くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケアなかなか治らない「肌荒れ」は、とにかく心をダウンさせますよね。

肌荒れのせいで、人の目を敏感に気にしてしまったり、自分に自信が持てなくなることもあるでしょう。

また、合コンやデートなど異性との約束はもちろん、大切な仕事の商談などでも、相手に少しでも好印象を与えられるように、万全な肌状態で臨みたいですよね。

自分なりに肌荒れケアをしてきたものの、思うように改善が見込めていない人は、改めてこの記事で肌荒れの原因とその対策法を確認してみてください。

驚くほどスムーズに肌荒れが改善するかもしれません。

 

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

スポンサーリンク

 

原因(1)乾燥

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

肌荒れの原因としてまず考えられるのが「乾燥」です。

肌の一番表面には「バリア機能」があるのですが、バリア機能には、肌にとって「必要なもの」・「不要なもの」を見分ける門番的な役割があります。

このバリア機能が弱くなると、うるおいなどの肌に必要なものが流失したり、外的刺激により肌に害のあるものが侵入したりする原因になるのです。

ちなみに、バリア機能を構成している主な成分は、肌細胞の間に存在する細胞間脂質「セラミド」や、保湿成分である「天然保湿因子(NMF)」です。

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

これらの成分は、肌が乾燥すると量が減り、その分バリア機能が低下してしまいます。

そんな乾燥が原因の肌荒れの対策としては、とにかく「保湿」を重視しましょう。そのときも、まずキーワードとなるのが「セラミド」です。

「セラミド」による保湿がカギ

肌のうるおいをキープする役割は、

  • セラミドが80%
  • 天然保湿因子が18%
  • 皮脂が2%

を担っています。

乾燥をケアして、肌のバリア機能を回復させるために、いかにセラミドが重要かお分かりいただけるでしょう。

乾燥による肌荒れに悩んでいる人は、スキンケアに使う全ての基礎化粧品を「セラミド」が配合されているものに変えてください。

特に、洗顔後、肌に最初に塗る化粧水は、セラミド配合のものに変更しましょう。

洗顔直後は最も肌の乾燥が進行しやすいタイミングなので、時間を置かずにすぐにセラミド入りの化粧水を塗るのがポイントです。

毎日たっぷりとセラミドを補給することが、強いバリア機能の形成につながります。

関連記事:目指せ、うるおい肌!顔の乾燥対策でとっても有効なスキンケアまとめ

保湿力ナンバーワンは「オイル」

次に、化粧水の後に塗るアイテムについてです。

化粧水や乳液にも保湿力はありますが、それだけでは乾燥対策が追いついていない状態の肌にとって、頼るべきは「油分」です。

「オイルはベタつくから嫌」というイメージで敬遠している人もいますが、上手に使えばオイルは乾燥対策の素晴らしい味方となってくれます。

それもそのはず。最も保湿力が高いアイテムが「オイル」なのです。

オイルは、大量に付けすぎればベタつきの原因となるので、少量ずつ、オイルを薄くのばした手のひらで、顔全体を包み込み押さえるように使うのがコツです。

ギューッ、ギューッ、と包み込んだ両手で、肌の奥までオイルを浸透させるイメージでプレスすると、肌の内側からモチモチにうるおいます。

使うオイルの種類は、肌悩みに合わせて選びましょう。下記を参考にしてみてください。

  • 肌老化が気になる人→「アルガンオイル」
  • ニキビが気になる人→「スクワラン」
  • 美白したい人→「ローズヒップオイル」
  • 肌を柔らかくしたい人→「アーモンドオイル」
  • 敏感肌の人→「ホホバオイル」
  • 混合肌の人→「オリーブオイル」
  • 超乾燥肌の人→「馬油」

ちなみに、さまざまなオイルがブレンドされている美容オイルも販売されています。

どのオイルを選んだら良いのか分からない場合は、ブレンドオイルから試してみるのもおすすめです。

 

原因(2)合ってない化粧品

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

化粧品が原因で肌荒れしている場合は、原因となる化粧品の使用を中止することが一番の対策です。

肌荒れが起きた直前に使い始めた化粧品がないか、振り返ってみましょう。

また、使い慣れた化粧品であっても、肌質の変化とともに、ある日突然合わなくなってしまうことはあります。

化粧品を付けた後の自分の感覚を、丁寧に観察してみましょう。

  • 塗った後にムズムズとしたかゆみ
  • わずかにピリピリとした刺激

などを感じていませんか?それは、意識しなければ見逃してしまうほど小さな反応のケースもあるので、注意深く観察することが大切です。

「怪しいな」と感じる化粧品があれば、その使用を中止して様子を見ます。

そして、その化粧品の「全成分」を保管しておきましょう。全成分は、化粧品が入っていた箱やWEBサイトに掲載されています。

そのようにして、「自分に合わない化粧品のデータベース」を作っていくと、徐々に合わない化粧品の傾向が掴めてきます。

例えば、「アルコールが配合されているものは合わない」「パラベンが配合されているものは合わない」などです。

また、他の人にとっては良いとされる成分でも、自分には合わないケースもあるので注意しましょう。

 

原因(3)紫外線

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

紫外線は、肌の内部へと侵入し、肌へダメージを与えます。

通常、紫外線を浴びた肌は黒く日焼けするのですが、赤く炎症を起こしたり、プツプツとした湿疹のようなものが出たりすることがあります。

これは、紫外線アレルギーによる肌荒れの可能性が考えられるので、一度皮膚科を受診して、医師の診断を仰いでください。

その上で、日焼け止めや日傘、帽子などの紫外線カットを欠かさず行うようにしましょう。

また、日焼け止めの種類によっても、肌に合わずに肌荒れするケースがあるので注意が必要です。

特に、日焼け止め成分の一種である「紫外線吸収剤」は、肌荒れを起こしやすい人がいます。

できれば紫外線吸収剤の代わりに、「紫外線散乱剤」が配合されている日焼け止めがおすすめです。

  • 紫外線吸収剤フリー(不使用)
  • ノンケミカル処方

の表記がある日焼け止めは、紫外線吸収剤が配合されていません。これらの表記を目印にして日焼け止めを選びましょう。

 

原因(4)栄養不足

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

特定の栄養素が不足した場合にも肌荒れが起きます。

特に最近は、無理なダイエットで栄養失調状態に陥り、肌荒れを起こす人が増えています。

不足すると肌荒れを起こす栄養素には、次のようなものがあります。

タンパク質

タンパク質は肌細胞のもととなる栄養素です。タンパク質がなければ、健康な肌が作れなくなります。

タンパク質は肉・魚・卵・大豆に含まれます。

ビタミンA

ビタミンAは皮膚や粘膜を健康に保ったり、新しい皮膚をスムーズに形成したりする役割があります。

ビタミンAは、卵黄・うなぎ・ニンジン・カボチャに含まれます。

ビタミンB群

ビタミンB群は、口から摂取した栄養素を効率的に利用するために必要な栄養素です。

不足すると肌荒れや口内炎が起きやすくなります。

肉・魚・レバー・うなぎ・ナッツ類に多く含まれます。

亜鉛

亜鉛は皮膚の細胞分裂時になくてはならないミネラルです。亜鉛がないと肌の生成が行われません。

亜鉛は牡蠣・豚レバー・牛肉・カニに含まれます。

鉄分は体の隅々に酸素を運ぶために必要なミネラルです。

酸素がないと肌細胞は健康を維持出来ず、ニキビなどのトラブルが起きやすくなります。

鉄分はレバー・卵黄・しじみ・あさり・大豆に含まれます。

関連記事:肌荒れは食べ物で治る!ピカピカ美肌を実現させる11の栄養食材

 

原因(5)ストレス

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

強いストレスを感じたときに肌荒れを起こした経験がある人は、多いのではないでしょうか。

心と体は密接なつながりがあります。心のストレスは、実際に体内の働きに影響を及ぼし、その結果、肌荒れとなって現れるのです。

心のストレスが体内に影響を与える代表例としては、「女性ホルモンのバランスの崩れ」と「胃の不調」です。

女性ホルモンのバランスの崩れ

女性ホルモンはとても繊細で、ちょっとしたストレスによってバランスを崩します。

女性ホルモンには2つの種類があるのですが、

エストロゲン 肌のハリ感やうるおいをアップさせる美肌ホルモン
プロゲステロン 皮脂量を増加させて肌荒れの原因となりやすいホルモン

ストレスはエストロゲン減少させ、プロゲステロンを増加させるため、肌荒れが起きやすくなってしまうのです。

また、ストレスに加えて、「生理前」のタイミングもプロゲステロンが増えやすく、女性ホルモンのバランスが崩れやすい時期です。

女性ホルモンのバランスを整えるには、大豆を積極的に取り入れた食生活や、早寝早起きの生活習慣が手助けをしてくれます。

関連記事:女性ホルモンの増やし方!どんな高級美容液より効果がある11の方法

胃の不調

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

「嫌なことがあって胃がキリキリと痛む」「ストレスで胃潰瘍になる」など、胃とストレスの関係の深さは、ご存じの人も多いでしょう。

そして、胃と肌もまた深い関係にあります。

胃の消化機能が衰えると、しっかり食べているつもりでも必要な栄養素が肌に回っていかず、栄養不足の状態に陥ってしまうのです。

胃の調子を整えるためには、「腹8分目」を心掛けることと、「よく噛む」ことが大切です。

限度を超えて食べ続けると、ただでさえストレスで弱っている胃が消化不良を起こしてしまいます。

いつもより量を控えて、胃が時間をかけて消化しないで済むくらい、予めよく噛んだものだけを胃に送りましょう。

特に、食べ方を気にしていなかった人がこの工夫をするだけでも、肌荒れが改善することがあるので試してみてください。

 

原因(6)睡眠不足

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

実は、「睡眠中」には、女性ホルモンも含めた、さまざまなホルモンが集中して分泌されます。

例えば、熟睡できない日が続いたときや、徹夜明けの日に、肌がひどく荒れてしまった経験はないでしょうか?

それは、睡眠不足によって、健康な肌を作るために必要なホルモンの分泌がスムーズに行えなくなり、肌に影響が出てしまっているのです。

そんな睡眠中に多く分泌されるホルモンの中で、女性ホルモンと並んで肌に影響を与えているのが「成長ホルモン」です。

成長ホルモンは、ダメージを受けた肌を修復したり、新しい肌を作ったりする指令を出すホルモンなので、成長ホルモンが分泌されないと、健康な肌を維持することはできません。

たっぷりとよく眠って目覚めた朝に肌がピチピチと元気な感じがするのは、成長ホルモンが分泌されて、肌の再生や生成が順調に行われたからです。

肌荒れを起こしてしまったときこそ、十分な睡眠時間を確保して、肌が回復するようにサポートしましょう。

関連記事:熟睡できない人必見!良質な睡眠で朝までぐっすり眠る16の方法

 

原因(7)便秘

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

「便秘のときに肌荒れした」という人は多いのではないでしょうか?便秘による肌荒れは、あごや口の周りにひどく出ることが多いです。

便秘になると、腸の中に老廃物が溜まってしまい、有害物質が体内に蓄積していきます。

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

すると、体は皮膚から有害物質を排出しようと試みます。腸から有害物質を再吸収して血液中に送り出し、毛穴から汗や皮脂として排出するのです。

このときに、肌から排出された有害物質が原因で、肌荒れがひどくなりやすくなります。

そんな便秘を治すために必要なことは、「腸内の善玉菌を増やす」ことです。善玉菌を増やすために、次のことを実行しましょう。

善玉菌を食べる

腸内で善玉菌として活躍するのは、ヨーグルトやキムチ、ぬか漬けなどに含まれる「乳酸菌」や、納豆に含まれる「納豆菌」です。

菌を意識して体に取り入れる「菌活」という健康法が流行しましたが、まさに「菌活」を行ってください。

良い菌が含まれる食べ物を、どんどん食べましょう。

善玉菌のエサを食べる

善玉菌を育てるために、善玉菌のエサとなるものを食べましょう。食物繊維やオリゴ糖がそれにあたります。

食物繊維は、野菜・果物を豊富に食べることでカバーできます。オリゴ糖は大豆やハチミツに含まれますので、積極的に食べましょう。

関連記事:「ドサッ」と出た!しぶとい便秘をスッキリ爽快に解消する18の方法

 

原因(8)肝臓の不調

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

ストレスによる胃の不調や、便秘による腸内環境の悪化以外にも、内臓の調子が悪いことが原因で肌荒れが起きることがあります。

中でも顕著なのが「肝臓」の不調です。肝臓はたくさんの役割を担っていますが、その一つが体内の毒素を解毒することです。

しかし、肝臓の調子が悪くなって解毒が十分に行えなくなると、今度は、なんとかしてその毒素を体の外へと排出しようとします。

その出口の一つが、「皮膚」なのです。そして、肌から出てきた毒素が、肌荒れを引き起こします。

肌の色は重要なバロメーター

肝臓は、お酒の飲み過ぎや、解毒する必要がある食べ物(食品添加物の多いジャンクフードなど)の食べ過ぎが続くと、オーバーワークとなって調子を崩します。

肝臓を労るためには、お酒を控えて体にやさしい野菜を中心とした食事を摂るように心掛けてください。

なお、肝臓は「沈黙の臓器」とも言われ、肝臓の病気が進行していてもなかなか自覚症状が得られないことが知られています。

そのため、肌の状態は、肝臓の状態を示す重要なバロメーターでもあるのです。

特に、肌荒れとともに「肌の色が黄色くくすむ」という症状がある場合は、一度受診して医師の診断を仰いでください。

 

原因(9)季節の変わり目

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

最後に、「季節の変わり目」に肌荒れが起きるケースがあります。

特に、夏が終わって秋冬へと変わっていく9〜10月頃の時期と、冬が終わって春夏へ変わっていく3〜4月頃の時期に肌荒れを経験する人が多く見られます。

これは、外的環境の変化に肌が付いていけず、肌の調整がうまくいできてないことが原因です。

例えば、夏の高温で蒸した気候から急激に温度も室温も下がる秋に突入すると、肌は秋の気温や湿度に対応できず、その結果肌荒れとなって出てしまうのです。

季節が変わる前に肌を慣らす工夫を

季節の変わり目の肌荒れを防ぐためには、季節の変わり始めから部屋の環境を整えて、なるべく急激な変化を肌に経験させないように工夫をしてみてください。

例えば、冬へ向かっていく時期の場合は、早い時期から少しずつ加湿器や暖房を使い始めて肌を慣らしていきます。

逆に夏へ向かっていく時期の場合は、急に強い紫外線を浴びて肌が驚くことのないように、日焼け対策を万全にしましょう。

また、季節の変わり目の外的環境の影響を強く受けないためには、バリア機能を強化しておくと安心です。

季節の変わり目の少し前から、「原因(1)乾燥」の章でご紹介した方法で、セラミドと肌のうるおいを補給して準備をしておくようにしましょう。

 

まとめ

くり返す「肌荒れ」9つの原因と、ツルツル美肌になる秘密のケア

 

  • 乾燥
  • 合ってない化粧品
  • 紫外線
  • 栄養不足
  • ストレス
  • 睡眠不足
  • 便秘
  • 肝臓の不調
  • 季節の変わり目

 

肌荒れは一度癖になるとくり返しやすいのですが、逆にどういうときに肌荒れするかを把握できれば、対策しやすいとも言えます。

あなたの肌荒れの原因はどこにあるのか探った上で、適切な対策を取ってみてください。

今まで悩まされていた肌荒れと、スッキリお別れできる日も近いはずです。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導き出される秘密の『幸せのスピリチュアル鑑定』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

2017年!恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします