忘れられない人との縁を再び引き寄せる「復縁メール」の三大ルール

忘れられない人との縁を再び引き寄せる「復縁メール」の三大ルール一度はお互いに心と身体を通い合わせた恋人同士でも、結ばれない恋もあります。恋人との別れを通して、本当の気持ちに気付く人も多いのではないでしょうか?

別れてしまった原因が自分にあっても、相手にあっても、時間がたつにつれて「もう一度会いたい!」「やりなおしたい!」「許してほしい!」

こんな切ない気持ちをかかえているあなたにとって、過去を過去のものとして気持ちを浄化するようになるまで、まだまだ時間はかかるかもしれません。しかしながら、男女の仲は決定的なものとして別れたように思えても、ちょっとしたきっかで最悪の状態から抜け出し、新しい扉を開くようなこともできるのです。

好きだった人との関係が終わっても、嫌われたくない、友達としてでもいいから関係を復活したいと願うとき、一番の効果的な“交信ツール”はメール(最近だとライン)です。

今回は、復縁メールを送る際の三大ルールをお伝えします。

 

忘れられない人との縁を再び引き寄せる「復縁メール」の三大ルール

スポンサーリンク

 

タイミングが最も大切!最初のメールはいつ?

別れてから、どのくらいのタイミングでメールしたらいいでしょうか?

別れたばかりなら、一週間後とか、三ヶ月してからとか、最初のメールを送るタイミングはドキドキしてしまうものです。

時間は後戻りする事はありません。あの時に戻って、起きたことをなかったことにする事は残念ながら不可能です。タイミングを考える時に一番有効なのは、「月をまたぐ事」です。

たとえば、6月中に別れた相手なら7月に入ってからメールします。その期間が3日であろうと30日であろうと、その月におきた事を同じ月に修復しようとしても、なかなかうまくいきません。

これは時の作用が環境や人の心に与える影響があるためですが、不思議な事に、月が変わると人の気持ちもそれまでとは違った心もようになります。

五月晴れの明るい中で喧嘩別れしたものの、6月の梅雨の時期になって心にぽっかりと空いた寂しさを感じたり、6月の梅雨の時期に別れてじめじめしていた心も、7月の夏の日差しで、明るさを取り戻しもう一度チャレンジする勇気を与えてくれたり、“どうしているだろう”と相手も思っているかもしれません。

別れてからすぐに連絡を取りたくなったら、翌月まで待ちましょう。

 

別れてから半年以上たつ場合

あなたが、もし別れてから半年以上たった元カレ(元カノ)を、どうしても忘れられないという場合、相手にはもしかしたら好きな人がいるかもしれないし、途絶えた時間が長くなればなるほど、切り出すには相当の勇気が必要となるでしょう。

その場合は、年を越えてメールを出しましょう。今年の事は今年のままにして、新年の挨拶という形で「明けましておめでとう。お互いに良い年になりますように」最初はこれだけで十分です。

もし、その間に、別れた人の誕生日がくるようなら、そのタイミングも有効活用しましょう。「お誕生日おめでとう」。メールの返信がなくても、“送った”“届いた”という事実が、復縁へのきっかけを作る第一歩になるはずです。

ただし、気をつけなければならないこともあります。それは、まるで別れたという事実がなかったかのようなメールです。もう関係のないと思っているかもしれない相手に、以前と同じような文面や絵文字はタブー。

「これくらいなら返事してもいいかな」と思われるような、明るくソフトなメールが大切です。

 

送る時間帯

さて、最後にメールを送る時間帯ですが、ランチタイム! がおすすめです。朝は多忙な時間帯ですし、夜は気持ちがネガティブになったり、おつきあいなどで一人ではなかったり、重く受け止められる可能性があります。

ランチタイムは受け取る方も、送る方も気分的に明るく楽になれるタイミングです。

 

1行が決め手!復縁メールのNG

相手に送る最初のメールは、ついつい自分の本心を知ってほしくて、相手の状況を考えずに突っ走ってしまい失敗しやすいものです。とくに“あの時”の事を説明したり、言い訳したり、後悔の気持ちや今の気持ちを伝えたくなります。

しかし、一度別れたという事実を無視したメールは、相手からの気持ちをより遠ざけてしまう結果にもなりかねません。“別れた”はずが“別れていない”という事にならないように、現実をもう一度再確認することが大切です。

あなたが別れを切り出された立場なら“しつこい”と思われるかもしれませんし、逆なら“自分勝手”と思われるかもしれません。別れた形がどうであれ、最初のメールは1行を心がけましょう。

「元気?」からスタートして、相手からの返信があったら、「返信してくれてありがとう」と、1行メールのラリーをしばらく続けていける事ができたら成功の糸口が見えてきた証拠です。

もし、メールをしても返事がなかった場合でも、返事があるまで待ちましょう。なくても3日したら、また1行メールを送りましょう。相手が重荷と取られないように明るく今どうしているかという事を意識した内容がポイントです。

そうして、時々メールが復活するようになったら、ようやく、“あの時“”あれから“の素直な気持ちを伝えるチャンスに恵まれるでしょう。

 

心を伝えるメール!過去からの脱却

相手からのメールの内容で、復縁の可能性があるのかないのか、その文面から感じ取れる事はたくさんあるでしょう。

もし、もう一度会ってもいいという意思表示を受けたら、会う前にどれだけ大切な人だったか別れてはじめてわかったこと、大切にしたい人だということを、素直な気持ちで伝えましょう。

このとき、過去の嫌な思い出を蒸し返したり、いつもケンカのきっかになっていたようなことはルール違反です。

一度、“別れた”という形で決着をしたのですから、ここからのメールは新しい二人の未来につながっていく“心を伝える”メールと意識して書きましょう。

 

待つことも有効

もし、あなたへの復縁の気持ちが、まったくゼロという意思表示を受け取っていた場合、それでも忘れられない想いがあるなら“待つ”という事も時には有効です。半年、1年待って、もう一度メールを出してみましょう。

ただ、この場合は相手に他に付き合っている人がいないという事が条件です。もし既にお付き合いしている人がいるなら、潔く決別の意思を固めましょう。あなたも相手も過去にしばられていては幸運はやってきません。

 

自分の心と向き合う

一方通行のあきらめきれない想いは、あなたの心を重く閉ざしたものにしてしまう危険もあります。忘れるという事と諦めるという事の違いは何でしょうか?

「復縁することはあきらめたけど、愛した人は忘れない」いうことなのか、「あなたを忘れられないから、復縁することをあきらめきれない」ということなのか、このあたりをきちんと理解していく必要があります。

これは感謝と未練の差からおきてくることですが、このあたりをごっちゃにせずに自分の心と向き合うことも大切な要素です。きっぱりと決別する事が、もしかしたら数年後に再会した時に、お互いを新しくスタートさせる試金石にもなるかもしれません。

一度、しっかりと距離を置く事で見えてくる未来に、意識を変えてみる勇気も持ちましょう。

 

まとめ

忘れられない人との縁を再び引き寄せる「復縁メール」の三大ルール

 

・タイミングが最も大切!最初のメールは、別れた翌月に。

・長いメールはNG! 復縁メールは1行からスタート

・心を伝えるメール!過去からの脱却

 

いかがでしたか?誰でも忘れられない大切な人と出会ったら、簡単にはあきらめられないものです。勇気を出してもう一度向き合うきっかけは、短いメールが有効的です。あきらめる前にチャレンジしてみましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします