3つだけで効果的!洗顔で簡単にぷるっと肌をきれいにする方法

3つだけで効果的!洗顔で簡単にぷるっと肌をきれいにする方法ぷるっと素敵できれいな美肌を保つことは、女性にとって永遠の課題といっても言過ではありません。

肌がきれいなだけで、気分も上向きになり、自信もどんどん湧いてきますよね。

もしも、洗顔だけで赤ちゃんのようなきれいな素肌になれたら、素敵だと思いませんか?

そんなあなたに少し気を付けるだけで、ビックリするくらい美肌に近づける、洗顔で「きれいな肌になる方法」を紹介します。

 

3つだけで効果的!洗顔で簡単にぷるっと肌をきれいにする方法

スポンサーリンク

 

「朝の洗顔」で綺麗な肌になる方法

朝に洗顔料は使わないほうが効果的!

俳優・歌手である福山雅治は『朝に顔を洗う時は、保護膜を壊さないために洗顔は使わずぬるま湯だけで洗う』と言っています。

朝に顔を洗うとき洗顔料を使う人が多いです。しかし、実際には朝は洗顔料を使わないほうがずっと効果的なのです。

確かに夜に顔を洗っているときにはメイクがまだ落せていなかったり、仕事帰りでたっぷり汗をかいていたりで随分と顔が汚れています。

そのため、顔を洗わずにいると、肌に負担がかかってしまうのです。

しかし、朝は夜ほど汚れてはいませんし、後述しますが、夜寝ている間に、肌には天然の保湿成分が生成されているのです。

なので洗顔料を使って顔を洗うとその成分まで一緒に流されてしまい、肌が乾燥しすぎて悪影響になってしまいかねません。

できるだけ洗顔料を使わずに水のみで洗顔を済ませるようにしましょう。

 

洗顔料を使いたい場合は、洗浄力を弱いものを

基本的には、朝と夜、1日2回の洗顔は肌に負担をかけてしまいます。

とはいっても、寝ている間に脂がのってしまったり、必要のない角質が溜まってしまっている人も中にはいますので、洗顔料を必要な人もいるでしょう。

そのような場合は、できる限り洗浄力を弱いものを使うようにしましょう。

 

「夜の洗顔」で綺麗な肌になる方法

夜に洗顔しないことは危険

夜に洗顔しないと、肌がドンドン老けていきます。

メイクがまだ落せていなかったり、たっぷりかいた汗、溜まった脂質は、寝ている間に酸化し、肌にダメージを与えます。

また、メイクや、汗、溜まった脂質は、菌の繁殖の原因となり、ニキビ悪化や肌荒れを引き起こしてしまうのです。

肌を老けさせたくない人は、夜に必ず洗顔をしましょう。

 

お風呂の最後に洗おう。体があったまって毛穴が開いたタイミングがベスト

夜の洗顔のタイミングは、お風呂の入浴後に行いましょう。体があったまって毛穴が開いたタイミングがベストだからです。

また、シャワーや、手で、顔をごしごしすることは避けましょう。あなたが考えている以上に、肌は大きなダメージをウケています。優しく洗顔する方法は、この記事の少し後でも解説しています。

 

しっかり寝よう。寝ることがもたらす美容効果

あなたはお肌に「ゴールデンタイム」があることを知っていますか?「ゴールデンタイム」は夜の22時から午前2時を示す時間帯で、またの名を「エンジェルタイム」といいます。

このゴールデンタイムは、一日のなかで一番成長ホルモンの分泌が盛んになっており、正しい「ターンオーバー」を引き起こします。ターンオーバーは、肌を生まれ変わらせてくれます。

また、この時間、肌は「セラミド」という保湿成分を分泌して、どんどん保湿が行ってくれているのです。

あなたが寝ている間体は肌を綺麗にしてくれる環境を作っているということなのです。

この環境が無くなってしまうと、乾燥肌になって過剰に肌の脂が分泌されてニキビになってしまったり、肌を守る力をなくして少しの刺激にも耐えきれず痛みを感じてしまうようになります。

そのようなことを避けるためには、この「ゴールデンタイム」に生成される肌の環境を壊さないように、ゴールデンタイムに、しっかり睡眠をとることが大切です。

 

肌をぷるっと綺麗にするベストな洗顔方法

洗うのは30秒がベスト

洗う時間が長すぎると、必要な成分まで流してしまう可能性があります。できるだけ短い時間で、しかしちゃんと汚れが落ちるように洗うということが必要なのです。

先ほど紹介したとおり、洗い過ぎがよくないということがわかりました。では一体いつまで洗顔を続けてよいのか、という問題になりますよね。

実は、洗顔は30秒程度で十分なのです。1分以上続けて洗っていても、せっかく優しく洗ったのに、その効果は顔をごしごし洗うのとそんなに変わりません。

「泡を顔に乗せる」それだけで泡に肌の汚れが吸収されていくのです。30秒を大きく超してしまうとこれもまた必要な成分が洗い流されて行ってしまいます。そのため、洗顔は「30秒」で終えてしまったほうが良いのです。

 

洗顔はぬるま湯で

洗顔に適した温度は32℃です。体温より低く、お風呂のお湯よりぬるめの温度が推奨です。手で触ってみたときに「ちょっと冷たいくらい」がベストの温度となります。

また、脂性肌(オイリー肌)の人は、28℃〜30℃くらいのさらに冷たい温度のお湯で、数回に分けて肌を洗うとよいでしょう。

肌の質による温度の違いをお伝えしておきます。

乾燥肌 : 26~28℃
脂性肌 : 26~28℃ ※ただし2〜3回ほど洗う
混合肌 : 28~32℃
普通肌 : 30~34℃

 

ごしごししない

肌を洗うときは、ごしごし洗ってはいけません。

ゴシゴシ擦ることで摩擦が生まれ、角質を傷つけ乾燥肌や敏感肌の原因になってしまうのです。

洗顔料を「手」で良く泡立てて使いましょう。手で直接ごしごしあらうのではなく、手で泡をそっと肌にあてて肌を洗えば、肌を傷つけないですみます。

 

正しい洗顔の順番

洗顔料を顔に付ける時は、

T字 → 頬 → 口・目

の順に洗ってあげましょう。黒ずみの危険のある鼻だけは、泡をそっと指でくるっと何回か撫でてあげながら洗うようにしましょう。

 

まとめ

3つだけで効果的!洗顔で簡単にぷるっと肌をきれいにする方法

 

「朝の洗顔」できれいな肌になる方法
・朝に洗顔料は使わないほうが効果的!
・洗顔料を使いたい場合は、洗浄力を弱いものを

「夜の洗顔」できれいな肌になる方法
・夜に洗顔しないことは危険
・お風呂の最後に洗おう。体があったまって毛穴が開いたタイミングがベスト
・しっかり寝よう。寝ることがもたらす美容効果

肌をぷるっと綺麗にするベストな洗顔方法
・洗顔は長すぎず短すぎず、基本的に「30秒」がベスト
・洗顔はぬるま湯で
・ごしごししないで洗顔料を泡立てる
・T字→頬→口・目の順に洗う

 
たかが洗顔と思いがちですが、間違ったやり方を続けてしまうと、その分しっかり肌に負担がかかってしまっています。今回ご紹介したのは少し気を付ければ簡単に実行できることばかりです。

「思い立ったが吉日」ということわざもあります。ぜひこの3つの方法を頭に留めながら今日から実践してみましょう!

あなたの肌を大切にするためにも、日々の心がけを怠らないようにしたいですね。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします