天才を科学する!データから導かれた「天才」に共通する7つの特徴

天才を科学する!データから導かれた「天才」に共通する7つの特徴アインシュタインにエジソン、ビル・ゲイツ、マーク・ザッカーバーグなど、世の中に天才と呼ばれる人はこれまでもたくさん誕生してきました。そしてこれからもたくさん誕生することでしょう。

もしかしたらあなたの身近なところにもこうした天才が潜んでいるかもしれません。そこで、科学的に分析された天才に共通する特徴を7つまとめてみました。

 

天才を科学する!データから導かれた「天才」に共通する7つの特徴

スポンサーリンク

 

遊び半分でやってなんでもできる

日本はなんでも「みんなと一緒」が好まれる社会ですが、アメリカは異なります。みんなと違うことは個性であり、素晴らしいことであるという教育です。

そしていわゆる「天才」についても幼少期から区別して教育するようなプログラムが組まれています。アメリカでは「ギフテッド教育」というプログラムがあり、その判別方法に「遊び半分でやっても成績が良い」という項目が挙げられています。

スタンフォード大学などアメリカの大学で開発された分析方法で、なんでもやれる反面、飽きっぽいという特徴も報告されています。

 

夜行性という習性を持つ

人間は基本的には昼間に活動する生き物です。ところが、学術誌「Personality and Individual Differences」に掲載された調査結果は、夜に活動する夜型人間のほうが昼間に行動する人間よりもIQが高い結果となりました。

みんなと違う行動を取るということが知性の表れでもあり、一般人と異なる天才ゆえの行動ということもできます。

また、別の見方をすれば天才であるがゆえに、その他大勢が働く時間帯ではない時間を自ら選択して働くことができるポジションにいるとも考えることができます。

 

ショートスリーパーが多い

睡眠時間は人それぞれで、自分に合った睡眠時間を取れば良いと言われています。

ところが天才と呼ばれた人たちの事例を調査していくと短時間睡眠を取るショートスリーパーが多いというデータが出てきます。ビル・ゲイツは毎日数時間の睡眠で事足りていたどころか、2、3日眠らないこともあったとか。

エジソンの1日4時間睡眠は有名です。スティーブ・ジョブズは1度に長時間睡眠は決して取らず、必ず4時間以内で起きていました。

ただ一方で10時間以上睡眠をとっていたアインシュタインなどの天才もいますが、統計ではショートスリーパーのほうが多いデータとなりました。

 

左利きである

昔から左利きには天才が多いという都市伝説がありますが、これに対してアメリカ経済研究所がある一定の答えを導き出しています。

左利きの人は右利きの人に比べて26%も高い給料をもらっているというデータです。確かに、給与が高いことは人よりも能力が優れていることの証です。

ちなみに脳科学的には左利きの人は空間認識能力やひらめきをつかさどる右脳が発達するためだと言われています。

 

性欲がスゴイ!

天才といえば頭が良い、IQが高いというイメージが浮かぶのではないでしょうか。

イギリスのアダルトグッズ販売業者「Love Honey」が行った調査によると、イギリスの名門大学・オックスフォード大学やケンブリッジ大学に通う大学生の方が他の大学の学生と比較し、大人のおもちゃを買う金額が約3倍と突出していました。

つまり、頭がいい人のほうが、頭が悪い人に比べて性欲が旺盛で、大人のおもちゃへの出費がかさむということです。

 

アスペルガー症候群だと疑われている

臨床心理士や精神科医教授、心理学者などが研究を進め、本も出しているのが「天才」と「アスペルガー症候群」との関連性です。

映画監督のスピルバーグは自らアスペルガー症候群を告白していますし、過去にもゴッホ、エジソン、ダビンチ、アインシュタインなど多くの天才たちがアスペルガー症候群であった可能性が指摘されています。

アスペルガー症候群の特徴として異常にこだわりが強く、集中力が高い人であるとのこと。どちらとも天才と呼ばれる人たちには欠かせない要素ですね。

 

突飛な発想やアイディアを出す

スウェーデンの研究所が120万人の精神科患者とその家族を調査した結果、創造性が求められる分野で活動しているいわゆる天才と呼ばれる人たちは、注意と集中に関わる部位である楔前部が活発に活動していることがわかりました。

この楔前部は思考における注意と集中に関わる部位で、この部位が活発になることで、情報と情報を結びつけ、常人には理解できないような突飛なアイディアを出すのだとか。

突然、理解できないアイディアを提案したり、それがなぜ周りに理解されないのか不思議がっている人は、この楔前部が活発に動いている可能性があります。

 

まとめ

天才を科学する!データから導かれた「天才」に共通する7つの特徴

 

・遊び半分でやってなんでもできる

・夜行性という習性を持つ

・ショートスリーパーが多い

・左利きである

・性欲がスゴイ!

・アスペルガー症候群だと疑われている

・突飛な発想やアイディアを出す

 

天才はどういう特徴があるのかは、天才と呼ばれた人の行動や特徴を分析していくことでわかっていくでしょう。

そうそう、このようにデータの統計が好きな人も天才の特徴の一つだと言われていますよ。自分自身や周囲の人に当てはめてみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新記事をお届けします