発明王は失敗王!エジソンから学ぶ「失敗を乗り越える」7つの方法

発明王は失敗王!エジソンから学ぶ「失敗を乗り越える」7つの方法人生に失敗はつきものです。生まれてから一度も失敗したことのない人などは存在しないでしょう。中でも、人生の中で失敗続きの有名人がいます。

発明王、トーマス・アルバ・エジソンです。彼は、多くの発明を世に残しましたが、その一方で多くの失敗もしています。

数多くの失敗を重ねてきたエジソンは土のようにして失敗を乗り越えてきたのでしょうか。エジソンから失敗を乗り越える方法を学んでいきましょう。

 

発明王は失敗王!エジソンから学ぶ「失敗を乗り越える」7つの方法

スポンサーリンク

 

勉強したと考える

エジソンはこんな名言を残しています。「失敗したわけではない。それを誤りだと言ってはいけない。勉強したのだと言いたまえ」。また、「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ」とも語っています。

エジソンにとって失敗というものはなく、うまくいかなかったことは全て勉強なのです。うまくいかなかったことによってわかったことがあるでしょう。

それを活かして次成功すれば良いのです。これが、エジソンが多くの成功を挙げた理由の一つでもあるのです。

 

常識にとらわれない

エジソンの助手の一人が電球の容積の算出がうまくいかず、苦労していたことがありました。このままでは失敗していたかもしれません。

そのとき、エジソンは「私なら電球に水を入れて容積を量るよ」とアドバイスしたといいます。通常、容積は計算で量るもの。それを常識にとらわれない方法で、柔軟に対応したことがわかるエピソードです。

失敗したのは従来の方法で行っていたからかもしれません。一度常識にとらわれずに柔軟に考えると、解決方法は見えてくるかもしれません。

 

マイナスをプラスに転換する

エジソンは列車の社内販売員をしていた頃、車内での化学実験に失敗してボヤを起こしたことがありました。その際に乗務員に殴られて耳が遠くなったというエピソードが残されています。

失敗した上に、体にもダメージが残ったとなると最悪なケースだと思われるでしょう。しかし、エジソンは自分の耳が悪いことによって、電話の発明の際に受話器の性能を重視し、現在のような形にしました。

マイナスだと捉えられてしまう失敗も、逆の発想で活かすことで乗り越えることができるでしょう。

 

鈍感力を身につける

エジソンは「人から批判されることを恐れてはならない。それは成長の肥やしとなる」という言葉を残しています。

投資で大損したり、発明競争で負けてしまったりと多くの失敗を重ねてきたエジソンに対して、失敗した直後はやはり多くの批判が集まりました。

しかし、エジソンはそんなことはどこ吹く風。自分の研究に没頭していたと言います。

失敗をしても鈍感力があれば、それほど気にせずに次のプロジェクトや失敗のリカバリーに注力することができます。周りを気にするのではなく、次にどうするかということに力を注ぎましょう。

 

とにかく働く

エジソンは「毎日18時間働く」というほど仕事の虫でした。80歳を過ぎても「まだやらねばならない仕事がある。あと15年は働かなければならない」と語っていました。

とにかくがむしゃらに働くことで、失敗なんて気にしている暇はなくなります。失敗を乗り越えるのも、失敗を取り返すのも、結局は動くこと、働くことでしか挽回はできないのです。

がむしゃらに動くと、気づいたら失敗がはるか遠くのことのようになっているかもしれません。

 

人の話をよく聴く

エジソンが初めて特許を取得したのは、議会の決議を行う投票にかかる時間を大幅に短縮することのできる「電気投票記録機」でした。

とても便利な発明でしたが、この発明は牛歩戦術が使えなくなるという理由で採用されませんでした。

エジソンはこの発明を通して、「どんなに便利なものでも人に喜んでもらえなければ意味がない」ことを悟り、その後は周囲の人やお客さんの要望をしっかりと聴くようになったとのことです。

謙虚に人話を聞くことで失敗の原因や、次に成功するにはどうすればいいかヒントを得ることができるでしょう。

 

成功するまで続ける

エジソンが生涯のうち、最も手間と費用をかけたのは自動車用のアルカリ蓄電池で、エジソンはこれを完成させるまでなんと5万回もの失敗を繰り返しています。

それでも5万回の失敗を通してついには成功させてしまいます。

現代の世の中で5万回もの失敗を許容してもらえる会社は考えられませんが、それでも限られた許容範囲の中でトライしていくという心構えは失敗を乗り越えていくにはとても重要です。

 

まとめ

発明王は失敗王!エジソンから学ぶ「失敗を乗り越える」7つの方法

 

・勉強したと考える

・常識にとらわれない

・マイナスをプラスに転換する

・鈍感力を身につける

・とにかく働く

・人の話をよく聴く

・成功するまで続ける

 

いかがでしょうか?今回紹介したようにエジソンは本当に多くの失敗をしてきました。それでも成功者として名を残したのは、それらの失敗を糧にして乗り越えてきたからです。

失敗をしたほうが学ぶことは多く、より大きな成功へと近づくことができるはずです。何か失敗をしてしまったという場合にはぜひ、エジソンのエピソードを思い出してみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします