ありのままの自分でいよう!「自由に生きる人」がしている9つのこと

ありのままの自分でいよう!「自由に生きる人」がしている9つのことあなたは今、「自由に生きる」ということができていますか?

おそらく多くの方が、できていないと答えるのではないでしょうか。ですが、本当にそれで自分の人生に満足することができるでしょうか?

人生の時間には限りがあります。その限られた時間を、嫌いなこと、やりたくないことのために浪費してしまっては勿体無いと思いませんか?

というわけで今回は「自由に生きる方法」について紹介していきたいと思います。自分自身を自由へと解き放つためには具体的はどんな方法があるのでしょうか?

それでは、早速見て行きましょう。

 

ありのままの自分でいよう!「自由に生きる人」がしている9つのこと

スポンサーリンク

 

自己を価値の中心に据える

自由に生きるためにまず必要なこと、それは「自分自身を価値の中心に据える」ということです。そもそも「価値」とは状況によって移ろいゆく流動的なものでしかありません。

例えばこの世の中で一番わかり易い価値の指標である「お金」にしてもその例外ではありませんね。

「人」というのはそれぞれに性格も違えば、育ってきた環境も違います。人というのはそれぞれに異なった状況を生きており、それ故に「価値」もそれぞれ異なっているのです。であるならばそうした価値によって下される「評価」に一喜一憂するのは賢明とは言えません。

常に自分自身の中に価値を持ち、周囲からの世間の評判に惑わされることのないようにしましょう。

 

他人と比べない

また、他人と自分自身を比べないことも自由に生きるためには必要不可欠です。

他人と自分とは同じレースで競い合っているのではなく、それぞれに違った競技に出場しているのです。「他人に勝つ」ことではなく「自分自身に必要なこと」をするように心がけましょう。

 

期待されることを諦める

他人からの「評価」に惑わされないのと同時に、周囲からの「期待」に沿うような生き方をするのも止めましょう。

周囲からの期待というのは相手にとってあなたが「利用価値のある存在」と見なされているために発生します。そのような状況では相手はあなた自身の「幸福」や「利益」について考えている訳ではなく、自分自身の「幸福」や「利益」のための手段としてあなたを利用しようとしているということに他なりません。

もちろん相手の期待に応えることがあなたにとってもプラスに働くという場合も少なくありませんが、少しでも「割にあわない」と判断した場合にはスッパリと身を引きましょう。

 

自分を表現する

自分らしく、自由に生きるためには「自分はどういう人間化」を周囲に理解させる必要があります。

「私はあなたとは違う」ということをハッキリとさせることによって他人との競争を煽られたりすることもなくなり、過大な期待をされることもなくなり、嫉妬をしたりされたりということからも解放されます。

自分を表現する手段としては、まず手っ取り早いのが会話や文章などの「言語」ですが、それだけではなく身振り手振り、絵やイラストやデザイン、写真、映像、工作、音楽などさまざまなものが存在します。

こうした手段の中からあなたにとって最も適したものを見つけ出せばよいのです。

 

自分を売り込む

自分がどういう人間かを表現する手段を見つけたならば、次にそれを最大限活用できるように売り込みをしてみましょう。

それが誰か他の人の目に止まれば、自分でも思いもよらなかった新しい概念が誕生したり、お金が稼げたりする可能性があります。

 

時間を活用する

自分を表現する手段を見つけ、それに磨きをかけるためにも、一日24時間という時間を有効活用することを意識しましょう。

一日1時間でも2時間でも良いので自分自身を磨き上げるための時間を用意するべきです。

 

環境を変える

自由な生き方をしたいにもかかわらず、現在それができていないという場合、いっそのこと住んでいる環境を変えてしまうというのも一つの手ではあります。

葛飾北斎は生涯で93回の引っ越しをしたとされています。新しいアイデアを生み出すためには一つの環境に留まっていてはならないのかもしれません。

 

複数の仕事を掛け持つ

「一つの仕事に打ち込む」というのは一般的には美徳であるかのように思われていますが、実際にはその仕事に縛られ、他のことができなくなってしまうということでもあります。

複数の仕事を掛け持つことによって、一つの仕事が上手く行かなくなった場合にも保険をかけることが出来ますし、さらに視野が広がり新しいアイデアも生み出されやすくなります。

 

決断を恐れない

自由に生きることとは、リスクを自分自身で引き受けるということでもあります。

何かを決断することが苦手であるという人はそもそも「自由に生きる」ということに向いておらず、他人やシステムに支配される代わりに免責(保護)をしてもらうという生き方が向いているのかもしれません。

 

まとめ

ありのままの自分でいよう!「自由に生きる人」がしている9つのこと

 

・自己の価値を中心に据える

・他人と比べない

・期待されることを諦める

・自分を表現する

・自分を売り込む

・時間を活用する

・環境を変える

・複数の仕事を掛け持つ

・決断を恐れない

 

いかがでしたか?こうして見ると自由に生きるためには、まず自分自身の感性や価値観が必要になるということが解るのではないでしょうか?

自分にとっての「自由」とは何か?まずはそれを考えていきましょう。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします