苦手意識をなくす!「合理主義な性格の人との上手な付き合い方」

苦手意識をなくす!「合理主義な性格の人との上手な付き合い方」人生において、対人関係は避けて通ることの出来ない課題です。ですが、それをあまりにも気にしすぎてしまうということは、あなたの新しい発見や創造性から遠ざけることにもなってしまいます。

そこで今回は、「合理主義な性格の人との接し方」について紹介していきたいと思います。

どのようなポイントに注意することで、あなたの対人関係はより合理的なものへと変化させることが出来るのでしょうか?それでは、早速見て行きましょう。

 

苦手意識をなくす!「合理主義な性格の人との上手な付き合い方」

スポンサーリンク

 

与えられたタスクを黙々とこなす

あなたが今何らかの組織、集団に属しているという場合、そこで合理的に振る舞うためにはまず第一に「与えられたタスク」を決して投げ出さず、ひたすら実直に、コツコツとこなしていくようにしましょう。

また、そのタスクを完成させるためにはなるべく周りの人間と協調していくことが重要です。上の指示にはしっかりと従い、周囲のアドバイスを快く受け入れ、あくまでも無難に事を運ぶことが出来るように努めます。

 

ここぞという時には遠慮しない

とは言え、何時いかなる時でもただひたすらにタスクをこなしてさえいれば良いというわけではありません。その組織全体が上り調子の時は黙々と従っているだけでも良いのですが、問題になるのは下がり調子になってしまったときです。

「沈没船からはまずネズミが逃げ出す」とはよく言いますが、組織全体が危険な方向に向かっている時にはもはや「協調性」などと言っている余裕はなく、遠慮せずに大胆な行動を起こすことが必要とされます。

ここぞという時には自分自身の意見をハッキリと言い、それが受け入れられなければ「逃げ出す準備」を始めるべきでしょう。

 

筋道を通す

「従う」際にも「自ら動く」際にも、やはり必要となるのは「論理性に担保された正当性」です。

いかなる時でも、周囲の人間に対して自己の行いを正当化するための「筋道」をしっかりと通すようにしましょう。

こうすることで周囲の人間はあなたを「信頼に足る人物」であると認識すると同時に「自分の思い通り一方的に利用することは難しい」とも認識するようになります。

 

特定のグループに馴染み過ぎない

もしあなたが本当に対人関係を合理的なものへとしていきたいと考えるのであれば、あなたが所属する組織において「特定のグループ」に肩入れするは止めましょう

「特定のグループ」とは「派閥」と言い換えても良いかもしれません。そうした派閥に属することによってあなたには「しがらみ」が生まれてしまいます。

このしがらみというものが合理的な判断に支障をきたすというのは言うまでもありません。

 

他人の悪口は言わない

あなたがある組織、集団に属している場合、他人の悪口は絶対に言ってはなりませんし、そうした会話にもなるべく関わらないようにするべきです。

「悪口を言う」ということは、必然的にある「特定のグループ」に肩入れするということを意味してしまいます。

その時点でその「特定のグループ」と「あなた自身」は運命共同体となってしまうのです。

 

人間は平等であると思わない

あなたが特定の個々人たちと関係を持つ時、「人間は皆平等である」などとは決して思ってはいけません。周囲の人間に対して優先順位を付け、それに応じた対応をしていくよう心がけましょう。

もちろん人間の価値を測る際の指標が一つではないというのは確かにその通りですが、一方でそれぞれの主体にとっては他者の価値に明確な序列が存在するというのもまた事実なのです。

 

穏やかに対応する

ただし、自分にとっていかに価値の無い人間であったとしても、あからさまにぞんざいに扱うようなことはあってはなりません。

少なくとも表面上は丁寧に、穏やかに接し、余計な軋轢を生まないように心がけましょう。

 

他人に期待をしない

合理的な対人関係を構築するためには、他人に対する過度の期待を捨て去る必要があります。

また、他人に対して過度の期待をしないだけではなく、他人が自分の思い通りの働きをしなかった場合にも批判はほどほどにしておきましょう。

自分の行動やその指針を他人に委ねてしまうのではなく、他人はあくまで「弥縫策」としての手段として捉え、あなたが重要であると考える箇所に関してはすべて「自分自身の手」で物事を行っていくようにしましょう。

 

他人をライバル視しない

他人に対して「ライバル心」などを抱いてしまうことは、あなたにとってはプラスにならないことの方が多いかもしれません。

市場における単価の切り下げ(安売り)競争などもそうですが、あなたがそうした競争に安易に応じてしまうということは、そのゲームの「親」の手のひらの上で転がされているということに他ならないからです。

映画の「バトル・ロワイアル」などでも戯画的に描かれていますが、ゲームとは多くの場合「親を儲けさせる」ためのものであり、容易に乗ってはならないのです。

職場においても同僚などを「ライバル」という「同じゲームのプレイヤー」として見るのではなく「それぞれの人生」という「別のゲームのプレイヤー」として見るようにしましょう。

 

まとめ

苦手意識をなくす!「合理主義な性格の人との上手な付き合い方」

 

・与えられたタスクを黙々とこなす

・ここぞという時には遠慮しない

・筋道を通す

・特定のグループに馴染み過ぎない

・他人の悪口は言わない

・人間は平等であると思わない

・穏やかに対応する

・他人に期待をしない

・他人をライバル視しない

 

いかがでしたか?

ぜひこれらを実践し、合理的に他者と接することを目指して行ってみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします