同棲に必要な生活費・費用!知らないと損するお金のこと


同棲に必要な生活費・費用!知らないと損するお金のこと
恋人ができたら、できるだけ長く一緒にいたいと思うものですし、一度は同棲生活も夢見るでしょう。結婚を意識している相手なら尚更かもしれませんね。

同棲は楽しいことも不安なこともありますが、その中でも一番気になるお金のことです。

結論から言うと、同棲資金は100万ほど準備すると良いでしょう。

今回は同棲生活を送る上での『お金』のことについて、私(筆者)の体験も交えながら、まとめてみました。

 

同棲に必要な生活費・費用!知らないと損するお金のこと

スポンサーリンク

 

同棲の賃貸にかかる初期費用

まず、同棲生活を始めるには、住む場所を探さなくてはなりません。新しく物件を借りるために、どのくらい費用が必要なのでしょうか。

必要な費用

1、敷金

2、礼金

3、仲介手数料

4、前家賃

これだけの費用が部屋を借りる際にかかることになります。

敷金、礼金がどれくらいかかるかは物件によって大きな違いがありますが、例えば私の友人が都内で家を借りたときは、敷金2カ月分、礼金2カ月分、仲介手数料1カ月分、前家賃1カ月分で総額6ヵ月分の家賃がかかりました。

また、車を持っている人は別途駐車場料金がかかります。都内だと中心部に行くほど料金が高くなり、だいたい月々3〜7万円くらいは考えておく必要があるので、事前にしっかり調べておきましょう。

一方で田舎の場合だと、人口減少に伴って空き家が多くなり、マンションなどの値引き交渉ができたり、駐車場代が家賃についていることもあります。。

なんにせよ部屋を借りる際は、家賃を基準に費用が変わるので、そこに気を付けてください。一人暮らしたことのある人なら、部屋を借りる手順は一緒なので大丈夫でしょう。

賃貸費用の例

※わたしの実体験

  • 敷金:1カ月分
  • 礼金:1か月分
  • 仲介手数料:なし
  • 前家賃:2カ月分

計4ヶ月分

 

同棲の移動にかかる費用

一人暮らしの引越しであれば、一つの場所から一つの場所に移動するだけですが、同棲は二つの場所から一つの場所に移動することになります。

なので当然のことですが、必然的に引越し料金も上がってしまうことは頭にいれておきましょう。

また、引っ越し業者に依頼する場合は距離によって価格が変わります。

これも当たり前の話ではありますが、都内から都内であれば物が多くても安く引っ越しを済ませることができますが、「北海道から沖縄に移住します!」など遠距離の引っ越しを行った場合、費用がどーーーん!と上がります。

もしどれくらいの料金がかかるのか心配な人は、こちらのサイトから見積もりを出してみるのがオススメです。

互いの家が近い状態からの引越しの場合

引っ越し費用を安くするためのオススメの方法は、あらかじめ、一つの家に荷物を運んでおいて、一か所から新居へ引っ越しすることです。

同棲では、お互いの洋服や雑貨などの私物以外(家電など)は、二人で共有することになります。そのため、事前にどちらかの家に必要な衣類や雑貨だけ運び終えていると、引っ越しが楽になります。

ちなみに、どうしても片方の家にまとめることが難しいときは、お互いの住んでいる所が同じ市内(区内)で、引っ越し先も同じ市内(区内)の場合、二つの業者に頼まなくても一度に二つの家を回ってくれる場合もあるので、引っ越し業者と相談してみてください。

また、引っ越しの見積もりをお願いするときは、必ず家に業者を家に呼ぶようにしましょう。ネットで見積もりをして、引っ越し当日!なんて絶対にだめです。

業者さんと会って見積もりすることで、価格を値下げしてもらえたり、サービスをつけてもらいえる場合があります。さらに本当に信頼できる業者か確認にもなるでしょう。

また、運転が得意であれば自分で車を借りて引っ越ししてしまう方法もあります。これは近距離であればあるほどおすすめです。友達などの手を借りて引っ越しすれば人手に困ることもないため、トラック代と友達へのお礼代くらいで引っ越しができます。

移動の経費

※わたしの実体験

  • 移動:都内→四国
  • 引っ越し費用:11万円
  • ゴミリサイクル代:1万円

私は、あらかじめ彼の家に荷物を運び一か所から引っ越ししました。

 

同棲の「家具」にかかる費用

引っ越ししたからといってすぐ同棲生活が始められるとは限りません。居心地の良い新居を作るには家具が必要です。二人で家具を選ぶ瞬間も、とても楽しみですよね。

恋人のどちらかが一人暮らしの場合、家電などはそのまま使えば良いため、引っ越ししてから新しく買うものがあまりありませんが、どちらも実家暮らしで遠距離の引っ越しの場合、買うものが増えてきます。

家具の準備にかかる例

※わたしの実体験

  • 家電:30万円
  • 家具:3万円
  • 食器:2万円
  • 布団:2万円

計38万円ほど

すべての家具を揃えるとなると、ざっと40万前後は必要でしょう。

ただ最近では家具つきの物件も増えてきていたり、エアコンは初期から備え付けられていることも多いので、家具代を抑えたい人は不動産屋さんと相談してみてください。

同棲で家具をそろえるコツ

遠距離の引っ越しでは、洗濯機やエアコンなど大きなものは持って行った方が引っ越し代で高くなる場合があるので、新しく買い換えても良いです。

また、新居でのティッシュや洗濯の物干し竿などの消耗品でもお金が飛んで行くため、引っ越し後も結構お金がかかります。

・カーテン

まず、新生活にはカーテンが必要なので、カーテンは何よりも早く買いに行きましょう!夜にカーテンが無いと部屋が丸見えになります。あらかじめ窓のサイズを図っておいて買っておくのも良いと思います。

・家電

エアコンの無い物件なら、エアコンがまず必要になります。あらかじめ高い値段のエアコンを買っておくと長く使えて良いと思います。

他にも、冷蔵庫、掃除機、洗濯機、電子レンジなどなど、あげればきりがありません。

一人暮らしの人は家の物をそのまま新居に持って行くのもいいですが、今はエコ家電と呼ばれているものが多くあり、買ってしまえば、月々の電気代は安くなるものもあるので、引っ越しを機に新しいものに変えるのも一つの手です。

・家具、食器

これらは持って行けるなら前の家から持って行きましょう。

二人でお揃いのものを購入してもいいですが、初期費用を抑えたいときは我慢することをおすすめします。

・布団

初めての同棲生活で、シングル布団で寝るわけにはいきません。ダブルの布団で寄り添って寝たいですよね。

 

その他、光熱費・雑費でかかる費用

暮らしていく上で気になるのが、この光熱費・雑費ですよね。

わたしはしっかり節約して、光熱費・雑費はこのようになりました。

光熱費の例

※わたしの実体験

  • 電気代:7000~10,000円
  • 水道代:8000円(2カ月)
  • 食費・雑費:4万円

わたしの家はオール電化だったので、ガス代はかかりません。ただし、冬場暖房をたくさん使うと、電気代はどんどん上がっていきますね。

それでも省エネ家電のエアコンを買ってからは、暖房を使っても10,000円程度で済むようになりました。

また、水道代は基本的にあまり変わりません。食費・雑費は、カップルによると思いますが、私は月に3ケースビールを買うので、これだけ上がっています。

学生カップルはもっと安く抑えられるでしょう。あとは、ご飯が自炊か外食かで、出費も光熱費も変わってくるので、生活スタイルで結構変わってきます。

 

まとめ

同棲に必要な生活費・費用!知らないと損するお金のこと

 

  • 同棲の賃貸にかかる費用
  • 同棲の移動にかかる費用
  • 同棲の「家具」にかかる費用
  • 同棲で家具をそろえるコツ
  • その他、光熱費・雑費でかかる費用

 
ワクワクドキドキな同棲生活ですが、お金はかかります。二人でどのように分担してお金を払うのか、しっかり決めてから同棲準備に入ることが仲の良い同棲生活ができる決め手になると思います。

繰り返しになりますが、同棲資金は100万ほど準備すると十分でしょう。

しっかり準備をしてお金を貯めて楽しい同棲生活を始めてください。

監修:工藤 崇(くどう たかし)
FP-MYS代表取締役社長兼CEO

ファイナンシャルプランニング(FP)を通じ、Fintech領域のリテラシーを向上させたい個人や、FP領域を活用してFintechビジネスを検討する法人のアドバイザーやプロダクト支援に携わる。Fintechベンチャー集積拠点Finolab(フィノラボ)入居。執筆実績多数。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします