皮下脂肪の落とし方|お腹の脂肪を撃退するダイエット法12選

皮下脂肪の落とし方|お腹の脂肪を撃退するダイエット法12選皮下脂肪とは、哺乳類などの一部の動物にて、皮膚のすぐ下の層に発達する脂肪のことです。

皮下脂肪は比較的過酷な環境で生活する動物に多く蓄積され、そうした環境で命を守るためには欠かすことのできないものではありますが、その反面、現代人の生活においてはそれが過度に蓄積されやすいとも言われています。

そこでこの記事では、「皮下脂肪の落とし方」について具体的なダイエット方法をお伝えします。お腹の脂肪を撃退させて、スッキリとした体型を目指しましょう。

 

皮下脂肪の落とし方|お腹の脂肪を撃退するダイエット法12選

スポンサーリンク

 

日常生活に「カロリー」という概念を持ち込む

皮下脂肪は摂取カロリーの余剰分が蓄積されたものです。ですので、これを落とすためには、まずカロリーという概念を日常生活の中で意識するということが重要です。

人間は成人女性であれば1日に1700〜1800キロカロリー、男性であれば2000〜2200キロカロリーを必要としますが、これを上回った分が脂肪となります。

また、脂肪を1キログラム増やすためには7200キロカロリーが必要とされ、単純計算で1週間で1キロの脂肪を落とすのであれば一日あたり1000キロカロリーを余計に消費するか、摂取量を減らさなければなりません。

このように見ると「1週間で1キロ」のダイエットというのは、かなり過酷なものであるということが理解していただけると思います。

しかも、こうした短期間でのダイエットを行うということは、単に過酷なばかりか健康に害をもたらす可能性も低くはありません。

ですので、過剰なダイエットをしなくても良いよう、常日頃から摂取カロリーをしっかりと把握しておくということが重要なのです。

 

食べる物を見直す

皮下脂肪を落とすダイエットにおいては、やはり食生活の見直しが最も重要な方法となります。

ダイエットの方法としては食事の他に運動も挙げられますが、実際には運動は行った時間と比較してそれ程カロリーを消費することができず、また過度の運動は健康を害したり、さらに過食に繋がってしまうということもあります。

具体的な食生活の改善法としては、まず第一に糖質制限が挙げられます。

これはケトジェニックダイエットとも呼ばれ、糖質の摂取を制限することで脂肪を蓄積させる指令を出すインスリンの分泌を抑えるという方法です。

糖質制限は現在では多くの人々によって実践されているオーソドックスな方法となっておりますが、その一方で過度の糖質制限は、栄養素の偏りによってさまざまな健康リスクを高める可能性もありますので、くれぐれもやり過ぎには注意をしてください。

また、唐辛子や黒酢など、脂肪を減らす効果を持った食品を摂取するという方法もあります。

唐辛子に含まれるカプサイシンは代謝を活発化させ脂肪を積極的に消費するようにし、黒酢に含まれる酢酸は肝臓に働きかけ脂肪の吸収を抑えさせます。

一方で、皮下脂肪を落とす際には摂ってはならない食品も存在します。それはファーストフードやカップ麺、マーガリンなどに含まれているトランス脂肪酸や、酒などです。

特にお酒、その中でも特にビールは、それ自体が糖質の塊であるほか、アルコールによって肝臓の働きを弱め、脂肪が蓄積されやすい体質となってしまいます。

 

食べ方を見直す

食べる物ではなく物の食べ方を見直すというのも、皮下脂肪を落とすためには非常に重要です。

皮下脂肪を落としやすい食事習慣としては、朝食を多めに取る一方で、夕食を少なめにするという方法があります。

「朝食を多めに取る」というと、「脂肪が蓄積されやすくなるのではないか?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、実際には朝食にて摂取されたカロリーは一日の活動の中ですべて消費をされ尽くしてしまいます。

しかし、夕食時に摂取されたカロリーはその後夜間を通じて消費をされず、そのまま蓄積されやすいのです。

その他にはよく噛んでものを食べるということも、皮下脂肪を落とすためには重要となります。

噛むという行為はヒスタミンの分泌を促進させますが、このヒスタミンは脂肪内の神経を刺激し燃焼を促進させます。

また、噛むことは脳内の満腹中枢を刺激し、それによって過食を抑えるという効果もあるのです。

 

有酸素運動

皮下脂肪を落とすことにおいて、食事は運動よりも遥かに重要です。しかし、もちろん運動をすることもまた少なからず良い効果をもたらします。

皮下脂肪を落とすための運動としては、有酸素運動が有効となります。

有酸素運動においては、長い時間をかければかけるほど多くのカロリーを消費し、余計な脂肪を燃焼させるということが可能になります。

ですので、運動の内容としては、遅めのペースでのジョギングなどを、長い時間をかけて行うというのが良いでしょう。

逆に、短時間で激しい運動をしても皮下脂肪を減らす効果はあまり期待できません。

 

筋力トレーニング

有酸素運動と併せて筋力トレーニングを行うことも、皮下脂肪を落とすのに効果的です。

筋力トレーニングをすることで成長ホルモンの分泌を促し、そのホルモンが脂肪を分解するようになります。

また、筋肉量を増やすということで結果的に基礎代謝量を上げ、より太りにくい体質を手に入れるということも可能になります。

具体的な筋力トレーニングの方法としては、腹筋運動によって直接腹回りの脂肪に働きかけるというのが良いでしょう。

腹筋運動というと、一般的には伝統的な上半身を起こす「腹筋」をイメージされる方が多いと思われますが、近年ではSIXPAD(シックスパッド)など、電気の力を利用することよって筋肉を刺激し鍛えていくという器具も数多く市販されるようになりました。

 

マッサージ

マッサージによって脂肪を直接刺激し、燃焼を促すという方法です。

実際にはマッサージ自体に脂肪の燃焼効果があるというわけではないのですが、血液循環を活発化させ、代謝を向上させることで結果的に脂肪を落としやすくなります。

また、マッサージという方法は、脂肪の塊であるセルライトのある箇所に直接刺激を与えることができるというメリットもあります。

マッサージは入浴中に行うことでさらに効果を高めることが可能となります。

入浴によって温まった体は、血流が活発になっているので、その状態でお腹周りをマッサージすることで相乗効果が発揮することができるのです。

 

脂肪をつまむ

マッサージに近い方法ではあるのですが、指で皮下脂肪をつまむという方法もあります。

脂肪のある箇所をつまみ、引っ張ることによって、滞りがちであった血液やリンパ液の流れを正常化し、それによって脂肪の燃焼を促進するのです。

また、実際に脂肪をつまみ、その脂肪が固い場合は、老廃物が溜まってしまっていると言えるでしょう。

 

姿勢を正す

姿勢を正したり、骨盤矯正を行ったりすることによって皮下脂肪を付きにくくさせることができます。

猫背や足を開いて座るなど、重力に逆らわない「楽な姿勢」は筋肉を使用しないため、結果として脂肪が蓄積されやすくなります。

また、デスクワークや出産などによって骨盤が下がったり歪んだりすることによっても脂肪がつきやすくなってしまいます。

皮下脂肪を落とす際には、猫背を正し背筋を伸ばすということを心がけるようにしましょう。また、骨盤ベルトや整骨院などで骨盤調整をするというのも効果的です。

 

ストレスを無くす

一般的にストレスの多い人は脂肪が蓄積されやすいと言われています。なので、ストレスを減らしたり発散したりするということによっても、皮下脂肪を落とすことが期待できます。

何故ストレスによって脂肪が蓄積されてしまうのかというと、ストレスというのは元来「身体のSOS信号」であり、また脂肪の蓄積というのは「身体の非常時への備え」であるためです。

人間の脳はストレスの多い生活を「危険の多い状況」であると見なし、その危険に対処するため、防衛反応として脂肪を蓄積させる信号を全身に送るのです。

特に無理なダイエットをすることも、ストレスを蓄積させることに繋がり、痩せにくい体質を作り上げてしまいますので注意が必要です。

 

しっかりと睡眠をとる

しっかりとした睡眠をとることは脂肪を蓄積させにくい体質を作ることに繋がり、逆に睡眠不足は太りやすい体質を作ってしまうということも知られています。

睡眠は脳にとってホルモンバランスを整えるという役割を担っています。ホルモンバランスの正常な人は代謝も活発であり、その結果として脂肪を燃焼しやすい体質を維持することが可能となります。

その一方で睡眠不足はそうしたホルモンバランスを乱し、その結果として代謝を低下させてしまいます。

さらに、睡眠不足はストレスの元凶ともなるため、より脂肪が蓄積されやすい体質に繋がってしまうのです。

 

漢方薬を使う

数多くある漢方薬の中には、皮下脂肪を落とすのに効果を発揮するものも存在します。

皮下脂肪に効果的な漢方薬としては、代表的なものとして防風通聖散が挙げられます。

これは効能としては代謝を活発化させ脂肪の燃焼を促進するほか、発汗や利尿作用を持ち老廃物などを排出しやすくするということも期待できます。

 

手術を受ける

脂肪吸引などの外科手術によって皮下脂肪を取り除くという方法もあります。

外科手術によって脂肪を落とすメリットとしては、何といっても面倒な食事制限や運動などを行う必要が無いということが挙げられます。

また、「体の一部分のみ脂肪を落としたい」というような部分痩せに関しても自在にオーダーをするということが可能となります。

しかしその一方でデメリットとしては、第一に美容のための施術であるため保険が適用されず、高額な費用が必要となるということが挙げられます。

そして第二に、脂肪吸引は体にとって負担が大きく、痛みなどから回復するのに時間がかかるということも挙げられます。

新時代のダイエット法『脂肪吸引』の裏側が分かる8人の体験談

 

まとめ

皮下脂肪の落とし方|お腹の脂肪を撃退するダイエット法12選

 

・日常生活に「カロリー」という概念を持ち込む

・食べ物を見直す

・食べ方を見直す

・有酸素運動

・筋力トレーニング

・マッサージ

・脂肪をつまむ

・姿勢を正す

・ストレスを無くす

・しっかりと睡眠をとる

・漢方薬を使う

・手術を受ける

 

このように、皮下脂肪を落とす方法にはさまざまなものが存在します。

ぜひこの中から自分に合った方法を見つけ出し、実践をしていってみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします