人生に絶望したときの処方箋!最悪な状況を乗り切る12の対処法

人生に絶望したときの処方箋!最悪な状況を乗り切る12の対処法あなたは人生に絶望したことがありますか?望みが断ち切られたとき、人はどのように行動すればよいのでしょうか?

今回は、人生に絶望してしまったときの対処法についてお伝えします。

苦しい状況に立ち、「死にたい」「消えたい」「人生に疲れた」そんな心の悩みを抱えるあなたに、この記事が救いとなることを願っています。

 

人生に絶望したときの処方箋!最悪な状況を乗り切る12の対処法

スポンサーリンク

 

その事態を受け入れる

もし絶望的な心理状態になってしまったというとき、まず最初に行ってもらいたいこととしては、「現在の状態」をありのままに受け入れるということが挙げられます。

まず現状を受け入れ、その「現状」が本当に「最悪の事態」であるのかということをよく考えるようにしてみてください。

もしかすると「現状のフェーズ」よりもさらに下に「本当に最悪なフェーズ」が待ち構えているかもしれません。

その「本当に最悪なフェーズ」を認識することが出来れば、それをきっかけとして「より上の(マシな)フェーズへと向かう方法」あるいはそれが難しくとも「現状のフェーズに留まる方法」を考えることが可能となります。

「最悪の事態」を冷静に見極めること、そこからすべてが始まるのです。

 

情報に接する

「最悪の事態」を見極め、もし現状が「真の最悪」ではないということが分かったのであれば、その次にやるべきことは情報の収集です。

人間が個人にて考えられることは、所詮たかが知れています。自分の思考に篭もったままでいるということは必然的に袋小路に嵌っていってしまうということを意味します。

周囲の情報からアイデアを収集することで突破口を見つけるということが可能となるのです。

メディアは何でも良いのですが、とにかく多様な情報に触れ、納得をした上で現状を変える方法を見つけていきましょう。

 

環境を変化させる

人間の心理は、その外部に存在する「環境」によって左右されます。

そしてこのことは逆に自分の周囲に存在する「環境」に対し干渉をすることで、自分自身の心理を間接的にコントロールすることが可能である、ということを意味します。

環境のコントロール方として最も手っ取り早い方法としては、エアコンで室温を変化させたり、照明や太陽によって光を取り入れるということが挙げられます。

人間は気温が低く、明るさの乏しい環境ではうつ病などになりやすいということが知られています。

これは脳内物質のセロトニンの分泌が少なくなるということに起因するもので、例えば冬の寒さが厳しく、日照時間が短い北欧などでは自殺率も高い傾向にあるのです。

そしてもう一つ「嗅覚」もまた、人間の心理、思考に対して大きな影響をもたらします。アロマを用いて心理状態をコントロールするというのもまた効果的であるといえます。

各種アロマの中でも、特にカモミールや柑橘系、ラベンダーの香りは抗うつ的な作用を持つことが知られています。

また「他人とのコミュニケーション」もまた、環境の変化をもたらします。

ただしこの時には自分にストレスを与える人物ではなく、ストレスを除去してくれる人物との間でコミュニケーションを取るよう心がけましょう。

 

体を動かす

明るさや気温以外にも、運動をすることによっても脳内物質の分泌量を増やし、結果として精神を安定させることが可能となります。

また運動と同じく、歌を歌ったり、大声を出したりすることもまた精神を安定させ、心理的に良い影響をもたらします。

 

とにかく行動をする

絶望をしている間にも、時間は刻一刻と流れていきます。そうである以上、絶望に打ちひしがれている時間があるのであれば、それを有効に活用したほうが良いというのは言うまでも無いことです。

人は立ち止まって考えることにより、その思考を深化させていくものです。しかし絶望にあるときには、その思考自体を一度デリートしてしまう必要がある場合も少なくありません。

行動を起こすことにより、現状の思考を振り払い新たな状況を作り出していきましょう。

 

違った視点に立つ

多くの場合、絶望に打ちひしがれている人というのは近視眼的な思考に陥りがちなものです。ですので、その逆に俯瞰的な視点に立つことで現状の絶望感を相対化するという方法があります。

もしあなたが現在絶望をしているのであれば、そのことを考えるのではなく、出来るだけ時間的、空間的に「遠く」のことについて考えると良いでしょう。

例えば宇宙の誕生から現在までに至る時間の中では、あなたの絶望などはほんの些細な出来事に過ぎないのです。

 

発想を転換する

「絶望」という状態、それは「希望が無い」という状態のことです。そして「希望」とは通常、「未来」に対して抱くものであります。

つまり「絶望」という状態は「未来に拘束されていない」状態であると発送を転換することが可能となります。

通常人間は未来に備え、さまざまな心配事をするものですが、絶望状態にある人間はそうしたことをする必要がありません。

そういう意味では「絶望」とは「解放」でもあります。未来の心配をする必要がない人間は、現在にやりたいことをやりたいようにやるだけで良いのです。

 

他人との比較を止める

絶望をした時にやってはならないこと、それは自分の現状を他人のそれと比較するということです。

他人と比較をし、自分がより悪い状況にいることを理解すれば、当然ながら絶望感は深まってしまいます。

そうではなく、とにかく自分自身をより良い状況に置くということだけを考えるようにしましょう。

 

自分より明らかに劣っている人と比べる

前項で述べましたように、絶望時に他人と自分を比較するというのは御法度です。しかしそこにはただ一つ例外も存在します。それは「自分より明らかに劣っている人」との間で比較をするということです。

もしあなたが今現在絶望をしているというのであれば、自分に比べより悲惨で絶望的な状況に置かれた人たちのことを考えるようにしてください。

そうすることで「自分はまだマシ」と思い直すことができるばかりか、第三者的なより客観的な視点で状況を認識することも可能となります。

 

予め想定をしておく

「対処法」というよりは「予防法」に近いのですが、予め常日頃から最悪の絶望的な事態を想定しておく、というものです。

人生においては何が起こってもおかしくはありません。常に最悪の事態が「起こり得る」という前提に立ち、物事を俯瞰的に捉えていくようにしましょう。

現に小説家の夏目漱石は「何が起こるかわからぬ」という言葉を口癖としておりました。

人間個人、あるいは集団や共同体の持つ「希望」や「価値観」などは時として途方も無い現実の前に叩きのめされ、打ち砕かれてしまうものです。

「闇」「虚無」「死」のような概念を常に頭の片隅に置き、生きていくようにしましょう。

 

専門家に相談する

もし絶望感を自らでコントロール出来ないという場合には、精神科や心療内科など、専門家に相談をしてみるのも良いでしょう。

餅は餅屋というものです。

 

何もしない

絶望感に対処をしようとし、そしてそれに失敗をしてしまったという場合、より一層絶望感が深くなってしまう場合があります。

故にそのような事態を避けるため、あえて何もしないというのも一つの手ではあります。

「果報は寝て待て」とも言いますが、あえて状況に身を委ね受動的に過ごしてみるというのも良いかもしれません。

 

まとめ

人生に絶望したときの処方箋!最悪な状況を乗り切る12の対処法

 

・その事態を受け入れる

・情報に接する

・環境を変化させる

・体を動かす

・とにかく行動をする

・違った視点に立つ

・発想を転換する

・他人との比較を止める

・自分より明らかに劣っている人と比べる

・予め想定をしておく

・専門家に相談する

・何もしない

 

いかがでしたか?

もしあなたが現在絶望の淵に立ったとき、これを読んで少しでも事態を改善することが出来れば幸いです。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『福音ソウルメイト』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします