大人になってもまだ伸びる!成人後から身長を伸ばす9つの方法

大人になってもまだ伸びる!成人後から身長を伸ばす9つの方法「せめて、あと5cm、高かったら……!!」

自分の身長について、そんな風に思ったことはないでしょうか?

身長が高ければ、洋服が格好良く着こなせたり、目線が上がって堂々とした立ち居振る舞いができたり……

と、いろいろなことが可能になるはずなのにと、悔しく感じている人もいるかもしれません。

一般的には、成長期が終われば身長の伸びはストップするとされています。

しかし実は、ちょっとした工夫を重ねることで、大人になってからも身長が伸びることがあるのです。

今から急に10cm伸ばすようなことは難しいとしても、たとえあと数cmだって、伸びたらうれしいですよね。

この記事では、そんな「大人が身長を伸ばすための方法」をご紹介します。

 

大人になってもまだ伸びる!成人後から身長を伸ばす9つの方法

スポンサーリンク

 

空腹&仰向けでぐっすり眠る

大人が身長を伸ばすためにもっとも重要なポイントとなるのが、「成長ホルモン」の分泌を活性化させることです。

成長ホルモンはその名の通り、体の成長に関わるホルモンで、体のさまざまな組織に働きかけ、骨の生成にも関わっています。

骨の生成メカニズム

骨は、骨を壊す「破骨細胞」と骨を作る「骨芽細胞」という2つの細胞が、破壊と生成を繰り返すことで、日々生まれ変わっています。

「成長期が終わったらもう骨は成長しない」と思いがちですが、骨自体は約3年で生まれ変わっているのです。

この骨の生まれ変わりに重要な影響を与えているのが、「成長ホルモン」です。

大人になってもまだ伸びる!成人後から身長を伸ばす9つの方法

「成長ホルモン」が働きかけると、まず「破骨細胞」が古い骨のカルシウムやコラーゲンを溶かします。

その後、「骨芽細胞」が骨の鉄筋にあたる「コラーゲン」を作り出し、その上に「タンパク質」を付着させます。

このタンパク質の上に「カルシウム」が重なって付着していくことで、骨ができあがるのです。

大人になっても「寝る子は育つ」

骨の生成メカニズムを知ると、最初のスタートの合図を出す「成長ホルモン」の重要性が分かります。

そこで、成長ホルモンをたくさん分泌させて骨を伸ばしたいところですが、「寝る子は育つ」というように、成長ホルモンは寝ている間に分泌されるのです。

特に、寝始めてから3時間の間に集中して分泌されるので、この3時間ぐっすり熟睡することが必要です。

このとき、胃の中に食べ物が残っていると、消化にエネルギーが取られて睡眠の質が下がります。

食事は寝る3時間前までに済ませておき、眠り始めるときには空腹の状態になっているように調整しましょう。

また、骨をまっすぐに成長させるためには、寝る姿勢は「仰向け」がベストです。両手両足を大の字に伸ばして、リラックスして眠りましょう。

 

縄跳びをする

「破骨細胞」と「骨芽細胞」の二つの細胞の働きで骨が生まれ変わっていることをお伝えしましたが、成長期の間は、骨と骨の間の軟骨部分に「骨端線(こったんせん)」というものが存在します。

大人になってもまだ伸びる!成人後から身長を伸ばす9つの方法

この骨端線の軟骨組織が増殖することで、骨が伸びていくのですが、骨端線は年齢とともに減っていきます。

一般的に骨端線は思春期が終わった頃に閉じていき、成人になると閉じてなくなるため、骨の伸びも止まり身長が伸びなくなるのです。しかも、一度閉じると、復活することはありません。

しかし、稀に20代になっても骨端線が残っている人がいます。その場合は、身長を伸ばすチャンスが残っています。

この骨端線に刺激を与えることのできるおすすめの動作は「ジャンプ」です。毎日、縄跳びをして、たくさんジャンプしましょう。

実際に、バレーボール、バスケットボールなどの「ジャンプ」が多いスポーツをやっていた人は、背が大きく伸びる傾向にあるのです。

 

猫背を治す

もう骨の長さ自体が伸びないとしても、まだ背が高くなる望みはあります。それは「骨の歪みを取る」ことです。

私たちは年齢を重ねるにつれて、少しずつ背が低くなっていきます。両親や祖父母が年老いて小さくなっていくのを目の当たりにしている人もいるでしょう。

その大きな原因の一つが「背骨が曲がっている」ことです。まっすぐな背骨と曲がっている背骨では、身長に大きな違いが出てしまうのです。

猫背矯正はつらい?

猫背を治すためには、「正しい姿勢」を身に付けてキープすることが必要なのですが、多くの人は「それがつらい」と感じていることでしょう。

本来は正しい姿勢のほうが、呼吸も動作も楽に行うことができるので心地良いはずなのです。

しかし、長年の猫背の姿勢に固くなった筋肉が適応してしまっているため、最初はそれに反発しながら姿勢を正すことが「つらい」と感じる原因です。

失敗しない猫背矯正のためには、まずは固くなった筋肉をほぐすところからスタートしてみましょう。

背中の筋肉を気持ち良くほぐす「ストレッチポール」

猫背の人が背中の筋肉を気持ち良くほぐすためには、「ストレッチポール」がおすすめです。

ストレッチポールは、約1m程度の高さがある円柱で、この上に仰向けに寝転び、背中でポールを転がすようにすると、背骨周辺の筋肉を一気に緩めることができます。

筋肉を緩めた上で、背骨を伸ばしあごを引いた正しい姿勢を取るようにすると、猫背が矯正されて身長を伸ばすことにつながります。

 

O脚を治す

猫背と同様に、O脚も背を低く見せてしまう骨の歪みです。

大人になってもまだ伸びる!成人後から身長を伸ばす9つの方法

O脚矯正することで、背が伸びることもあるので、O脚の人は矯正に取り組んでみましょう。

まずは、自分がO脚かどうか、次のチェックを行って確認してみてください。

O脚チェック

鏡の前に両足のかかとを付け、力まずに普段通り自然に立ちます。

太もも・膝・ふくらはぎ・内くるぶしの4箇所が付いているか、鏡を見て確認します。

大人になってもまだ伸びる!成人後から身長を伸ばす9つの方法

1箇所でも付かない箇所がある場合は、O脚の可能性があります。

O脚矯正は整体・サロンが確実

O脚は、自分一人で矯正するのは非常に難しく、間違ったケアをすると、逆にO脚を悪化させてしまうこともあります。

そのため、安心なのは、整体や美容サロンでプロの手を借りることです。

O脚の根本的な原因は骨盤の歪みにあるので、骨盤矯正ができるメニューの施術を選べば、O脚を効率的にケアできます。

もし自分で矯正を行うのであれば、普段の生活の中で、

  • 歩幅を大きくする
  • つま先を正面に向けて歩く

ことを意識してみてください。

大きな歩幅によって骨盤や股関節周りの筋肉が徐々に柔らかくなり、正しい歩行姿勢によって骨の形が整っていきます。

 

逆立ちをする

猫背矯正や骨盤矯正と並行して行いたいのが、「逆立ち」です。

逆立ちは、全身の骨格の歪みを調整しながら、あるべきところにしなやかな筋肉を付けることができる運動で、まっすぐな姿勢をキープするのに役立ちます。

また、逆立ちをすると内臓の位置が上がるなどの影響で、全身の血流も一気に良くなるので、新陳代謝も活性化します。

新陳代謝が活性化するということは、骨や筋肉の細胞分裂が盛んになり、成長ホルモンの分泌も活発化しているということです。

本来は、両腕で全身を支える逆立ちが最も効果的ですが、自信がない人は壁を使ったり、腰から上を下記のように上げたりするだけでも効果が見込めます。

大人になってもまだ伸びる!成人後から身長を伸ばす9つの方法

 

椅子をバランスボールに変える

生活の中で椅子に座っている時間が長い人は、椅子を「バランスボール」に変更すると、座っている間中骨格の歪み調整ができます。

バランスボールとは、体のバランスを整えたり、ストレッチしたり、筋肉を鍛えたりするために使う、エクササイズ用のボールです。

もともとはリハビリ用のツールとして開発されましたが、その効果が注目を集め、フィットネスクラブやスポーツジムでも使われるようになりました。

最近では、大手企業の中にもオフィスにバランスボールを導入する会社が増えていることも話題となっています。

バランスボールで重要なのは「サイズ」

バランスボールは空気を入れた大きなボールで、その上にバランスを取りながら乗ったり座ったりすることで、エクササイズができます。

このバランスボールで重要なのは、サイズの選び方です。バランスボールは小さなものは直径20cm程度、大きなものだと直径1mのものもあります。

サイズが小さければ小さいほどバランスを取るのが難しいので負荷も大きくなります。

そのため、日常の椅子代わりに使う場合は、座ったときに膝が90度になるサイズが適切です。目安として、下記を参考にしてください。

身長バランスボール直径
50cm45cm
160cm55cm
170cm65cm
180cm75cm

なお、バランスボールは購入した後、空気を入れて膨らますという作業があります。口から息を吹き込むととても大変なので、空気入れも一緒に購入しておくと安心です。

 

肉食になる

大人になってから不思議と急に身長が伸びたという人の体験談で多いのが、「肉食への変化」です。

特に、今まで炭水化物(ご飯、パン、ラーメン、パスタなど)中心の食生活で、タンパク質(肉、魚、卵、大豆)を積極的に食べてこなかった人は、顕著に効果が出る場合も多く見られます。

身長を伸ばしたい場合は、炭水化物の量を減らして、その分、徹底してお肉を食べてみましょう。

魚・卵・大豆でもタンパク質は摂取できるのですが、中でも「お肉」には背を伸ばすために一緒に摂取しておきたい「亜鉛」も含まれています。

「肉食」というと昔は体に悪そうなイメージがありましたが、最近は糖質制限の流行とともに、改めて肉食の持つパワーが見直されています。

お肉を中心に食べる食事方法としては、糖質制限の一種である「MEC(メック)食」が有名です。

MEC食とは、タンパク質が豊富に含まれる、

  • 肉(Meat)
  • 卵(Egg)
  • チーズ(Cheese)

中心の食事メニューで体質改善を目指すもので、それぞれの頭文字をとってMEC食と呼ばれています。

レシピに困ったときには、MEC食のレシピ本を参考にしてみましょう。

 

サプリメントを飲む

骨が形成されるときに必要な栄養素は、サプリメントで毎日コンスタントに補給しましょう。

コラーゲン

コラーゲンといえば「美肌」のイメージがありますが、実は骨にとってもコラーゲンは重要です。

骨を「鉄筋コンクリート」に例えると、それぞれの成分は次のような役割をしています。

  • コラーゲン:鉄骨
  • カルシウム:コンクリート
  • タンパク質:鉄骨にコンクリートを付ける接着剤

大人になってもまだ伸びる!成人後から身長を伸ばす9つの方法

実際に、美肌用のコラーゲンサプリの口コミの中には、「なぜか背が伸びた」という声が出てきます。

お肌のためだけでなく、骨のためにもコラーゲンを摂取しましょう。

カルシウム

前述の通り、骨を鉄筋コンクリートに例えたら、「コンクリート」にあたるのが「カルシウム」です。

「カルシウムを摂らないと背が伸びない」という話は、子どもの頃から耳にしたことのある人が多いでしょう。

「カルシウムといえば牛乳」というイメージがありますが、カルシウムの吸収を考えたとき、牛乳は必ずしも良い選択肢ではありません。

その理由として、牛乳には「リン」というカルシウムの吸収を阻害する成分も含まれているからです。

また、カルシウムは「ビタミンD」と「マグネシウム」も一緒に摂らないと吸収率が落ちるという問題があります。

カルシウム・マグネシウム・ビタミンDが、ベストなバランスで配合されているサプリメントを摂取しておくと安心です。

アルギニン

タンパク質・コラーゲン・カルシウムと、骨の材料が揃ったら、後は「成長ホルモン」によって、骨の生成の合図を送ることが必要なことは、記事の前半でお伝えした通りです。

そして、成長ホルモンを分泌させるためには、充分な睡眠が必要でした。

さらに、成長ホルモンの分泌をサポートしたいときに手助けとなるのが「アルギニン」です。

アルギニンは必須アミノ酸の一種で、成長ホルモンの分泌を促進する効果があります。

背を伸ばしたい、筋肉をつけたい、肌をキレイにしたいなど、成長ホルモンを分泌させたい多くの人に愛用されているサプリメントです。

亜鉛

成長ホルモンから各細胞に合図が送られて、「さあ、骨を生成しよう!」というときに必ず必要になる成分が「亜鉛」です。

細胞分裂の際には「酵素」の働きが必要になりますが、亜鉛は300種類以上もの酵素の働きを助ける「補酵素」として働きます。

そもそも、亜鉛がないと何もできない組織は、体の中にとても多く存在するのです。

身長を伸ばすためにはもちろん、健康にも美容にも大きな影響を与える成分ですから、毎日サプリメントで確実に摂取すると良いでしょう。

 

骨延長手術を受ける

最後に、「なにがなんでも身長を伸ばしたい!」という人に、究極の方法をご紹介します。

それは、骨を人為的に変形させて伸ばす「骨延長手術」です。

もともとは、病気などが原因で低身長になった人に対して行われていましたが、現代では美容整形手術の一環として、自由診療で誰でも行うことができます。

現在行われている骨延長手術の方法は、大きく分けてイリザロフ法とISKD法の二つに分けられます。

イリザロフ法

イリザロフ法では人為的に骨折をさせ、折れた骨と骨の隙間に固定器を取りつけます。

すると、骨が自然治癒をしていく過程でその隙間が埋められていき、骨が伸びるため身長も大きくなります。

イリザロフ法のメリットは、大幅に身長を伸ばすことができることです。

ただし、麻酔では抑えきれないほどの激痛に襲われるというデメリットもあります。

また、固定器を付けている間の生活が非常に不便になること、大きな傷跡が残ること、感染症リスクが低くないこと、さらに数百万円程度と手術代が高額であることを覚悟しなくてはなりません。

ISKD法

ISKD法は、骨の一部を切断し、その内部に遠隔操作で伸縮する棒状の器具を挿入して、その器具の力で骨を伸ばしていきます。

ISKD法のメリットは、イリザロフ法に比べて若干ですが痛みが小さく、器具を付けている間の生活も不便ではなく、傷跡も比較的小さいことです。

ただしデメリットとして、イリザロフ法に比べて身長の伸びが小さいこと、そして手術代はばらつきがあるものの、少なくとも数百万円程度が必要となります。

 

まとめ

大人になってもまだ伸びる!成人後から身長を伸ばす9つの方法

 

  • 空腹&仰向けでぐっすり眠る
  • 縄跳びをする
  • 猫背を治す
  • O脚を治す
  • 逆立ちをする
  • 椅子をバランスボールに変える
  • 肉食になる
  • サプリメントを飲む
  • 骨延長手術を受ける

 
大人になってから大幅に身長を伸ばすことは、実際には難しいものです。

しかし、諦めることなく努力を続けた結果、大人になってから背が伸びた人も実際にいます。

日々のちょっとの工夫を地道に続けていくことで、毎年の健康診断で新記録を樹立していくことも、夢ではありません。

ぜひ、今日できることから、試してみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします