動くものを瞬時にとらえろ!「動体視力」の5つの鍛え方

動くものを瞬時にとらえろ!「動体視力」の5つの鍛え方
動体視力は特にスポーツをする上で重要なスキルと考えられています。

特に球技など、動く物を瞬時にとらえることが必要な競技では、動体視力の向上なくしては結果を残すことはできません。

日常生活でも、私達は自然と動体視力を使っています。分かりやすいのは「車の運転」です。重大な交通事故を防ぐためには、動体視力が必要です。周囲の車の流れや、走行している道路、標識などを、運転しながら観察しなければなりません。

このように、あなたにとって必要な動体視力ですが、残念ながら歳と共に衰えてしまいます。境目は40代と言われており、40代を過ぎると急激に動体視力は低下していきます。

これを食い止めるには、今すぐに意識して動体視力を鍛えはじめなければなりません。いつまでも若々しくいるためにも、早いうちから動体視力を鍛えておきたいですよね。

そこで今回は、動体視力の鍛え方をいくつかご紹介します。具体的な方法をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

動くものを瞬時にとらえろ!「動体視力」の5つの鍛え方

スポンサーリンク

 

「よーいドン!」反射神経を鍛える

動体視力と反射神経は深く繋がっています。物事に素早く反応できる能力があれば、動体視力も少なからず高くなるからです。つまり、動体視力が高い人は、反射神経も高いということが言えます。

反射神経を鍛えるには、何よりも物事に素早く反射することが大切。これは日常生活の中でも意識して鍛えることができるので、ぜひ試してみてください。

イメージすると、マラソンの「よーいドン」のようになるべく早く反応することです。

例えば信号待ちの際、青になったらさっと足を出す。
電車に乗っている際、次の駅が見えたらグッとつり革を握る。

自分でひとつ意識する場所を決め、景色が変わったらすぐに反応するというルールを作るのです。それを繰り返すことにより、反射能力は少しずつ上昇していくはず。こちらのトレーニングも継続が物を言います。日々の意識を心がけ、反射神経をアップさせましょう。

分かりやすく言えば、「あっち向いてホイ」は非常に効率的な反射神経の鍛え方になります。相手が必要ですが、物事にすぐ反応する能力を楽しく鍛えることができますよ。ぜひ試してみてください。

 

専用のメガネで鍛える

動体視力の鍛え方として、専用の機器を使うのも一つの手段です。おすすめは世界初の動体視力トレーニングメガネ「Visionup(ビジョンナップ)」です。

これは動く物のスピードがゆっくりに見えるメガネで、動体視力を鍛えるにはもってこいのアイテムです。スポーツ選手もトレーニングに使用しているくらい、高い効果を望めます。

動く物がゆっくりと見える秘密は、「ストロボ効果」にあります。ストロボ効果とは、一定の感覚で瞬間的に点滅し、物のスピードが実際とは違って見えることです。

Visionup(ビジョンナップ)では1秒間に1~200回点滅することで、物のスピードがゆっくりに見え、動体視力だけでなく、眼球運動や瞬間視、周辺視などスポーツビジョンを鍛え、向上、回復、維持することができます。

この専用のメガネをかけるのは、主にトレーニングの時です。スポーツをしているのなら、練習の際にはぜひ着用してみてください。例えば野球なら、球の見え方が明確に変わります。

また、普段ランニングなどをする方は、走る際にもつけてみましょう。走っている最中の景色の見え方が違うことを実感できるはずです。しかも、1日につける時間は15分~30分でいいのでトレーニングやスポーツの邪魔になりません。

効果もすぐに実感できるので、本格的に動体視力をアップさせたいという方にはぜひ使っていただきたい機器です。↓


 

動く物を意識して見る

普段からできる鍛え方として、動く物を意識して見るという訓練をしましょう。訓練と言われると、難しく考えてしまうかもしれませんが、とても簡単な方法なので、安心してください。

まず、通勤の際の電車や、車の風景を思い浮かべてください。動く乗り物に乗っていると、外の景色が移り変わりますよね。

その際に、例えばお店の看板や、道路標識、ビルなど一点に注目し、そこだけを見るように意識します。看板の文字を読んだり、何の標識なのか、ビルは何階建てなのかなど細かく観察してみましょう。車に乗っている際には、対向車のナンバーを読むのもおすすめの訓練です。

動く物を意識して見ることは、動体視力を鍛える上で非常に重要です。初めは難しいかもしれませんが、徐々に慣れてきます。

看板の小さな文字まで見えるようになれば、完璧です。

車や電車に乗った際には、これをまず意識してみてください。

 

速読をする

速読とは、文字の通り文章を早く、正確に理解しながら読むことです。速読ができるようになるまでは、時間をかけてトレーニングをする必要があります。速読にはコツや慣れが必要で、初めから確実に速読ができる人というのはなかなかいません。

この速読のトレーニングが、動体視力のトレーニングと観点がよく似ていて、速読のトレーニングが動体視力の向上に繋がってくるのです。文章を早く読みながらも理解をする。これは非常に難しいことです。速読ができる方は、動体視力もかなり高いと言えるでしょう。

速読の際には、一字ずつではなく複数の文字をかたまりとして一度に読むようにしましょう。一文ずつではなく、となりの行まで一気に読んで理解をする作業となります。慣れてくれば小見出しや重要な単語がどんどん目についてくるようになります。

これなら自宅にいてもできるので、今すぐ実践できる方法です。

 

専用のゲームで鍛える

動体視力を楽しく鍛える方法として、動体視力を鍛える専用のゲームを利用する方法もあります。ネット上には多くの動体視力を鍛えるゲームやソフト、アプリなどがありますので、自分に合いそうなものを色々調べてみましょう。

目の錯覚を利用したトレーニングや、物を早く見るゲームなど、楽しみながら鍛えることができるのが魅力的ですね。中には早押しのスロットゲームで鍛えるというものもあります。動体視力を鍛えている、というよりはゲームを楽しんでいるという感覚で行えるので、長続きの秘訣にもなります。動体視力のトレーニングには継続が欠かせませんので、こういったゲームをうまく取り入れるのもいいことです。

しかし、注意したいのはゲームに集中しすぎて、長時間画面とにらめっこ状態にならないことです。やはりトレーニングと言ってもゲームなので、長時間になると目に負担がかかってしまいます。動体視力を鍛えているのに目が疲れたり、視力が低下してしまっては意味がありませんので、1日に行う時間や回数を予め決めておきましょう。

やりすぎはいけませんが、動体視力を鍛えるゲームも、上手な鍛え方のひとつです。寝る前の習慣にしたり、休日に楽しむゲームの一環として取り入れてみましょう。

 

まとめ

動くものを瞬時にとらえろ!「動体視力」の5つの鍛え方

動くものを瞬時にとらえろ!「動体視力」の5つの鍛え方

動体視力の鍛え方について復習してみましょう。

①反射神経を鍛える

③専用のメガネで鍛える

③動く物を意識して見る

④速読をする

⑤専用のゲームで鍛える

どんなに優れたスポーツ選手でも、動体視力を高めるために並々ならぬ努力を築いてきています。スポーツの世界で成績を残すには、ズバ抜けた動体視力が必要。自分に合ったトレーニングを、毎日続けて結果に繋がります。

なるべく楽しく続けられるように工夫して、今回紹介した中で、取り入れられそうなものはどんどん試してみてください。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします