ありとあらゆる手段で絶対に見つける「人探し」の方法

ありとあらゆる手段で絶対に見つける「人探し」の方法
今回はありとあらゆる手段を使って、対象を必ず見つけるための「人探し」の方法について詳しく解説していきます。

決して行方不明者を探し出すことが無理なわけではありません。その状況により、難易度の違いはありますが、世界のどこかにいる彼・彼女を見つけることは、できるでしょう。

そして何より、絶対に探せると思わずには、捜索を続けること自体も困難なものになるでしょう。

実は意外と自分できてしまう人探しの方法、さらには警察や探偵に頼むとどうなるか、といったことについてお伝えしていきます。

 

ありとあらゆる手段で絶対に見つける「人探し」の方法

スポンサーリンク

 

目次

1.自力で人探しをして見つける方法はこんなにたくさんある

2.警察に依頼する場合はどうなるのか?

3.探偵に依頼する場合はどうなるのか?

4.人探しが成功して見つかった後のアフターケア

5.人探しが成功して修羅場になった時の対処法とは?

6.まとめ

 

自力で人探しをして見つける方法はこんなにたくさんある

ありとあらゆる手段で絶対に見つける「人探し」の方法
現在はSNSも発達し、昔に比べると人の繋がりは広がっているといえるでしょう。それに伴い、昔の旧友と会う方法は容易なものになりました。

まずは、自力で人を探す場合のいろいろな方法を、簡単なものから紹介していきます。

Facebookで人探し!コツさえ知ればめちゃくちゃ見つかる

Facebookに登録している人は日本国内のみでざっと2,600万にもなるとされます。人を探す際にこの網羅性を活用しない手はないでしょう。

Facebookにも他の検索エンジン同様に検索窓があります。
ありとあらゆる手段で絶対に見つける「人探し」の方法

例えば、あなたが「山田裕也さん(仮)」を探していたとします。

その場合は、以下を検索窓に入力してみます。

「山田裕也」
「YAMADA YUYA」

または

『山田裕也の電話番号』
『山田裕也のメールアドレス』(メールアドレスを複数知っている時は、知っているもの全て入れてみましょう。)

このようにしていき、うまく行けば「山田裕也さん」の

・住所
・出身校
・交友関係
・職場

が見つかります。

もし上手に見つからない場合は、登録していないか、個人情報が非公開の設定になっている可能性があります。

非公開の設定になっている場合でも、友人には公開している場合があるので、「山田裕也さん(仮)」とつながりがある可能性の人物とコンタクトを取り、事情を話して協力をお願いしましょう。

過去の同級生や初恋の人、生き別れた家族、その他連絡がつかなくなってしまった知人・友人など、探してみると良いでしょう。

 

掲示板サイトは人探しの良きツール

人探し専用の掲示板サイトがあります。探す方も、探される方もリスクの高い方法です。

個人名をネットで晒すことになりますので注意が必要ですから、利用の際は最新の注意を払い、自己責任で利用しましょう。写真、個人名、ある人は電話番号まで掲載してある場合もあります。

緊急で手段を選んでいられない、何かしらのトラブルや被害の解決のため、といった場合は活用してみると問いでしょう。

注意しなければならないのは、いわゆるガセネタ、他人の気を引く面白半分のコメント、嘘なども含まれている点です。どれが信ぴょう性の高い情報かを見抜けなければなりません。

ただし、ガセネタがあったとしても、探す人にとってはありがたいものです。

真実味のある情報を選び地道に探していきましょう。

 

検索エンジンで人探しは、思わぬヒット!

探している方の名前を検索エンジンの検索窓に入力すると思わぬヒットの可能性もあります。

探している人の仕事の記録や、イベントや大会の出場記録などが、ネットに残っていることがあります。

先ほども紹介しましたが、SNS、FacebookやTwitter、Youtubeなど、実名を使い登録、利用していていれば、それも出てくることくることでしょう。

ヒットしましたら、ここで掲載されている内容、写真などでこの方の近況を類推することは可能となるでしょう。そこから、その方の居所をたどることも可能でしょう。

 

ビラ配りで人探しするならすぐに行動!

自ら探す方法として昔からあるのがビラを作成です。ビラのレイアウトを作り、印刷、街行く方に聞き周り、街の掲示板に掲示するというものです。人手と時間がかかるのがデメリットになりますが、行方不明者が近隣にいる可能性が高い場合、有効な手段となるのは間違いないでしょう。

人の記憶はすぐ薄れ去るものですので、探したいと思ったらすぐに行動に移しましょう。

近隣にいることが予想される場合は、素早くビラ探しを行えばきっと手がかりにたどり着けます。

 

行動パターンから心当たりある場所を探ろう!

家出や、認知症、何かしらの事故や事件に巻き込まれた可能性がある、といった場合に有効な方法です。

あなたがその人の行動パターンが読めるのであれば、時間を見つけてはその人の行きそうなところを張り込んでください。

例えば、出勤の際に必ず立ち寄るコンビニ、休日に訪れるスーパーやホームセンター等など。探す人が親しい人であればあるほど行動を把握しているはずです。

また、その人の言動の中からでも心当たりのある場所、思い当たる場所があるかもしれません。聞き込み調査も同時に行えば、よりいっそう手がかりが見つかる可能性が高いです。

 

聞き込みで人探しして、着実に前に進もう!

友人、親戚、会社の同僚、上司への聞き込みは有効です。特に勤務先を知っているのであればそこを辞職さえしていなければ、確認、聞き込みもしやすいでしょう。辞職したとしても、仲がよかった同僚には行き先を伝えている可能性だってあります。

思い当たるところをしらみつぶしに当たりましょう。

今は個人情報保護法も整備され、簡単には情報を聞き出せない時代になりましたが、切実な事情があるのでしたらその内容を率直に話してみましょう。思いは通じ、思わぬ進展につながるかもしれません。

また、探している人と別れてから、時間が相当経ってしまった場合、当時住んでいたと思われる場所を訪ねてみたり、聞き込みを繰り返してください。住んでいた街も時間が経てば様変わりしているのかもしれません。図書館にある資料室を活用して、街の移り変わりを確認しておきましょう。

相当根気のいる作業ですが、思わぬ噂が飛び込んでくるものです。もし不在ならば、手紙を添えるなどして、時を改めて尋ねるくらいの覚悟で挑んでください。こちらに根負けして、有力な情報が聞き取れる可能性だってあるのですから。


 

警察に依頼する場合はどうなるのか?

police
警察に頼みごとをする機会というのは一般市民であればほとんでなく、敷居が高く感じてしまうかもしれません。しかし、身内などの行方不明者で搜索しなければならないという時に、そんなことは言っていられませんよね。

警察が依頼を受けた時の2パターン

まず、警察に依頼するときに、行方不明者届を提出しなければいけません。その際、行方不明者は2種類のに分類されます。

一方は「事件性の無いと考えられる行方不明者」。

もう一方は「事件性の疑いがあると思われる特異行方不明者」です。

「事件性のないと考えられる行方不明者」はどのようなケースが想定されるのでしょうか?それは例えば「自発的に家を出ていった」などはこちらの行方不明者に該当します。実際、殆どの場合はこちらに該当し、分類されます。

もう一方の「事件性の疑いがあると思われる特異行方不明者」は未成年者やうつ患者、認知症などの方が突然いなくなった場合などが相当します。つまり、自分の意志で家出する理由がない人、命の危険性のある人たちがこちらに分類されます。こちらは捜査本部も用意され、警察の積極的な捜査が行われます。

警察も人数が有限ですから、全ての案件に対し、積極的に動く場合と動いてくれない場合があるのは、ある意味仕方のないことなのかもしれません。そうは言っても、探している身としてはどちらに分類されようが、積極的に捜索して欲しいものです。

 

届け出を出せる人

警察に人探しを依頼する場合、警察に届け出を出しますが、それをできる方は決まっています。

行方不明者に密接に関係のあった方でなければなりません。

原則として、家出人捜索願の申立てができるのは、保護者・配偶者・その他の親族・監護人などに限られています。

恋人、同居人、知人、といった場合は、行方不明者の家族と連携して届け出を出しましょう。

 

警察はどうやって人探しをするのか

警察への依頼はハードルが高いですが、事件性・緊急性が高く、人命に関わるといった場合は、力を発揮してくれるでしょう。

法律に則った形で、各種メディアとの連携も行われ、全国から情報が集まる可能性もあります。

また、携帯会社と連携して、ケータイのGPSや、電波塔からの通信を探知し、位置情報を人探しするなどの方法も可能とされます。
(位置情報は個人情報の保護の観点のため、確実ではありません。また、通信キャリア会社の裁量にもよります。)


 

探偵に依頼する場合はどうなるのか?

ありとあらゆる手段で絶対に見つける「人探し」の方法
探偵といえば多くの人にとって親しみを感じてしまう存在になっているのではと思うのです。それは最近、人探しの番組では必ず探偵事務所の方が大活躍しますし、テレビドラマで活躍する探偵はかなり親しみを感じる演者ばかりだったように思えます。

探偵に依頼するとどうなるのか

自力でも探しきれなかった。警察も捜査してくれない。そして最後にたどり着くのが探偵事務所ではないでしょうか?いわゆる最後の砦、かゆいところに手が届く人たちといったところでしょうか。

探偵に依頼すると、「警察が積極的に操作してくれなかった案件に対しても調査」してくれます。例えば、旧友、初恋の人、小学校の頃の先生等など。お金は掛かるかもしれませんが、その分確実性はUPするはずです。

また、探偵事務所は警察と違い、行方不明者と密接に関係のない方からの依頼でも積極的に依頼を受けてくれます。情報をきちんと集め整理し探偵事務所の門を叩いてみましょう。

 

良い探偵事務所の見分け方

まず、探偵事務所を開業する場合、国家公安委員会に届出をする義務があります。

そのため、国家公安委員会による「探偵業届出証明書」が事務所のわかりやすいところに掲示されているはずです。

最初にその証明書があるのか探すことから始めましょう。

 

探偵事務所の見積もりについて

また、実際に依頼する場合は見積書をまずは出してもらうことになるはずです。

見積書の話に及ばない場合は良い探偵事務所とは言えません。また、見積書はあってもその内容が大まかな内容の場合も多いかもしれません。しかし、中には「何人体制で行ったか」「機材費」「車両費」「調査時間」まで詳細な見積もりを提示してくれる探偵事務所もあります。

大まかな見積書では、調査終了後の支払い時に、水増し請求される可能性もあるので気をつけてください。

見積書に納得すると、最後に委任契約書と重要事項説明書の説明があります。

大事な項目は、以下です。

「調査期間」
「調査時間」
「調査員の人数」

きちんと確認し、疑問に思えば質問するといいでしょう。

 

探偵事務所で探したいときは!

今まで、極力、警察や自力で解決するにはどうすべきかを念頭に書かせていただきましたが、やはり無理があるようです。警察は事件性がないと積極的には捜索してくれませんし、自力では知識不足、時間不足、機材不足と何かと素人が人探しをするには不足しているものが存在するのです。

それに比べますと探偵はプロです。調査人員も確保しています。方法も熟知しています。時間も人探しのプロなので依頼人が納得するような結果がでるまでは協力を惜しまないでしょう。人探しのかゆいところに手が届くのがプロの探偵と言えるのではないでしょうか。

しかし、探偵の中にも事務所を開いたばかりで、まだまだ力不足が否めない事務所もあるでしょう。見積書も適当なものを提示してくるところもあるでしょう。素人ではどこの事務所が最適なのか見極め難しいものなのは紹介もさせていただきましたからお分かりいただけたはずです。

そこで確実に言えるひとつの見極め方法があります。それはテレビの行方不明者捜索番組に協力しているプロの探偵務所です。

テレビ番組を制作するにはお金がかかります。そのため、人探しを最も信頼できる探偵事務所に依頼するはずです。人探しに失敗してしまいますと下手をすれば、取材が全てパアになってしまいます。そんな無駄なことはテレビ局はしないはずです。テレビ局の方の目が超えているのです。

そのため、こちらの「原一探偵事務所」は紹介するに値する事務所だと思います。テレビへの協力回数も群を抜いて多く、信頼をテレビ局からも、そして、多くの視聴者からも得ていることでしょう。

代表作は「徳光和夫の感動再会!逢いたい」「「奇跡の扉 TVのチカラ」などです。皆様も見たことがあるのではないでしょうか?

40年を越す調査実績、8万件を解決に導いており、もっとも信頼でき、TVでもたびたび取り上げられています。


 

人探しが成功して見つかった後のアフターケア

ありとあらゆる手段で絶対に見つける「人探し」の方法
もしあなたが探偵を雇って人探しに成功した場合は、必要に応じて、弁護士の紹介、アドバイスも伺うことも可能です。しかし、そうでない場合は事前に何をすべきなのか情報を得ておく必要があるとおもいませんか?

認知症の方に有効なアフターケア

足腰の強いご高齢の認知症の方が誰にも声をかけずに外を徘徊し、迷子になるケースは後を立ちません。

日本は長寿社会になりお年寄りの人数も増えました。そして昔に比べてたくましくなった高齢者は、徘徊して行方不明になることは多くあります。

警察やご自分の尽力により、見つけることができたのであれば再発防止を図らなければなりません。

まずは「徘徊高齢者捜索事業」に登録することを強くオススメいたします。

登録すると、再び、徘徊し行方不明になったとしても、迅速に多くの事業サポーターの人たちが捜索に参加してくれます。事前にその行方不明者の氏名、写真、特徴、年齢など登録されてもいますので早期発見につながることが期待できるのです。

また、「小型のGPS」を貸し出している自治体もあり、メールでの捜索システムを構築してある自治体があります。まず一度、市町村の介護保険課や高齢・介護の窓口を訪ねてみましょう。携帯電話の通信キャリアにもそのようなシステムがありますので一度相談してみると良いでしょう。

 

事件・事故により行方不明になった時のアフターケア

事件・事故により、行方不明になっていた場合、特別な理由がない限り再会できます。

しかしながら、何かしらの事情で、その後のアフターケアが必要な場合があります。

そのようなときは、まずは色々な事例を知っている探偵や警察に相談して、アドバイスをもらうと良いでしょう。

長期的なアフターケア・解決に向けて、お医者さんや、弁護士、近い家族が協力して進めていくこと場合もあります。


 

人探しが成功して修羅場になった時の対処法とは?


人探しがひとまず成功したはいいが、その場が修羅場と化してしまう場合もあります。そうならないためにも対処法をわきまえておきましょう。

浮気・不倫の駆け落ちした者を見つけた場合の対処法

自分のパートナーの行方不明の原因が浮気・不倫の駆け落ちによるものだった場合、あなた次第ですが、パートナーとの離婚や慰謝料請求をすることに発展する原因にもなる可能性があります。

そのため、パートナー側の不貞行為を立証する証拠集めが必要になってきます。

あなたが悪いのではなく、駆け落ちした者が悪いと立証しなければなりません。まずは、浮気現場の写真を異なる日で3枚以上は取るようにするとよいでしょう。1度や2度の写真では不貞行為行為が認められない場合があるからです。

そして、駆け落ち相手の身元が分かるものも手に入れるべきでしょう。落ち着くのも難しいかもしれませんが、身分が分かる者を手に入れてください。探偵に頼んでいる場合この辺はお手の物でしょう。

あとは、あなた次第です。このまま離婚、慰謝料請求、水に流して、結婚生活を継続する、いろいろな選択があるはずです。こちらが証拠を握っているのですから、向こうは大きく出れないはずです。

 

被債権者を見つけた場合の対処法

ようやく努力が報われて逃げていた被債権者を探し出すことができたなら、後は冷静に対処しなければいけません。

怒りを抑えて、まずは逃げていた被債権者と共に今後の債権の支払いスケジュールを両者の合意のもと、作成しましょう。合意が成立したら債務名義の形式で「公正証書」にし、いつでも執行できるようにするのです。まずは裁判に比べると安価に収まる「調停証書」での債務名義を取得します。

しかし、債務者が任意での支払いに応じない時には結局、債務名義を裁判所で取得することになります。この時、被債権者が異議を申し立てたときには裁判に移行することになります。

今までの方法で債務名義が取得できない場合は裁判で判決をもらい、債務名義を取得することになります。時間もお金も係る方法となってはしまいますが、債務の存在を裏付ける十分な証拠が揃っているはずです。債務名義を取得できる期待は大きなものでしょう。

債務名義を取得したにも関わらずに、債務者が支払いに応じない場合もあります。そういった場合には債務名義を大いに活用すべき時です。債務者財産に強制執行をしてください。 ただし、債務者の財産の状況を十分に調査して置く必要があります。強制執行を行ったところで財産がなければ、ただの空振りになることもあります。

 

再会を拒まれるケース

生き別れた家族を探し出せた場合や、同級生、元恋人といった人が見つかった時、その人にしかわからない非常に大きな喜びがあるに違いありません。

しかし、ここでも注意は必要です。その方は別れてから何年も経っているのであれば、かつて思い描いていた人ではない可能性もあるのです。

それに、あなたは会いたいと思っていたとしても相手側も同じく会いたいと思っているとは限らないからです。

どのような性格の持ち主、評判か、また、どのような生業で暮らしているかは確認して十分注意をした後アプローチしてみてください。共通の友達を通してアプローチを試みたり、探偵などの第三者を雇って会うことが可能なのか確認してもらうのもいいでしょう。

 
参考までに探偵に依頼すると、アフターケアや、修羅場となった時までサポートしてくれるので、その意味でもオススメです。


 

まとめ

ありとあらゆる手段で絶対に見つける「人探し」の方法

 

自力で人探しをして見つける方法はこんなにたくさんある

・Facebookで人探し!コツさえ知ればめちゃくちゃ見つかる

・掲示板サイトは人探しの良きツール

・検索エンジンで人探しは、思わぬヒット!

・ビラ配りで人探しするならすぐに行動

・行動パターンから心当たりある場所を探ろう!

・聞き込みで人探しして、着実に前に進もう!

 
警察に依頼する場合はどうなるのか?

・警察が依頼を受けた時の2パターン

・届け出を出せる人

・警察はどうやって人探しをするのか

 
探偵に依頼する場合はどうなるのか?

・探偵に依頼するとどうなるのか

・良い探偵事務所の見分け方

・探偵事務所の見積もりについて

・探偵事務所で探したいときは!

人探しが成功して見つかった後のアフターケア

・認知症の方に有効なアフターケア

・事件・事故により行方不明になった時のアフターケア

 
人探しが成功して修羅場になった時の対処法とは?

・浮気・不倫の駆け落ちした者を見つけた場合の対処法

・被債権者を見つけた場合の対処法

・再会を拒まれるケース

今回は「人探し」の方法について解説しました。

実は意外と自分できてしまうこともありますし、他人の協力が必要となることもあります。

ただし最後は、あなた強い意志が、再会の決め手となるでしょう。

Dreamer編集チーム

Dreamer(goodluckjapan.com)はあなたの人生がよりプラスに働く。そんなメディアを目指しています。発行責任者についてはこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします