ガンダムの名言・格言、究極の100選!懐かしくも胸が熱くなる

ガンダムの名言・格言|究極の100選!懐かしくも胸が熱くなる
ガンダム、放送開始から30年近くも経つのに未だ飽きることない傑作です。

ガンダムは、これまでのアニメにはない、人に焦点を当てたアニメです。単なるロボットアニメではなく、人を描いています。戦争なので、極悪人はほぼいません。だから、敵を倒して、わーい、と喜ぶことはほぼありません。そんなところがリアルなんです。

今回は、ガンダムの原点であるファーストガンダムから、懐かしくも胸が熱くなる、厳選した究極の100の名言についてお伝えしていきます。

 

ガンダムの名言・格言|究極の100選!懐かしくも胸が熱くなる

スポンサーリンク

〜目次〜
いきなり特別編

日常のどこでも使える、ガンダムの名言・セリフ集

 
豪華本編

あのシャアの名言 ベスト10

シャアを皆が讃える名言 ベスト10

アムロのワガママさが分かる名言 ベスト10

アムロの成長が分かる名言 ベスト10

死に様や悲劇の名言 ベスト10

重要人物たちの絶対はずせない名言 ベスト10

THEガンダムの演説やナレーション集 ベスト5

子供には決して分からない深い名言 ベスト5

ガンダムが革新的だったとわかる名言 ベスト10

悪意の裏切り名言集 ベスト10

ガンダムの名言 総合ランキング ベスト10

 

【いきなり特別編】
日常のどこでも使える、ガンダムの名言・セリフ集

ガンダムの世界に浸るには、日ごろの会話に盛り込むのが一番。変な目でみられることは気にせず、チャレンジしましょう。
君は生き残ることができるか?

 

ショッピング

自動車メーカー○○のディーラーへ行ったとき

店舗に入って、営業さんが来たらこう言いましょう

「見せてもらおうか、○○の車の性能とやらを」
シャア・アズナブル

営業さんはきっとこう言うでしょう。

「△△とは違うのだよ、△△とは」
ランバ・ラル

購入を決めた後、営業の××さんへの激励も含めて、こう言おう。

「見事だな。しかし××、自分の力で売ったのではないぞ。
その自動車の性能のおかげだという事を忘れるな」
ランバ・ラル

 

家電量販店に行ったとき

家電量販店で、好みの扇風機が見つかった時。

「この風、この肌触りこそ扇風機よ」
ランバ・ラル

パソコンコーナーでのひとりごと。

「僕がパソコンを一番うまく使えるんだ」
アムロ・レイ

 

勤務先編

仕事で失敗して怒られた、男子

「認めたくないものだな、若さゆえの過ちとゆうやつを」
シャア・アズナブル

※これは20代までの方限定です。
 

仕事で失敗して怒られた、女子

「腹が立つのなら罰してくださっても結構よ」
セイラ・マス

※偉そうに言おう。
 

かなり重大な失敗をした時

「社員の定めがどういうものか、よく見ておくのだな」
ランバ・ラル

こう言って、辞表を提出してください。
 

高学歴の新入社員が部下となったとき

「学歴の違いが、戦力の決定的な差ではないことを教えてやる」

これを言う時点で、すでに負けていますね。
 

横暴な社長の息子が、同僚だった場合

会社に大損失となる失敗をしたあと、電話で伝えます。

「聞こえていたら君の生まれの不幸を呪うがいい」
「君はいい同僚であったが、君の父上がいけないのだよ」

と言って笑ってあげましょう。
 

社長に気にいられたい人事部長の場合

「せっかく減った従業員です。
これ以上増やさずに優良な従業員だけを残す。
それ以外に会社の永遠の繁栄は望めません。」
ギレン・ザビ

 

部下に仕事の手本を見せるとき

「よく見ておくのだな。
実戦というのはドラマのように格好のよいものではない」
シャア・アズナブル

これで、部下の信頼は厚くなります。
 

日常編

友達とゲームをしているとき

友達に負けそうなとき、こう言います。

「貴様ごときに、やらせはせん、やらせはせんぞ~」
ドズル・ザビ

あなたの鬼神のような叫びで、逆転勝利があるかも。
 

友達○○くんとゲーム中に、ワナにはめられたとき

「○○、謀ったな○○」
ガルマ・ザビ

 

そして、負ける寸前の、あなた△△は

「△△に栄光あれ~」
ガルマ・ザビ

 

迷路に入って、ようやく出口を見つけたとき

「ごめんよ、まだ僕には帰れる所があるんだ。こんな嬉しいことはない」
アムロ・レイ

感動ですね。
 

風邪をひいたとき

どうしたの?と聞かれたら

「マスクをしている訳がわかるな?私は風邪をひいたのだよ」
シャア・アズナブル

 

学校編

おとなしくて、なかなか挙手できないあなたに

「当たらなければどうということはない」
シャア・アズナブル

 

もしいきなりあてられたらこう言いましょう。

「一撃で撃破か。
なんということだ、あのモビルスーツは戦艦並のビーム砲を持っているのか」
シャア・アズナブル

 

男女関係編

彼女○○が浮気をしている現場に遭遇したら

「○○、奴とのざれごとはやめろ」
シャア・アズナブル

 

彼女の浮気の疑いが現実となったとき

「見えるぞ、私にも敵が見える」
シャア・アズナブル

 

はっきりしない彼氏には、こう言ってください

「それでも男ですか、軟弱者」
セイラ・マス

 

年下の彼氏と別れるとき

「ほんと、好きだったよ、坊や」
ハモン

 
 

 

【豪華本編】

それでは豪華本編のはじまりです。

〜目次〜
いきなり特別編

日常のどこでも使える、ガンダムの名言・セリフ集

豪華本編

あのシャアの名言 ベスト10

シャアを皆が讃える名言 ベスト10

アムロのワガママさが分かる名言 ベスト10

アムロの成長が分かる名言 ベスト10

死に様や悲劇の名言 ベスト10

重要人物たちの絶対はずせない名言 ベスト10

THEガンダムの演説やナレーション集 ベスト5

子供には決して分からない深い名言 ベスト5

ガンダムが革新的だったとわかる名言 ベスト10

悪意の裏切り名言集 ベスト10

ガンダムの名言 総合ランキング ベスト10

 

あのシャアの名言 ベスト10

ガンダムはシャアぬきでは語れません。しびれるシャアの名言をお楽しみください。

1位

「戦いとは、いつも二手三手先を考えて行うものだ。」
シャア・アズナブル

先読みのシャア。補給品がないと戦えないと思っていたら、次の作戦をもうたてている。
 
2位

「ええい、連邦軍のモビルスーツは化け物か?」
シャア・アズナブル

ガンダムとの2度目の戦闘で、前回のことも踏まえて臨んだものの、ものともしないガンダムに思わず言っちゃいます。
 
3位

「当たらなければどうということはない」
シャア・アズナブル

そういわれても、クラウンは普通のパイロットです。赤い彗星のようなわけにはいきません。
 
4位

『ガルマ、私の手向けだ。姉上と仲良く暮らすがいい』
シャア・アズナブル

親友だったはずのガルマを罠にかけ、死なせてしまったことへの反省も込めて。あの世へ送り出すことが、手向けになるのでしょうか。
 
5位

「私もよくよく運のない男だな」
シャア・アズナブル

連邦軍の最高機密の情報をつかんだのです。運がないわけはありません。
 
6位

「冗談ではない」
シャア・アズナブル

ウッディ大尉のホバークラフトが、シャアのズゴックの前にでてきます。

いくらなんでも相手は赤い彗星です。冗談じゃないですね。
 
7位

「いざとなると恐いものです、手の震えが止まりません。」
シャア・アズナブル

キシリアに正体を知られたことを知ったシャアはこう言いました。

でも、本当に震えていたのでしょうか?

シャアのことです。そうなってもいいように準備はしていたはずです。
 
8位

「見えるぞ、私にも敵が見える」
シャア・アズナブル

ララァを失い、アムロとの力量差を体感しての、シャアの情けないひとことです。でも、がんばるります。
 
9位

「ララァ、奴とのざれごとはやめろ」
シャア・アズナブル

ララァはアムロと心を通わせてしまい、シャアはそれを妨害します。今ではララァの足手まといとなり、この後自分の盾となり、死なせてしまいます。
 
10位

「それ見たことか。付け焼刃に何ができるというか」
シャア・アズナブル

モビルスーツ・ギャンに乗りガンダムに挑む無謀なマ・クベ。

シャアは、そんなマ・クベを援護しますが、断られます。案の定、というところです。
 
 

シャアを皆が讃える名言 ベスト10

赤い彗星のシャア。
周りから見たらどんなだったのか。そんな名言をご覧ください。

1位

「シャアだ、赤い彗星だ」
パオロ艦長

通常の3倍のスピードで迫るモビルスーツ。パオロ艦長はすぐに誰なのか理解し、そして叫びます。
「逃げろ!」
 
2位

「シャア少佐だって、戦場の戦いで勝って出世したんだ」
ジーン

いくら士官学校を卒業したからといって、それだけではない。

そんなシャアのように、出世したいんです。でも、凡人にはどうでしょう。
 
3位

「シャアが見てるんだぞ、シャアが」
コンスコン

シャアの無能さを証明するようドズルに言われてきたのに…。

赤い彗星のシャアでも沈めることのできなかったホワイトベースです。

しかも、アムロはニュータイプとして覚醒しちゃいました。相手が悪いです。
 
4位

「もう一度シャアの攻撃を受けて、守りきれます?」
ミライ・ヤシマ

シャアへの先制攻撃の好機。躊躇するブライトに、ミライさんはズバリ聞いてしまいます。
 
5位

「シャアは戦術にすぐれた男です。我々はシャアにはめられたんです」
ブライト・ノア

大気圏突入直前にシャアの攻撃をうけたホワイトベース。何とかしのいだものの、シャアの思惑通り、ジオンの勢力下に誘導されてしまいます。
 
6位

「一機のザクは通常の三倍のスピードで接近します」
マーカー

ホワイトベースに接近する敵影。三倍のスピードでやってくるザク。

赤い彗星のシャア専用、赤いザク。士官用のザクは、量産型とは違いますが、さらに手を加えてあるのでしょうか。
 
7位

「間違いない。奴だ、奴が来たんだ」
マーカー

しばらく見ていなかった赤いモビルスーツが、アムロの目の前に。赤いズゴック。そう、シャアです。
 
8位

「ルウム戦役で5隻の戦艦がシャア一人の為に撃破された。」
パオロ

艦長もともと、スペースコロニーの建設用に開発されたモビルスーツ。

それで戦艦5隻を沈めるなんて。さすがは赤い彗星です。
 
9位

「さすが、赤い彗星のシャアだな」
ドズル

作戦成功を祝うつもりでいて帰ってこないシャアに怒るが、V作戦をキャッチしたことを知るとこういった。
 
10位

「シャア、あのモビルスーツを敵によくも二日間も追撃できたものだな」
ガルマ・ザビ

ガンダムの性能を解析したデータを見て驚くガルマ。それと同時に、そのガンダムと渡り合ってきたシャアに驚く。

シャアはここまで、8機のザクを失っています。
 
 

アムロのワガママさが分かる名言 ベスト10

ワガママで有名な主人公アムロはまだ15歳。戦争に巻き込まれたのは夏です。高校受験を控えた子供ですから、おおめに見てやってもよいかもしれません。

1位

「戦いが終わったらぐっすり眠れるっていう保証があるんですか?」
アムロ・レイ

サイド7を出てから、シャアとガルマの執拗な追撃に、すっかり疲れてしまったアムロ。
不眠症に悩まされる少年。大人だったら酒を飲んで寝られるんですけどね。
 
2位

「ブライトさんとミライさんが僕は不必要だって言うんだ。」
アムロ・レイ

ブライトさんの命令を守らず、ガンダムではなく、勝手にガンタンクで出撃したり、ちょっと勝手なことをします。

そんなアムロを、ガンダムから降ろすというブライトさん。偶然聞いてしまったからさあ大変。

ガンダムに乗って家出です。ん? 船出 ?
 
3位

「殴られもせずに一人前になった奴がどこにいるものか」
ブライト・ノア

敵の攻撃をうけても出撃しようとしないアムロを、ブライトさんはビンタします。しかも2回も…。今なら体罰ですよ。
 
4位

「もうやらないからな。誰が二度とガンダムなんかに乗ってやるものか」
アムロ・レイ

ブライトさんにビンタを食らい、あやまるどころか、すねてしまいます。

「いいかげんにしなさいよ」

同い年のフラウ・ボウにも言われてしまいます。この後しっかり出撃しました。
 
5位

「そうでなくたって僕はしょっちゅう戦わされてんだ、嫌ですよ」
アムロ・レイ

パトロールに出るよう命令されるアムロは、それを拒みます。まあ、パトロールくらいは他の人に頼んでもよかったかもしれません。
 
6位

「殴ってなぜ悪いか。貴様はいい、そうしてわめいていれば気分も晴れるんだからな」
ブライト・ノア

出撃を拒むアムロに1回目のビンタをくらわしたブライトのセリフです。よくはないですが、ブライトさんもそれだけアムロを頼りにしている証拠です。
 
7位

「甘ったれるな。ガンダムを任されたからには貴様はパイロットなのだ。この船を守る義務がある」
ブライト・ノア

憎んでくれていいよ、と言いながら、ブライトはアムロにこう伝えます。
 
8位

「フラウ・ボゥならわかってくれると思ってたけど」
アムロ・レイ

出撃したくない、戦いたくない、そんな気持ちをフラウ・ボウならわかってくれるだろうと。でも、みんな覚悟を決めたのよって言われてしまう。
 
9位

「また逃げる気? 本当はみんなに自分を認めてもらうだけの自信が無いんでしょう? だから帰れないのね!」
フラウ・ボウ

ホワイトベースを脱走したアムロをむかえに来たフラウは、なかなか帰ろうとしないアムロにこう言った。その通りです。返す言葉はありません。
 
10位

「うるさいなあ」
アムロ・レイ

食事もろくにとらないアムロを、心配するフラウに対して、そんな言い方ないでしょ。
でも、反抗期だからね。後でちゃんとあやまりました。
 
 

アムロの成長が分かる名言 ベスト10

わがままばかり言っていられない。さあ、アムロの逆襲が始まる。

1位

「僕はあの人に勝ちたい」
アムロ・レイ

ランバ・ラルのグフをなんとか倒したアムロ。しかし、それはガンダムの性能によるところが大きい。

実際に会話までした敵に、戦士として、男としての大きさ感じ、ひとつの目標を手に入れます。アムロ自身のターニングポイントとなる出会いですね。
 
2位

「そうですよ…。それしかないんですよー」
アムロ・レイ

ランバ・ラルの弔い合戦を挑むハモンに、絶体絶命の窮地に追い込まれたアムロ。それを救ったのはリュウの体当たりでした。自分を助けるために命を落としたリュウ。

わがまま、独りよがりだったアムロには、衝撃的すぎる出来事です。ジオンを倒し戦争を終わらせることが、リュウへの供養になるのだと誓いをたてます。
 
3位

「まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ」
アムロ・レイ

シャアのジオングとの戦いで、左腕と頭部をなくすガンダム。
でも、そんなこと言っていられない。
シャアを倒し、その先の真の目標、ザビ家を倒し戦争を終わらせる。その強い意志がうかがえます。
 
4位

「今の僕になら本当の敵を倒せるかもしれないはずだ」
アムロ・レイ

ニュータイプの能力を、いまこそ発揮し、この戦争の根源を断つ。それがニュータイプとして覚醒したアムロの使命です。
 
5位

「そうだな。どうすればいい?」
アムロ・レイ

「殺しあうのがニュータイプじゃないでしょ」とシャアとの戦いを終え、死を覚悟したアムロに語りかけるララァ。戦いに勝つこと以上に大切なもの。仲間を助けるためにその能力を使います。

そう、ジオン・ズム・ダイクンの提唱したニュータイプとは、戦いの道具ではありません。より分かりあえる人のことなのだから。
 
6位

「嘘ですよ。ニュータイプになって未来の事がわかれば苦労しません」
アムロ・レイ

ア・バオア・クーへの作戦開始前、ホワイトベースの仲間に、「作戦は成功します」と、ニュータイプとしての言葉を残し、安心感を与えます。
ニュータイプはエスパーではありません。未来のことなんてわかりません。大人アムロの優しさですね。
 
7位

「あなたみたいな方のおかげで何十人となく無駄死にをしていった人がいるんです」
アムロ・レイ

エルランがジオンのスパイだと突き止めたアムロ。「あなたにも事情があるとおっしゃりたいんでしょ。けれど違いますよ。」

リュウやマチルダを失い、怒りをぶつけます。少なくとも、マチルダの補給部隊が2度も襲われたのは、スパイからの情報がかかわっていますからね。
 
8位

「落ち着いて戦いの様子を教えてくれればいいんだ。頼むよ」
アムロ・レイ

セイラの代わりを務めるフラウ・ボウ。そんな不慣れな、不安げなフラウに、アムロは優しく言葉をかけます。
 
9位

「僕がもっと、もっとガンダムを上手に使えればマチルダさんは死なないですんだんですよね。」
アムロ・レイ

マチルダの婚約者であるウッディ大尉にあやまるアムロ。
憧れだったマチルダさんに、婚約者がいたことに驚きつつも、自分のふがいなさを認めます。
 
10位

「悔しいけど・・・僕は男なんだな」
アムロ・レイ

これは序盤のセリフですが…。ブライトさんにビンタをされ、ますますひねくれるアムロ。
フラウが、私が行くっていったら、やっとでこう言って出撃します。
 
 

死に様や悲劇の名言 ベスト10

戦争には死がつきものです。あまりいいものではありません。思わず涙が出てしまいます。

1位

「シャア、謀ったな。シャア」
ガルマ・ザビ

親友だと思っていた男シャアに、裏切られたガルマの心境は…。
 
2位

「あぁ、アムロ、時が見える」
ララァ・スン

シャアをかばったために、ガンダムのビームサーベルが刺さってしまいます。アムロと分かりあえたばかりなのに…。
ララァは死をもって永遠の時を得ます。
 
3位

「やらせはせんぞ、やらせはせん」
ドズル・ザビ

部下への気遣いと、軍人としての誇り、ザビ家の人間としての威厳。そんなドズルは、ビク・ザムで敵陣へ特攻します。

ガンダムにビームサーベルで刺されるが、単身マシンガンでガンダムめがけて撃ち込むその気迫はすごいです。顔は怖いが、優しさと気遣いをもったドズルに人間を感じます。
 
4位

「あの壺をキシリア様に届けてくれよ、あれはいい物だ」
マ・クベ

戦争を自分の出世のことでしか語れないマ・クベ。
最後まで上司であるキシリアのことを考えています。卑怯で冷酷なマ・クベの最後はさみしいものでした。
 
5位

「シャアが見てるんだぞ、シャアが」
コンスコン

かつて自分の部下だったシャアが、キシリアの配下にいることが気にくわないドズル。コンスコンを派遣し、ホワイトベースを沈めれば、シャアの無能が証明できると…。

結果はうまくいかず、2度にわたってホワイトベースやガンダムのすごさを、テレビで披露することになります。

コンスコンは敗北を確信し、ホワイトベースに特攻しようとしますが、ガンダムによって沈められます。こんなことがなければ、この後のソロモン防衛線での戦力不足も、少しは解消されたでしょう。ここで、18機のリック・ドムと3隻の戦艦を失いました。
 
6位

「意外と兄上も甘いようで」
キシリア・ザビ

父デギンを故意に殺したギレンの後ろから、頭部を銃で撃つキシリア。

「父殺しの罪はたとえ総帥であっても免れることはできない」

これで、ザビ家最後の権力者となり、指揮をとります。
 
7位

「ジオン公国に栄光あれ~」
ガルマ・ザビ

ガルマは叫びながら特攻します。かわいがられた末っ子は、実力をつけ、みんなに認めてもらいたくてがんばりましたが、シャアの裏切りによって死んでゆきます。

恋人イセリナの名前ではなく、ジオン公国の名を叫んだガルマは、男を証明して見せました。
 
8位

「取り返しのつかないことをしてしまった」
アムロ・レイ

シャアのとどめを刺そうとするアムロは、それをかばうララァを殺してしまいます。
ララァと、ニュータイプ同士分かりあえたばかりです。
アムロにとって、初めて自分の内面をさらけだして、分かりあえた人。くやんでもくやみきれません。
 
9位

「兵士の定命がどういうものかよく見ておくんだな」
ランバ・ラル

兵士とは、戦争とは、男とは。そんなことをアムロに考えさせてくれた、ある意味師匠のような存在です。ランバ・ラルの最後は、潔くカッコいいです。
 
10位

「助けてください、減速できません。シャア少佐、助けてください」
クラウン

大気圏突入直前にホワイトベースに攻撃を仕掛けたシャア。部下のクラウンは健闘し、ガンダムを道ずれに、地球の引力にひかれ落ちていきます。

命令に忠実に、シャアに褒められたくてがんばりましたが、燃え尽き蒸発します。
 
 

重要人物たちの絶対はずせない名言 ベスト10

ガンダムはアムロやシャアだけではない。
見せてもらおうか、わき役たちの名言とやらを。

1位

「見事だな。しかし小僧、自分の力で勝ったのではないぞ。そのモビルスーツの性能のおかげだという事を忘れるな」
ランバ・ラル

ランバ・ラルのグフを、ガンダムは傷つきながらもなんとか倒す。そんなアムロに、ランバ・ラルの、けっして負け惜しみではない言葉が突き刺さる。
 
2位

「俺を踏み台にした?」
ガイア

ルウム戦役で、レビル将軍を捕虜にしたほどの黒い三連星。
赤い彗星のシャアに並ぶエースパイロットたちです。
そんな黒い三連星のジェットストリームアタックで、アムロは、ガイアの攻撃をかわすときに踏んでしまいます。
 
3位

「弾幕が薄いぞ。相手は動いてくれるんだ、なまじ狙わずに撃てと言え。」
ブライト・ノア

ジャブローから宇宙へ出た時の戦闘でのひとこと。ブライトさんと言えば、「弾幕薄いぞ」をよく使っているイメージがありますが、このときを含め2回だけです。しかし、響きがいいというか、ガンダムって実感するひとことです。
 
4位

「人がそんなに便利になれるわけない」
セイラ・マス

アムロの指示により、ア・バオア・クーから脱出したホワイトベースのクルーたち。

そこにアムロがいないことに気が付くと、ブライトはセイラに「ジオンの忘れ形見のセイラのほうが、我々よりよほどニュータイプに近いはずだ。捜してくれ、アムロを。」

いくらセイラのお父さんが提唱した人の革新でも、そんな風になれません。
 
5位

「殺しあうのがニュータイプじゃないでしょ」
ララァ・スン

シャアとの一騎打ちを終えて、ひとりガンダムに戻るアムロは、死を覚悟します。
しかし、ララァの言葉に、ニュータイプとしてできること。仲間を助けることに、その能力を使います。
 
6位

「あなたはエスパーかもしれない」
マチルダ・アジャン

マチルダさんとの出会い。

「あなたの戦いがなければ、私達もやられていたわ。ありがとう。あなたはエスパーかもしれない。」そんなマチルダさんにあこがれるアムロ。

このとき初めて「エスパー」ということばを使用して、アムロがニュータイプかもしれないという布石となっています。
 
7位

「ほんと、好きだったよ、坊や」
ハモン

爆薬を詰め込んだギャロップを、止めるのに精いっぱいのアムロのガンダム。その背後から至近距離でねらうハモンのマゼラトップ。

砂漠で出会った時から気に入っていたアムロ。しかし、そのアムロとガンダムによって最愛のランバ・ラルを失ったハモンは、最後の決戦に挑み、追い詰めました。

『あの坊やが邪魔するような事がありましたら、あなた、護ってくださいましね。』と出撃したハモンは、思わぬ特攻に散っていきます。
 
8位

「…あれが連邦軍のモビルスーツの威力なのか?」
デニム曹長

偵察目的でサイド7に潜入したデニムとジーン。ジーンの命令違反で、寝ていたガンダムを起こしてしまい、そのガンダムの性能に圧倒されるザクでした。
 
9位

「笑うなよ、兵が見ている」
ガルマ・ザビ

連邦軍のV作戦をキャッチしたシャアは、ホワイトベースを追って、地球のガルマ・ザビ大佐の勢力圏へおびき寄せます。親友への手土産として、ジオン十字勲章ものの手柄をもってきたシャアに

「ありがとう。これで私を一人前にさせてくれて。姉に対しても私の男を上げさせようという心遣いだろ?」

というガルマの言葉を聞いて大笑いするシャア。お坊ちゃんですから…。
 
10位

「おふざけでない。」
キシリア・ザビ

新型の開発から、実践への投入までが遅いという、キシリアの部下への指摘です。

「おふざけでない。まったく問題にならぬプランです。地球連邦軍の包囲の中から、マ・クベは、どれだけ貴重な資源を送り届けてくれたかお忘れか?モビルアーマーの実用化もすべて。」
 
 

THEガンダムの演説やナレーション集 ベスト5

ガンダムの演説(ギレンの演説)やナレーションの全文、またはそれらから名言を抜粋して解説します。

1位
ア・バオア・クー攻防戦を前にした兵士たちへの、ギレンの演説

「我が忠勇なるジオン軍兵士達よ。
今や地球連邦軍艦隊の半数が、我がソーラ・レイによって宇宙に消えた。この輝きこそ我らジオンの正義の証である。
決定的打撃を受けた地球連邦軍にいかほどの戦力が残っていようと、それはすでに形骸である。
あえて言おう、カスであると。
それら軟弱の集団が、このア・バオア・クーを抜くことはできないと、私は断言する。
人類は、我ら選ばれた優良種たるジオン国国民に管理、運営されて、はじめて永久に生き延びることができる。
これ以上戦いつづけては人類そのものの危機である。地球連邦の無能なる者どもに思い知らせてやらねばならん。
今こそ人類は明日の未来に向かって立たねばならぬ時であると。」
ギレン・ザビ

父デギン亡き今、全権を握ったギレンは自分の考えを訴えかけます。地球の人々より、宇宙移民のほうが優れており、その優良種のみを残す選民思想。ここからくる、「あえて言おう、カスであると。」は有名です。
 
2位
ガルマの戦死を受け、軍の士気を上げるための演説。

「我々は一人の英雄を失った。しかし、これは敗北を意味するのか否、始まりなのだ。
地球連邦に比べ我がジオンの国力は30分の1以下である。
にもかかわらず、今日まで戦い抜いてこられたのはなぜか
諸君、我がジオン公国の戦争目的が正しいからだ。
一握りのエリートが宇宙にまで膨れ上がった地球連邦を支配して五十余年、
宇宙に住む我々が自由を要求して何度連邦に踏みにじられたかを思いおこすがいい。
ジオン公国の掲げる人類一人一人の自由の為の戦いを神が見捨てる訳はない。
私の弟、諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ。なぜだ。」
 
「坊やだからさ」
by シャア・アズナブル
 

「戦いはやや落ち着いた。
諸君らはこの戦争を対岸の火と見過ごしているのではないのか。
だが、それは罪深い過ちである。
地球連邦は、聖なる唯一の地球を汚して生き残ろうとしている。
我々はその愚かしさを地球連邦のエリートどもに教えねばならんのだ。
ガルマは、諸君らの甘い考えを目覚めさせる為に死んだ。
戦いはこれからである。
我々の軍備はますます整いつつある。
地球連邦軍とてこのままではあるまい。
諸君の父も兄も、連邦の無思慮な抵抗の前に死んでいったのだ。
この悲しみも怒りも、忘れてはならない。
それをガルマは、死をもって我々に示してくれたのだ。
我々は今、この怒りを結集し、
連邦軍に叩きつけて始めて真の勝利を得ることができる。
この勝利こそ、戦死者全てへの最大の慰めとなる。
国民よ立て。悲しみを怒りに変えて、立てよ国民。
ジオンは諸君らの力を欲しているのだ。
ジーク・ジオン。」
ギレン・ザビ

父デギン公王の、静かに…という思いをよそに、ギレン、キシリアの思惑通りとなりました。デギンとドズルのガルマへの思いと、ギレン、キシリアの戦争ありきの発言はきっぱり分かれます。

これはテレビ版です。映画版では、ジオン・ズム・ダイクンの人の革新にふれています。

「私の弟、諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ。なぜだ。」という言葉は有名です。
 
3位
ナレーション(1年戦争といわれるこの戦いの、8ヶ月)

「人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。
地球の周りの巨大な人工都市は、人類の第2の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった。
宇宙世紀0079、地球から最も遠い宇宙都市サイド3はジオン公国を名乗り、地球連邦政府に独立戦争を挑んできた。
この1ヶ月あまりの戦いで、ジオン公国と連邦軍は、総人口の半分を死に至らしめた。
人々はみずからの行為に恐怖した。
戦争は膠着状態に入り、8ヶ月あまりが過ぎた。」
ナレーション

1年戦争といわれるこの戦いの、8ヶ月はここで語られています。『機動戦士ガンダム』は残りの4か月の物語で、短く感じます。
しかし、ガンダムの開発と、アムロの出現が、戦争を早期に終結させたとも言えますね。
 
4位

「君は、生き延びることができるか」
ナレーション

次回の予告での決まり文句。来週はどうなるのか、楽しみでしっかりと観ましたね。ガンダムで変わらず続いた、唯一のセリフでしょう。
 
5位

「一瞬の香りを残してマチルダは去った。
アムロにとって、それは始めて知った女性の香りであったのだろう」
ナレーション

アムロの初恋の人、マチルダさん。初恋というよりは、あこがれでしょうか。10代のころは誰しも、大人の女性にあこがれますよね。
 
 

子供には決して分からない深い名言 ベスト5

子供にとってはわからない、何のことを言っているんだろう。そんな名言を集めてみました。

1位

「いい音色だろ?」
ギレン・ザビ

チーンと、壺を指ではじいたマ・クベ。
「いい音色だろ?」
「はい。良い物なのでありますか? 」
と、ウラガンは聞きます。
マ・クベは
「北宋だな」と…。
北宋、中国の北宋と南宋にわかれていたころの白磁です。子供にわかるはずもありません。
 
2位
ガルマの戦死を受け、軍の士気を上げるための演説。

「基本ターゲット、ゲルドルバ」
ソーラ・レイのオペレーター

ゲルドルバとは、空域名もしくは光線の照射方位角度範囲を示す言葉とされます。
 
3位

「貴公はそのヒットラーの尻尾だな」
デギン・ソト・ザビ

優良な人種である、宇宙移民者(スペースノイド)のみを残すという選民主義を語るギレン。そんなギレンを、ヒトラーの真似をしているという、デギンのセリフです。
 
4位

「南極条約は調べましたよ、コズン少尉」
ナレーション

コズンの、「将校には将校の扱い方があるのは知っているだろ」の、発言にたいしての、ブライトのことばです。

一年戦争が勃発した後、地球連邦とジオン公国との間に締結された約束です。捕虜の扱いや大量破壊兵器の使用の禁止などを決めたようです。大量破壊兵器に関しては、マ・クベは破っていますがね。
 
5位

「もし我々がニュータイプなら、ニュータイプ全体の平和のために案ずるのです」
シャリア・ブル

ジオン軍のもう一人のニュータイプ、シャリア・ブル。ララァとともに戦争の道具として扱われることへの警鐘ですね。

やさしいことばで語っていますが…。ガンダムの続編では、普通に戦力となっています。ジオン・ダイクンの提唱したニュータイプとは、より解りあえる人たちのことなのですが…。
 
 

ガンダムが革新的だったとわかる名言 ベスト10

『機動戦士ガンダム』は、単なるロボットアニメではなく、人間を描き、背景の設定をしっかりとさせています。それがわかる名言を集めてみました。

1位

「なぜあなたはこうも戦えるの? あなたには守るべき人も、守るべきものもないというのに」
ララァ・スン

戦う意味、理由。

ララァは、自分を救いだしてくれたシャアのために戦うという。

アムロは、戦争に巻き込まれ、いやおうなしに戦ってきました。死にたくないから戦っているともいえますが、ザビ家の独裁を倒すことでしょうか。ザビ家の独裁がなければ、ジオン公国のほうが正当性はあります。アムロは、たまたま連邦政府側にいただけです。
 
2位

「じゃあさ、そのあとで連邦も叩くかい? 」
カイ・シデン

従来のアニメでは当たり前の、正義と悪。

普通なら主人公の側、連邦軍が正義であり、ジオン軍が悪のはずです。

しかし、そうとも言えない。それをついたセリフです。
 
3位

「生か死か、それは終わってみなければわからなかった。」
ナレーション

「生か死か、それは終わってみなければわからなかった。確かな事は、美しい輝きがひとつ起こるたびに何人か、何百人かの人々が確実に宇宙の塵となっていくという事だ。」

モビルスーツや戦闘機であれば数人だが、戦艦であれば何百人。光といえば響きはいいが、爆発、そして搭乗員や乗組員の死に直結します。

これは戦争なのです。抽象的でありながら、要点をついた名言ですね。
 
4位

「宇宙世紀0080。この戦いのあと、地球連邦政府とジオン共和国の間に終戦協定が結ばれた」
ナレーション

最終話、最後の最後はこれで締めくくります。

アムロや連邦軍の、勝ったぞーって喜ぶシーンではなく、静かに幕を下ろします。戦争が終わった安堵感。手放しで喜べないリアルなエンディングですね。
 
5位

「絶対民主制は連邦ごとき軟弱を生むだけです。それでは人類は共食いになります」

連邦政府=連邦軍という体制への不満です。

そもそも、地球連邦政府は、環境破壊が進んだ地球をいったん離れ、地球を浄化しましょうと、そこから始まった宇宙移民政策です。

しかし、政治家やエリートたちは、地球から離れようとはせず、この政策を中止します。そして、宇宙移民者から搾取をして、不満を増長します。

ジオンの独立は、正当性のあるものです。
 
6位

「ザクには大気圏を突破する性能はない、気の毒だが」

これまでのアニメで大気圏への突入を表現したことなんてありません。今ではあたりまえですが、子供のころは、燃えちゃうんだって事を知りました。
 
7位

「ミノフスキー粒子の濃度が強すぎると思うがな」
ガデム

ミノフスキー粒子とは、レーダーを無効化するものです。

現在の兵器でも、レーダーで敵を察知し、的確に攻撃できます。それなのに、未来の物語であるガンダムの世界では、
モビルスーツでの接近戦をしています。これを見事に説明できる設定です。

このセリフは、初めてミノフスキー粒子についてふれたものです。
 
8位

「塩がないと戦力に影響するぞ」
タムラ

当時は塩? なんて思ったものですが、人間が生きるためには、欠かすことのできないものです。そんな塩を求めて、塩湖をさがすホワイトベース。リアルな話です。
 
9位

「わしの出世は部下達の生活の安定につながる」
ランバ・ラル

敵であるランバ・ラルではありますが、部下を思いやるカッコいい親方です。敵なのに、男として、人間として、戦士として、尊敬できる人物ですね。

シャアのようなカッコよさではなく、『男』なんですね。
 
10位

「太陽の光が一箇所から来るってわざとらしいわね。」
ミライ・ヤシマ

当たり前のことですが、宇宙移民者にとっては不思議なんですね。こんな視点でのセリフは斬新ですね。
 
 

悪意の裏切り名言集 ベスト10

 ガンダムの、ちょっと意地の悪い名言を集めてみました。

1位

「ガルマ、聞こえていたら君の生まれの不幸を呪うがいい」
シャア・アズナブル

親友であるはずのガルマを罠にはめるシャア。

「君はいい友人であったが、君の父上がいけないのだよ。」

ザビ家に生まれてしまったことがいけなかったと伝えます。
 
2位

「人には頼れんな」
シャア・アズナブル

ガルマの敵を討つためガウで出撃するイセリナ。そのイセリナに手を貸すというシャア。

『ガルマを戦死させた責任、ドズル中将への忠誠、どう取られても損はないからな』打算的なシャア。

「ドレン、私のモビルスーツは電気系統がめちゃめちゃに焼き切れていて使えなかった事にしておけ」イセリナが失敗するとこれです。

結果は左遷ですが…。
 
3位

「あなたみたいな人、サイド7に一人で残っているといいんです」
セイラ・マス

サイド7での、セイラの、自分勝手なカイへのことば。
 
4位

「ガルマが苦戦して当然さ。我々が二度ならず機密取りに失敗した理由を彼が証明してくれている。しかも、我々以上の戦力でな」
シャア・アズナブル

ガンダムとホワイトベースを仕留められないことを、ガルマが苦戦することで、自分が悪いわけではないと、わざと証明させているシャア。
 
5位

「答える必要あるのかしら?」
セイラ・マス

ブライトが、サイド7に来る前はどこにいたのか尋ねたときにこう答えます。ブライトもたじたじ。

ブライトが弱気になっているのをみこしてなのか、意地が悪い。結局答えますけどね。
 
6位

「無理すっからさ」
カイ・シデン

大気圏突入後、ジオンの勢力下の真っただ中に入ったホワイトベース。連邦軍に連絡を取るため、アムロは志願し、コアファイターで飛び立つ。

そんな危険な作戦が失敗し、アムロが帰還すると、カイのこのひとこと。すぐさま、ブライトにぶん殴られます。
 
7位

「突破できるんだな?」
リード中尉

ガルマの包囲網で、窮地のホワイトベース。
指揮をとるリード中尉の指示は迷走し、ブライトはいうことをきかない。

このことばの後に「わかるものか」と、つぶやくブライト。
 
8位

「艦長さんに聞いてみたら?」
セイラ・マス

補給中のシャアのムサイに先制攻撃を仕掛けるか否か、決めかねるブライト。

そんなブライトにセイラは言う。いじわるだね~。
 
9位

「ホワイトベースから出たら奴らの攻撃を覚悟しといた方がいいぜ」
カイ・シデン

ガルマの勢力下で、連邦軍との連絡が取れないホワイトベースは、アムロのコアファイターに希望を託す。

それに志願したアムロに対しての、カイのひとこと。いつもひとこと多い。
 
10位

「生き抜きたくないの?アムロ、ホワイトベース着艦、急ぎなさい」
セイラ・マス

コアファイターでの連邦軍への連絡が失敗に終わると、ガンダムに換装して空中戦をやるように言われるアムロ。ガンダムは空中戦用の兵器ではないというアムロに、セイラさんはこんな言いかた。
 
 

ガンダムの名言 総合ランキング ベスト10

ガンダム好きなら、やっぱりこれでしょ。絶対に外せない、そんな名言たちです。

1位

「坊やだからさ」
シャア・アズナブル

酒場でテレビを見ていたシャアは、中継されていたガルマの国葬で、ギレン・ザビの演説に反応します。

「私の弟、諸君らが愛してくれたガルマ・ザビは死んだ。なぜだ?」

「坊やだからさ・・・」
 
2位

「殴ったね、二度もぶった。親父にもぶたれたことないのに」
アムロ・レイ

出撃を拒むアムロは、ブライトに平手打ちを食らいます。
「殴られもせずに一人前になった奴がどこにいるものか」とブライトに言われますが、なかなか厳しいですね。
 
3位

「認めたくないものだな。自分自身の、若さゆえの過ちというものを」
シャア・アズナブル

連邦軍のV作戦をキャッチしたシャアは、サイド7内へ3機のザクを偵察に出します。そのうちのジーンが命令違反をして攻撃し、結果3機のザクを失います。(シャアはこの時19歳、未成年です。)
 
4位

「ザクとは違うのだよ、ザクとは。」
ランバ・ラル

ドズル・ザビから、ガルマの敵討ちの命を受けたランバ・ラル。

新型モビルスーツ・グフで、ガンダムとの初対戦。男気あふれるおっさん、ランバ・ラル。シャアとは違うカッコよさです。
 
5位

「ごめんよ、まだ僕には帰れる所があるんだ。こんな嬉しいことはない。」
アムロ・レイ

ア・バオア・クーで死を覚悟したアムロでしたが、ホワイトベースのみんなの声が届いたかのように、みんなのもとに向かう。

「わかってくれるよね。ララァにはいつでも会いに行けるから。」として、アムロはまだ生きることを決意します。

ガンダムの最後のセリフ。
泣けます。
 
6位

「モビルスーツの性能の違いが、戦力の決定的差ではないということを教えてやる」
シャア・アズナブル

ガンダムとの2回目の戦闘でのひとこと。パイロットの技量には決定的な差はあるものの、ガンダムの学習するコンピュータとアムロに、次第に差を詰められていきます。

自身に満ち溢れるシャアは決定的な差ではないことを、いやというほど思い知らせるが、それが決定的な勝利とはならない。反対に、パイロットの技量の違いが、勝敗の決定的な差ではないことを思い知らされる。
 
7位

「僕が一番ガンダムをうまく使えるんだ。」
アムロ・レイ

脱走したアムロは、ランバ・ラルのグフに何とか勝利し、ホワイトベースに戻ります。問答無用で独房に放り込まれるアムロは、独房で言うのです。
 
8位

「悲しいけど、これ戦争なのよね。」
スレッガー・ロウ

ソロモン攻略戦で、ビグ・ザムに果敢に攻めこみます。
このことばを残し、圧倒的な破壊力と防御力を持つビグ・ザムに突進して戦死します。
 
9位

「シャア、謀ったな、シャア。」
ガルマ・ザビ

ホワイトベースに後方から攻撃を受けるガルマのガウ攻撃空母。「君はいい友人であったが、君の父上がいけないのだよ。」というシャアの言葉に、はめられたことを知ったガルマ。
 
10位

「それでも男ですか、軟弱者」
セイラ・マス

避難命令の出ているサイド7。そんな中、ようやく逃げてきたカイは、けが人を連れているリュウの手伝いもせず、自分勝手な態度にセイラさんはキレます。

まとめ

『機動戦士ガンダム』のファーストガンダム、一年戦争にしぼって、名言を紹介しました。

当時、これまでのアニメとは一線を画した作品でした。ロボットアニメやSFものは、小学生向けのものばかりでした。

それを、中学生以上にむけたガンダムは、革新的で、最初は受けいれられませんでした。私も、最初は意味がよくわからず、おもしろさを感じませんでした。

しかし、再放送をみてからはずいぶんと見方が変わりました。戦闘ではなく、戦争。

しかも人間同士の戦争で、設定がしっかりしていて、「そんなばかな」って笑ってしまうところがないのです。

モビルスーツや戦闘は、あくまでもおかず、飾りつけであって、人の成長や、考え方、思想、戦争について描いています。
人を中心に描写するなんて、当時はありませんでした。

主人公のアムロは、決してカッコいいわけでも、明るいわけでも、楽しいわけでもない。

そんな主人公だからこそ、親近感というか、共感したのでしょう。そんなガンダムは、今観ても、まったく飽きることのない作品です。
スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします