出会いがない人必見!16の場所で恋人を必ず手に入れろ!

出会いがない人必見!16の場所で恋人を必ず手に入れろ!今回は、みすみす見逃しがちな、異性との出会いが確実に訪れる『とっておきの場所』をご紹介します。

まだ見ぬ彼や彼女に出会いたい。できれば愛し愛され結婚できるような人を見つけたい。

そう常日頃思ってはいても。一体どんな場所へ行けば素敵な人に出会えるのかがわからない・・・なんて考えてはいませんか?

これだけの男女が余っているのに「出会いがない」というのは誤解です! 簡単に出会える場所を知らなかったり、日常の出会いに気づいていないことが原因です。

この記事を読めば、独身・恋人なし、なんて状態からおさらばして、必ず素敵な恋人を手に入れことができるでしょう。

 

出会いがない人必見!16の場所で恋人を必ず手に入れろ!

スポンサーリンク

 

今流行の街コン!高確率で出会える

街コンとは?

街コンとは、一言で言えば「参加者が多い合コン」です。

日本全国さまざまな地域で開催されていて、だいたい1回のイベントで100名以上、多いときには1,000人を超える男女が参加します。

ご飯やお酒を楽しみながら会話するという点は合コンと同じですが、集まった男女が会場内を自由に行動し、気になった相手と席に座って仲良くなれる、のは街コンならではと言えます。

また、知人が主催する合コンだとメンツに左右されるため、「ぜんぜん楽しくない!」という場合もあるでしょう。

しかし街コンなら、幹事や参加者とも初対面で気を使いすぎることもなく、参加者の人数も多いので、ムリにタイプでない人と話して気疲れしてしまう、なんてことが避けられるのもメリットです。

さらに、街コンはその場のフィーリングを元にした出会いとなるので、職業や年齢などの条件で見られにくいのも魅力です。

中には次のように、

  • アニメ好きや肉好きなどの「縛り街コン」
  • 20代限定の同世代街コン
  • 高身長&低身長LOVE街コン
  • 「恋人いない歴=年齢」街コン

など細かくカテゴリー分けされたものも開催されているので、恋人だけでなく友達探しも含めて参加してみるのもいいでしょう。

他にも、農園で野菜を掘って農業体験をしたり、サバゲーをするような少し変わった街コンもあり、イベント内容によっては初対面の人と一緒に土を掘るような、今までにない新しい出会いを体験することもできます。

学生コン

もしもあなたが学生なら、学生限定の街コンである「学恋パーティー」がとてもおすすめです。

この学恋パーティーは、男女の比率が1対1!そしてフリートークやグループトークなどのこだわったイベント形式で、たくさんの参加者と交流できます。

「気になる人が見つかったけれど、話しかけられない」人も安心です。スタッフが親身になってサポートしてくれます。

 

出会いの王道、職場恋愛

社会人の出会いのキッカケで最も多いのが職場です。

一日8時間、週に5日間も一緒に時間を過ごし、プロジェクトや配属されるチームが一緒であれば、目標を同じくして苦楽を共にする同志にもなります。

実際に、全日本ブライダル協会のアンケート結果では、社内恋愛がキッカケで結婚した人が全体の41%で1位となり、他の調査でも社会人の4割以上が社内恋愛の経験があるとされます。

また、「ZOZOTOWN」を運営する株式会社スタートトゥデイは、社内恋愛を推奨していることでも有名で、社内カップルが40組ほどオープンに付き合っているようです。

同じコミュニティー内の恋愛は、何となく気が引けてしまうと感じる人もいるかもしれませんが、出会いのチャンスとしては、かなり確率の高い場所と言うことができます。

気になる人に仕事の相談をしたり、会社内イベントに積極的に参加して交流を深め、プライベートでの付き合いまで発展させてみましょう。

 

偶然を見逃していませんか?外出先での出会い

実は、日頃からチャンスを逃しているだけかもしれません。

外に出て異性と目が合うキッカケさえあれば、それは出会いと同じです。要はそこからどう展開させるかなのです。

テレビドラマや映画における、男女の出会いの瞬間を思い出してみてください。

たとえ内容はフィクションであっても、偶然をいかにチャンスだと捉えるかがポイントということを教えてくれます。

  • 居酒屋
  • ジム
  • スポーツ観戦
  • ライブ会場
  • バー
  • 旅先

など、外へ行けば異性と出会うチャンスはいくらでも転がっています。

また、少しの度胸があるのなら、ストリートナンパもオススメです。うる星やつらの諸星あたる、シティハンターの冴羽獠しかり、彼らがモテるのは自ら声を掛けているからです。

特に、女性からアタックする逆ナンパは男性のナンパよりも成功率が格段に高いので、女性から声をかけるのもありでしょう。

結局どのような出会いの場所に行っても、まずは話しかけることが第一歩です!

 

社会人の間で人気、立ち飲みバー

実は、最近社会人の間で「立ち飲みバー」が出会いの場として活用されていることをご存知でしょうか?

立ち飲みバーとは、その名の通り立ってお酒や食事が楽しめるバーのことで、席などが決まっていないため、店内の好きな席に行き来が自由にできるのが特徴です。

自分の好みの異性の席まで行って話すことができ、嫌だと思ったらすぐに別の場所に移動ができます。

女性でも入りやすいオシャレなお店が多いため、男女比もバランスよく集まり、1回の来店でもたくさんの異性と出会うことが期待できます。

基本的に、ナンパのように自分から声をかける形で会話を切り出す必要がありますが、お店全体が出会い目的で集まっている人が多いため、声は気楽にかけやすい雰囲気です。

さらに、お酒を飲みながら話せるのも、会話を弾ませるのに後押ししてくれるでしょう。

また、価格も一般的なバーに比べて、1杯300円程度のリーズナブルなお店が多いため、コストが抑えられるのもポイントです。

ちょっとした大人の出会いに興味がある人はぜひ利用してみましょう。都内なら、銀座にある1杯300円で飲める「300円BAR」が婚活バーになりつつあります。

 

全国各地で熱い!相席居酒屋

相席居酒屋とは、最近全国各地で出店されていて、お店の名前通りお客同士が相席で座り交流を深められる、これまでにない居酒屋さんです。

相席になる相手はもちろん異性になり、相席居酒屋で盛り上がった後は、連絡先を聞いたり、違うお店に二次会として向かうこともできます。

相席居酒屋では基本的に「女性は飲み代食べ代0円」というシステムを取っているため、中には「タダ酒飲むためだけに来てるんじゃないか」なんて勘ぐってしまう人もいるかもしれません。

そんな人は下記のグラフをご覧ください。相席居酒屋を利用する目的は、「本気の婚活、または恋活」で6割、「友達探し」を含めると9割の女性が本気で出会いを求めているのです。

(80人の複数回答。)
aiseki-honne
出典:日刊SPA 相席居酒屋についてのアンケート

街コンや合コンなどのように日程や時間が決まっておらず、居酒屋へ行くノリで「行こうか!」と気分が乗った時にすぐに行けることが魅力です。

「飲み」がメインなので男女一緒に一盛り上がりやすい点も魅力です。満足度が高く女性のリピート率も70%以上にもなっているのにはそれなりの理由があるのです。

ただし注意点として、同性同士が2名以上で入店する必要があるため、友人や知人を誘ってみましょう。

また、簡単なドレスコードがあり、ジャージや作業着、ビーチサンダルなどの、失礼な服装と判断された場合は、入店を断られることもあるので、デートに行くような服装で行くといいでしょう。

 

イマドキ当たり前、インターネットを利用する

近年急速に存在感を増しているのが、インターネットを利用した出会いです。

かつてインターネットでの出会いというと、出会い系サイトを使った援助交際や詐欺事件が頻発したことから、あまり真っ当な出会いの場として認識されていませんでした。

しかし、今ではフェイスブックやツイッターなどのSNSを中心に、ネットを利用して恋人を作るのが一般化しつつあります。

ネットで出会いを求めるメリットとしては、自分の趣味や好みにあった異性を探しやすい点です。

日常生活ではなかなか出会うことができない趣味や職業の異性も、簡単に見つけることができます。

さらに、直接会う前にメッセージのやりとりができることも、恋人作りを強力にサポートしてくれます。

対面の会話に比べ、メッセージなら緊張もほとんどありませんし、「言葉を考える時間」があるので、自分のペースで相手とコミュニケーションが取れます。

また、リアルで会う前ににある程度仲良くなれれば、人見知りの人でも会話で困ることがなくなります。

そういう意味では、特に、時間に余裕がない社会人にオススメの出会い方と言えるでしょう。

SNSの他にも、婚活サイトやアプリ、チャットなど、インターネットのサービスを使った出会いのチャンスは広がるばかりです。

まだ何も手を出していない方は、登録するところから始めてみましょう。

Facebookなら、→「pairs(ペアーズ)」という、最大手のマッチングサービスが一番人気です。累計会員数が450万人を超え、毎日約2,000人が新規で登録しています。

※Facebookへの投稿はされず、友達にも出会わないなど、安心して利用できます。

 

共通の趣味から始める、習い事・社会人サークル

英会話、料理教室、社交ダンス、ヨガなど男女混合で行う習い事や社会人サークルは、カップルになれる確率が非常に高い出会いのキッカケとなります。

一緒に活動や作業をする中で、気楽に親睦を深めることができ、合コンや出会い系と違い、自然な出会いがあるのも特徴です。

さらに、共通の趣味を持っていることは強みにもなり、会話がどんどん盛り上がるため、仲良くなるスピードもとても早いでしょう。

また、パートナーと趣味の世界を共有できるということは、お互いの理解も深めることになり、長く付き合うための重要なポイントになります。

もちろん真剣に習い事のために参加する人もいますが、少なからずそのような異性との出会いを期待している人が多いのも事実です。

まずは、何か興味がある習い事や社会人サークルを始めてみるのはいかがでしょうか。

異性と出会いのチャンスが多いのは、料理、英会話、絵画教室、フットサル、マリンスポーツ、乗馬、音楽系、などです。

 

実は男女の出会いの穴場、ボランティア活動

実は出会いの最強の穴場は、ボランティアといっても過言ではないかもしれません。

「出会い目的にボランティアしに来ました」と素直に言ってしまっては、褒められたものではありませんが、ボランティア活動を通して社会貢献をする中で、異性と仲良くなり恋愛に発展する可能性は十分にあります。

ボランティアに参加する人は、時間がある学生や、義憤から行動を起こした社会人が多く、共同作業を行っているうちに打ち解けて交際に発展という話も多いようです。

また、合コンやコンパのように、ムリにテンションを高くして場を盛り上げる必要もありません。

ボランティア活動で身近なものでは、ゴミ拾いがあります。地域密着型の様々なものがありますが、ゴミ拾いならグリーン・バードがオススメです。

最近のものであれば、東北の被災地での活動も行われています。

がれきの処理や被災者のサポートなど大変な作業が多いのですが、苦労を共にすることで男女の良い出会いの場にもなっています。

朝の時間や休日を利用して出会いを手に入れましょう。

 

振り返ればキッカケがある、友達の紹介

「友達の紹介」というのも重要な出会いのキッカケで、非常に高い確率で素敵な出会いが待っている可能性があります。

実は、本当にいい異性というのは、恋愛に困っていないことが多く、初対面ばかりが集まる合コンには参加しない傾向があります。

そんな、魅力に満ち溢れた男性・女性が、友人を通して引き寄せるられるかもしれません。

また、友人から紹介してもらうメリットとして、事前にその友達から相手について情報収集しておき、会話が弾むように作戦を立てておくこともできます。

そこから交際に発展するアドバイスを友人からもらえることもあるでしょう。

もし自分自身が友達が多くない場合は、友達の多い人と仲良くなっておくといいでしょう。それも大切な出会いのキッカケになります。

日頃から「誰か紹介してよ」と友達に言っておくことで、いざ候補者が見つかったときに声を掛けてもらいやすくなります。

また、友人の結婚式などのイベントに参加したときも、どんどん友人に人を紹介してもらうために、交友の輪を広げて異性の出会いに繋げていきましょう。

ただし、「親しき中にも礼儀あり」です。

たとえ紹介相手がイマイチでだったとしても、紹介してもらった借りはきちんと返して、友人との大切な関係は崩さないようにしましょう。

 

青春のあの頃を思い出す、同窓会をしよう

出会いの案が全く思い浮かばない人は、昔の学生時代の旧友をあたってみるという方法もあります。

dousoukai
「20・30代独身男女の意識調査」によれば、「同窓会に恋のはじまりを期待するか?」という質問に「期待する」「やや期待する」と回答した人は、男性71.0%、女性55.5%と、かなり多数の人が、同窓会の場での出会いを期待しています。(20・30代の独身男女2,433名対象、マッチアラーム調べ)。

小学校、中学、高校、大学など、学生時代の同窓会に参加してみましょう。

当時は子供だったけど、大人になってからすっかり姿も雰囲気も変わった異性を見て、恋心を感じてしまうことも珍しくありません。

同窓会で出会うメリットは、

・同級生は気心も知れているので、気負わず話せる
・カッコつける必要がないので、素の自分のままでいられる気軽さがある
・お互い着飾らずに接することができるので、距離を縮めやすい
・空白の期間も一気に縮めてしまう共通の話題が多く、話も尽きない
・「食事に行きましょう」と誘えばいい返事をもらいやすい
・お互いの昔のことを知っている仲なので、打ち解けやすい

などが挙げられます。

久しぶりの再会で青春を取り戻したような興奮状態になるので、その勢いのまま恋愛関係に発展していき、結婚まで繋がる出会いとなる可能性も大きいようですね。

もし同窓会を仕切る人がいない場合は、あなたが開催してみてはいかがでしょうか。

自分が幹事になれば、参加者の連絡先や情報は全てあなたのところに集まるので、同窓会で気になった人にもスムーズに連絡できます。

 

シェアハウスに入居する

出会いがない人は、シェアハウスに入るのもおすすめです。

近年若い20代〜30代前半を中心に、シェアハウスが広まりました。デザイナーズのシェアハウスの物件は特におすすめです。

個人の部屋は小さくても、リビングや内部施設はは高級物件以上の場合もあり、リッチな暮らしをしながら、自然に仲良くなって出会いを見つけられます。

また、家具を揃える必要がないので、入居費用がその分安く済みます。

ただし、団体生活が苦手、恋人を呼び辛い、中で付き合って別れたら地獄の気まずさ、といったデメリットもあります。

シェアハウスを選ぶコツとしては、以下となります。じっくり内覧して決めましょう。

・キッチンが臭いところは×
・整頓や掃除がされているかどうか(ただし、多少散らかっていたとしても、衛生的に問題なければOK)
・入居者の層(入るまでは正確には分かりませんが、家賃と立地である程度予測できます。)
・リビングなどの集いの場所のデザイン

シェアハウスを探すならこちらから。

 

幸せを分けてもらおう!結婚式

実は、チャンスがあれば結婚式を出会いの場として期待している男女は少なくありません。

多くの男女が集まりやすい場でもあるので、もし、結婚式に招待されたなら、積極的に参加してみましょう。

実際、人の幸せを見ると自分も憧れてしまうもので、結婚式の幸せオーラに満ちた雰囲気にやられて、一目惚れや恋心を抱いてしまう人も多いのです。

意外なパターンだと、新郎新婦の親戚や上司から、息子娘を紹介されるなんてこともあります。

披露宴中はなかなか話かけずらいかもしれませんが、二次会は少しくだけた交流を深めやすい時間なので、積極的にチャンスを狙ってみるといいでしょう。

もし式中に連絡先を聞けなかったとしても、後日、新郎新婦を介して教えてもらうこともできます。

ただし、あくまでも主人公は新郎新婦です。マナーを守って、迷惑にならないように出会いにつなげてください。

 

すぐに出会いたい人は、婚活パーティー

すぐに恋愛対象になりやすい人が見つかるのは、婚活パーティーです。

婚活パーティーとは、結婚に直結するような出会いを求めている男女10人ずつほどが集まり、必ず全員の異性と会話ができるパーティーのことです。

真剣な出会いを求めている人が多いため、比較的スムーズに交際に発展しやすく、カップリング率も他の出会い方に比べると高くなります。

婚活パーティー後すぐに、お互いに好感を持ち、お茶やご飯など飲みに行く人もいるくらいです。

また、多くの婚活パーティーは、初対面でも会話が弾みやすいような工夫が凝らしてある点も魅力です。

一般的な流れとして、プロフィールシートに自分の基本情報を書いて、それを交換して3分間という短い時間の中でそれを元に会話をします。

プロフィールシートを見ながら、相手の情報を簡単に収集できるので、趣味や関心のあることも把握しやすく、会話のネタが見つかりやすいのです。

さらに、恋人を選ぶ条件のハードルが高めの人も、そのプロフィールを見るだけで簡単に確認できます。

職業名や年収などの確認、休日や生活スタイルもわかるので、手っ取り早く相手の情報集めたい人にはぴったりでしょう。

もし少しでも興味があるなら→こちらの婚活パーティーがオススメです。なんと当日参加もOKで、20〜30代女性に人気のサービスとなっています。

 

気楽に出会える、イベントやパーティー

婚活パーティーのような、結婚を第一目標にする人ではなく、気楽に出会いを求めたい人を対象にしているイベントやパーティーもあります。

カップリング率は下がるかもしれませんが、イベントやパーティーも出会いを求めた男女が多く集う、出会いの場です。

特に、ハロウィンやクリスマスなどの、年に1度の大きな行事の日には、各地で多くイベントやパーティーが開催されています。

ハロウィンやクリスマスなどは、普段コスプレをしない人でも、ドラキュラやサンタのコスプレをして参加する人が多いので、お互いに写真を取りながら仲良くなるキッカケにもなるでしょう。

他にも、ホームパーティーのような少人数で開催されるイベントは、参加者全員と会話が楽しみやすいため、仲を早く深めやすくておすすめです。

 

若い男女が集う、ナイトクラブ

特に、若い男女がよく集まる出会いの場です。クラブでの出会いがきっかけで交際するカップルも珍しくありません。

そもそもクラブとは音楽とお酒を楽しむ場所ですが、内情は多くが出会いを求めてやって来ていると言いても過言ではありません。

ただし、遊び人が多く「ワンナイトラブ目的」で誘ってくる人もいるので、真剣な出会いを求めている人は相手をよく観察してみたり、避けたほうが無難でしょう。

また、店内では非常に大きな音楽が鳴り響いているので、耳が弱い人や大声を出すのが苦手な人も、オススメしません。

 

本気になったら、結婚相談所

どんな方法もうまくいかなくなったら、最終手段として結婚相談所という方法があります。

結婚相談所は他に比べて費用はかかりますが、本人確認書類や年収証明書、学歴証明書、さらに独身証明書を提出し、面談を受けなければ登録できないので、信頼できる相手と出会うことができます。

「もうここしかない!」と覚悟を決めた人が多いためか、成婚率が高いのも特徴です。

また、めでたく結婚できた暁には、結婚式場やハネムーンを用意してくれる結婚相談所もあります。

男女ともに人気の高いサービスなので、金銭的に余裕がある人や、ハイクラスな出会いを求めている人は登録してみましょう。

結婚相談所にもたくさん種類がありますが、登録人数が多く、運営の歴史も長く個人情報の管理を設定している、プライバシーマーク認定の企業がいいでしょう。

いくつもある婚活サービスの中で、最大手で安心できるところはゼクシィ縁結びです。

 

まとめ

出会いがない人必見!16の場所で恋人を必ず手に入れろ!

 

  • 今流行の街コン!高確率で出会える
  • 出会いの王道、職場恋愛
  • 偶然を見逃していませんか?外出先での出会い
  • 社会人の間で人気、立ち飲みバー
  • 全国各地で熱い!相席居酒屋
  • イマドキ当たり前、インターネットを利用する
  • 共通の趣味から始める、習い事・社会人サークル
  • 実は男女の出会いの穴場、ボランティア活動
  • 振り返ればキッカケがある、友達の紹介
  • 青春のあの頃を思い出す、同窓会をしよう
  • シェアハウスに入居する
  • 幸せを分けてもらおう!結婚式
  • すぐに出会いたい人は、婚活パーティー
  • 気楽に出会える、イベントやパーティー
  • 若い男女が集う、ナイトクラブ
  • 本気になったら、結婚相談所

 

出会いがないと思っていても、実は多くの出会いのキッカケは転がっているものです。

出会うためのコツは、まずは行動あるのみです。

積極的に行動して素敵な出会いを手に入れてください。

Dreamer編集チーム

Dreamer(goodluckjapan.com)はあなたの人生がよりプラスに働く。そんなメディアを目指しています。発行責任者についてはこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします