存在します。

百会

指で押す際には強く圧力をかけすぎないように注意をしてください。

内関

内関は吐き気を抑える効果があると言われているツボです。

場所としては手首の付け根から指三本分下がった部分の中央にあります。

内関

押し方のポイントとしては、やや強めに押すのと弱めに押すのとを交互に数回ずつ繰り返すようにしてください。

合谷

合谷は吐き気に加え下痢などにも効果があると言われているツボです。

場所としては手のひらの親指と人差指の骨の合流地点からやや人差し指の方向に上がった部分に存在します。

合谷

押し方のポイントとしては、3秒間ほど指でやや強く押した後、3秒間指を離すようにしてください。

大衝

大衝は弱った肝臓の働きを活発化させる効果があると言われているツボです。

場所は少々わかりにくいのですが、足の親指と人差し指の間を足首の方向へと下がっていき、途中にあるやや出っ張っている部分となります。

大衝

押し方のポイントとしては、合谷と同じく3秒間や強めに押してその後3秒間指を離す動作を繰り返します。

 

頭を冷やす

二日酔いの症状で頭痛が発生する原因は、アルコールによって頭部の血管が膨張し、脳の三叉神経が圧迫されることが挙げられます。

こうした頭痛を抑える方法は、頭部の血管を冷やして収縮させるのが効果的です。

具体的な方法として、頭部、もしくは首の後ろを濡れタオルや氷のう、アイスノンなどで冷やすようにします。

血液を冷やすことで血管が収縮し、神経への圧迫を改善することができるのです。

また、もしどうしても冷やすことができないときは、頭部にハチマキを巻き付け、血液の供給量を強制的に制限してしまう方法もあります。

 

ぬるめの風呂に入る

お風呂に入ることは全身の血行を改善し、アルコールやアセトアルデヒドを体外へと排出する働きを促進させる効果を持ちます。

ただし、二日酔い時の入浴は、場合によっては症状をさらに悪化させるリスクもあるので注意が必要です。

注意をするべきポイントとして、第一に「温度」です。温度が高すぎると過度に発汗が促進され、脱水症状を引き起こしてしまうことが考えられます。

お湯の温度はあまり高くしすぎず、38度程度のぬるめのお湯に浸かるようにしましょう。

また、ペットボトルや水筒に飲料水を入れて風呂にを持っていき、水分補給をするよう心がけるのも良いでしょう。

第二のポイントとしては、頭痛が起きているときは入浴を控えましょう。

入浴で体が温まると、アルコールによって膨張した血管がさらに膨張し、頭痛がより悪化してしまうことが考えられるからです。

 

安静に過ごす

二日酔いを改善する最も根本的な方法は、「安静にして休む」ことです。

これまでにも述べてきた通り、二日酔いは体内のアルコールやアセトアルデヒドが過剰となっている状態で、これらの物質は通常であれば自然に体から排出をされていくものです。

しかし、二日酔いをした状態のまま活動をすると、余計なエネルギーが必要となってしまい、かえって排出に長い時間がかかってしまいます。

これに対し、しっかりと休息を取ることは、身体のエネルギーを肝臓の活動に振り向けることとなり、二日酔いからの回復を早めることにつながります。

ただし、吐き気があるときは、そのままの状態で寝てしまわないよう注意が必要です。眠る前にまず胃の中にあるものを全て吐き出してからにしてください。

吐き気があるまま眠ってしまうと、睡眠中に嘔吐をし、吐瀉物が気道や口の中に詰まって窒息してしまう可能性があります。実際にこれが原因となって死亡する例も少なくありません。

 

薬を飲む

市販薬を使用することは、二日酔いを改善するための最もお手軽な方法と言えるかもしれません。

二日酔いの症状は、吐き気や頭痛、肝機能の不調などさまざまであり、そのため市販薬にもそれぞれの症状に合わせたものがあります。

ここからは、そうした症状に合わせて服用するべき薬の名称についてご紹介します。

吐き気がある場合

サクロンQ、第一三共胃腸薬、アネロンニスキャップ、ソルマックプラス、太田胃散など

頭痛がある場合

バファリンプラス、イブA、ロキソニンS、イブクイック頭痛薬、セデスハイなど

肝臓機能が弱まっている場合

ヘパリーゼ、ハイチオールCなど

 

注射を打つ

注射を打つことによって二日酔いの症状が解消できる場合もあります。

にんにく注射

二日酔いに効く注射として代表的なのが「にんにく注射」です。

実は、にんにく注射にはにんにくは含まれていないのですが、主成分がにんにくに豊富に含まれるビタミンB1であることからこう呼ばれます。

ビタミンB1には神経の働きを正常に保ち、アルコールによる神経鈍麻を改善する働きがあるのです。

さらに、疲労物質である乳酸が筋肉組織に滞留するのを防ぎ、二日酔いのだるさも改善をします。

プラセンタ注射

他にも、近年では女性ホルモンの一種である「プラセンタ」を直接注射して、二日酔いの治療に利用する人が多くなっています。

プラセンタには、弱ってしまった胃腸の働きを改善する効果や、肝臓の細胞分裂を促進させて肝臓の免疫細胞を強化する働きがあります。

グルタチオン注射

さらに近年新たに注目を集めているものとしては、「グルタチオン注射」というものもあります。

このグルタチオンは肝臓の機能を活発化させる他、アルコールの分解の過程で生成される活性酸素を除去する効果もあり、アルコールによる害が身体に蓄積されるのを防ぐことも期待されています。

 

まとめ

死ぬほど辛い「二日酔い」が即効で解消する、奇跡の治し方11選

 

  • 胃の内容物を吐き出す
  • 水分を摂取する
  • 糖分を摂取する
  • 酸素を補給する
  • ツボを押す
  • 頭を冷やす
  • ぬるめの風呂に入る
  • 安静に過ごす
  • 薬を飲む
  • 注射を打つ

 
このように二日酔いの治し方にはさまざまなものがあります。

あなたの症状に合わせて、ぴったりな方法を試してみてください。死ぬほどつらかった二日酔いにも、効果が出るはずです。

ただし、二日酔いから回復しても覚えておきたいのは、アルコールやアセトアルデヒド、活性酸素などによるダメージは着実に身体に蓄積され、肝臓病やガンなどのリスクを引き上げていってしまいます。

なので、こうした対処法よりもさらに重要なことは、「何よりもお酒を飲みすぎないこと」だということをしっかりと認識しておくことが大切です。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします