自宅で美白になる方法!透明感ある白肌美人に生まれ変わる4ステップ

自宅で美白になる方法!透明感ある白肌美人に生まれ変わる4ステップいつのまにかシミが濃くなっていたり、顔全体のくすみが取れなかったりすると、気分が滅入りますよね。シミやくすみがあるだけで、どことなく老けた印象になってしまいます。

一方で、「透き通るような白肌」は、いつの時代も女性の憧れです。ハッとするような透明感をまとえば、美女度は何倍にもアップします!

しかし、「そんな肌は生まれつきに違いない」「私の肌はこれ以上白くならないよ」と、美白を諦めていませんか?そんな人も、まずは記事をご覧ください。

どんな肌でも、適切な美白ケアを施せば、「透き通るような白肌」に生まれ変わることも夢ではありません。

そこでこの記事では、美白したい人へ向けて、本気で白肌を目指すためのテクニックをお伝えします。まだ取り入れている人が少ない、とっておきの方法も出てきます!

 

自宅で美白になる方法!透明感ある白肌美人に生まれ変わる4ステップ

スポンサーリンク

 

シミ・くすみはなぜ起きる?紫外線と肌の関係

「美白」を考える上で、必ず理解しておくべきは「紫外線と肌の関係」です。

私たちの肌は太陽の紫外線を浴びることで、こんがりと黒く日焼けしたり、その結果シミやくすみが残ったりします。

「紫外線は、美白の大敵」とは認識していても、具体的にどんなメカニズムなのか把握している人は少ないのではないでしょうか。

まずは、紫外線が肌に悪影響を与えるメカニズムについてご説明します。

紫外線を浴びた肌はどうなるの?

紫外線は、肌にとって有害で、さまざまなダメージを与えるものですが、肌にはそんな紫外線の害から肌を守るための仕組みが備わっています。

その仕組みの一つが「メラニン」です。「メラニン」といえば、「シミの元」という認識を持っている人が多いかもしれません。

確かに、紫外線によって生成されたメラニン色素が顔に残って、シミやくすみの要因になります。

しかし、メラニンは紫外線を吸収して、紫外線から肌を守るという役割を担っている、体にとって必要な物質でもあるのです。

これを知った上で、紫外線を浴びた肌の中では何が起きているのか、見てみましょう。

このステップを把握しておくことは、美白方法を検討する上でとても重要になります。

  1. 紫外線を浴びると、「ケラチノサイト」という細胞で、『紫外線を浴びた!メラニンを合成せよ!』という情報伝達物質が生成されます。
  2. ケラチノサイトで生成された情報伝達物質の作用で、「メラノサイト」という細胞が活性化します。
  3. メラノサイトの中では、「チロシン」というアミノ酸が、「チロシナーゼ」という酵素の働きによって「メラニン」という色素へ合成されます。
  4. 合成されたメラニンは、紫外線を吸収する役割を果たした後、肌のターンオーバー(生まれ変わり)のサイクルで、垢となって排出されていきます。

このように、メラニンが現れるまでの間に、いくつかのステップがあることが分かります。

 

白肌美人に生まれ変わる美白方法

自宅で美白になる方法!透明感ある白肌美人に生まれ変わる4ステップ

美白を実現する4つのステップ

紫外線を浴びた肌の内部で何が起きているのかをイメージできるようになると、どうすれば美白ができるのかが、理解しやすくなります。

簡単にいえば、

「紫外線を浴びる」→「メラニン合成の指令が出る」→「メラニンが合成される」→「メラニンが排出される」

の4ステップです。

これを踏まえて、美白のためにすべきことをまとめると、次のようになります。

では、いよいよ次の項目からは、この考え方に沿って最適な美白方法をご紹介します。


 

ステップ1:紫外線を遮断する

そもそも、紫外線を浴びなければ、シミやくすみの原因となるメラニンは大量発生しません。紫外線を浴びないように遮断することは、美白の基本といえます。

紫外線から肌を防御するためには「日焼け止め」が必須です。しかし、美白を目指す場合は、ただ漫然と日焼け止めを使うだけでは不充分です。

紫外線の種類「UVA・UVB」と、日焼け止めの強度の指標「SPF・PA」についてきちんと理解した上で正しく使いましょう。

紫外線の種類「UVA・UVB」とは?

地上に届く紫外線には、UVAとUVBがあります。UVAは肌の奥深くに届く紫外線で、UVAは肌の表面に届く紫外線です。

UVAは肌の奥へダメージを与えるため、シワ・たるみの原因となり、UVBはメラニン色素の合成を促進するので、シミ・くすみの原因となります。

自宅で美白になる方法!透明感ある白肌美人に生まれ変わる4ステップ

なお、「曇りの日でも紫外線は降り注いでいる」というフレーズを聞いたことがあるかもしれませんが、特にUVAは雲やガラスも突き抜けるので、注意が必要です。

日焼け止めの強度の指標「SPF」とは?

SPFは「Sun Protection Factor」の略で、UVBに対する防御力を表す指標です。

手もとに日焼け止めがあったら、ぜひ表示を確認してみてください。「SPF20」「SPF50」などの記載があるはずです。

この数字は、「日焼けするまでの時間を、何倍に遅らせることができるか」を示しています。

例えば、何も日焼け止めを塗らなかったら20分で日焼けしてしまう状況で、「SPF50」と記載がある日焼け止めを使うと、日焼けするまでの時間を、

20分×SPF50=1,000分(16時間)

に遅らせることができるという意味なのです。

これを理解しながら、そのときの状況にあった日焼け止めを選んで使う必要があります。

例えば、駅まで10分歩く程度ならSPF30程度で紫外線を予防できますが、一日かけて外で遊ぶような場合にはSPF50のものを使う必要があります。

日焼け止めの強度の指標「PA」とは?

次に「PA」の説明に移りましょう。PAは、「Protection Grade of UVA」の略で、UVAに対する防御力を示しています。

PAは「+」の数でその強度が示されます。「PA+」「PA++」「PA+++」「PA++++」の4段階があり、「+」の数が多いほど防御力が高いことを表しています。

日常の紫外線には「+」「++」で問題ありませんが、レジャーやスポーツには「+++」または「++++」を選びましょう。

日焼け止め以外の紫外線対策

SPFは、「日焼けするまでの時間を、どれだけ遅らせることができるか」の指標であるとお伝えしました。

ということは、日焼け止めにできることは、あくまでも日焼けを遅らせるだけで、100%日焼けを防ぐことはできないということでもあります。

日焼け止めを正しく使うことは重要ですが、日焼け止めだけで安心せずに、それ以外の対策もしましょう。

具体的には、次のような対策がおすすめです。

  • 日傘を使う
  • 帽子をかぶる
  • サングラスをする
  • 部屋や車のガラスにUVカットフィルムを貼る


 

ステップ2:メラニン合成の指令を遮断する

やむを得ず紫外線を浴びてしまったときに、『メラニンを合成せよ!』という指令が、メラニン合成工場であるメラノサイトへ伝わるのを防ぐ方法があります。

この方法は美白の歴史の中でも、発見されて間もない方法で、まだ取り入れている人が少ない方法です。

その鍵を握るのは、1996年に発見者のクロトー博士がノーベル化学賞を受賞した「フラーレン」という成分です。

フラーレンは、超強力な抗酸化力で老化防止に効果があると注目されています。

さらに、その強力なパワーで紫外線ダメージをクリアし、「紫外線を浴びなかったかのようにリセット」する力があります。

そのため、紫外線を浴びても、メラニン合成の指令がストップされ、メラニンの合成を阻止することができるのです。

美白を目指している人は、日常的に「フラーレン」が配合されているスキンケア化粧品を使うと良いでしょう。

特に、レジャーなどで紫外線を浴びることが分かっている前後は、集中的に使うようにすると、紫外線によるダメージを最小限に抑えることができます。


 

ステップ3:メラニンの合成を防ぐ

次に、メラニン合成工場のメラノサイトへ、メラニン合成の指令が届いた場合の対策です。

メラノサイトでは、「チロシン」というアミノ酸が、「チロシナーゼ」という酵素と反応して、「メラニン」に変わります。

なんとも難しい話に聞こえるかもしれませんが、つまり、「チロシナーゼ」の働きを抑えることができれば、メラニンの合成を防ぐことができます。

チロシナーゼの働きを抑制する美白成分はいくつかありますが、中でも効果が強力なものをピックアップしてご紹介します。

ハイドロキノン

効果が大変強力で、アメリカでは主流の美白成分です。

日本では、その効果の高さから認可が下りるまで慎重に審査がされており、化粧品に配合できるようになったのは2002年のことでした。

チロシナーゼの働きを強力に抑制して、メラニンの合成を防いでくれます。

また、ハイドロキノンにはメラニンを還元して無色化するという作用もあります。※「すでにシミやくすみができている場合の対策」という部分で詳しくご紹介します。

ただしハイドロキノンは効果が強力な分、肌に合わない人もいるので、美容皮膚科で相談しながら使った方が良いでしょう。

アルブチン

アルブチンは、ハイドロキノンとブドウ糖が結合した成分です。

ハイドロキノンに比較すると効果は落ちますが、構造上、ハイドロキノンよりも安定しているので肌への刺激になりにくい特徴があります。

美白成分として1989年に認可を受けているので歴史もあり、安心して使いやすい成分です。

ビタミンC

美白といえばビタミンCというイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

ビタミンCは、チロシナーゼを抑制する働きがあるので、メラニンの合成を阻止します。

さらに、ハイドロキノンと同様に「メラニンの色素を無色化する」作用もあるので、美白には欠かせない成分といえます。


 

ステップ4:メラニンの排出を促進する

さて、メラニンができてしまったら、今度は「メラニンを排出すること」を考えましょう。

肌は、階層構造になっており、肌の内側から新しい肌が生まれると、肌の外側の古い肌が「垢」や「フケ」として剥がれて落ちていくようになっています。

古い肌のことを「角質」と呼んでいますが、メラニンを含む古い角質を、いかにスムーズに剥離させるかが重要になります。

そこで、有効に働いてくれる美白成分に「プラセンタ」があります。

美白にも効果を発揮する美肌成分プラセンタ

美肌成分として有名なプラセンタは、ターンオーバー(肌の生まれ変わりのサイクル)を整えて、新しい健康な肌を生み出す力を向上させてくれます。

それに伴い、古い肌の剥離が進み、メラニンの排出が促進することができます。

紫外線を浴びてしまった後や、日焼けしてしまったときには、プラセンタ入りのスキンケア化粧品で集中的にケアしましょう。

ターンオーバーにかかる日数は人によって異なるものの、およそ24~48日の日数が必要です。

そのため、日焼けしてから2ヶ月は、プラセンタでのお手入れを続けましょう。

スキンケア化粧品で肌の外から取り入れるほか、プラセンタのサプリメントやドリンクを飲むことも、メラニンの排出をスムーズにするために役立ちます。

また、プラセンタには、チロシナーゼを抑制してメラニンの合成を防ぐ働きもあるので、日常的にも取り入れたい成分です。


 

すでにシミやくすみができている場合の対策

すでにできてしまったメラニンの対処法として、「排出」と並んで重要なのが、「メラニンを薄くすること」です。

つまり、現在あるシミやくすみを白くするための方法です。

シミやくすみの原因となっているメラニンは、黒褐色です。そのため、メラニンが増えると肌が日焼けして黒くなったり、シミやくすみになったりします。

そして、その黒褐色の色を、薄くして無色にする作用のことを「還元」といいます。

メラニンはもともとは無色ですが、酸素と反応して「酸化」することで黒褐色になるため、「還元」は酸化したメラニンから酸素を取り除いて、酸化する前の状態に戻すことです。

メラニン還元作用のある代表的な成分には、先ほど「ステップ3:メラニンの合成を防ぐ」でご紹介した「ハイドロキノン」と「ビタミンC」があります。

注意が必要なハイドロキノン

ハイドロキノンは非常に強力な成分で、ビタミンCの10~100倍の効果があるともいわれています。

「それならハイドロキノンを使いたい!」と思うかもしれませんが、間違った使い方をすると副作用の心配があります。

還元作用が非常に強いので、長期的に高濃度で使用した場合、本来の肌色に必要なメラニンまで還元してしまい、一部分のみが漂白されたように白くなる「白斑」の副作用の可能性があるのです。

ハイドロキノンが配合された化粧品も市販されていますが、医師の指導のもとで使うことをおすすめします。

自宅で安心して使えるビタミンC

一方、ビタミンCは、ハイドロキノンほどの還元力がない分、自宅で安心して使うことのできる成分です。

ビタミンC配合のスキンケア化粧品を使う他、ビタミンCが含まれた食べ物を毎日食べることも効果的です。

ビタミンCは、キウイフルーツ、柿、イチゴなどのフルーツに豊富に含まれていますので、毎日フルーツを摂るようにしましょう。

また、レジャーなどで紫外線を浴びることが分かっているときは、その一週間以上前からビタミンCのサプリメントを集中的に飲むようにしましょう。

紫外線を浴びたときに、体内に豊富にビタミンCが存在する状態を作ることは、紫外線ダメージを抑える上でとても有効です。


 

日常生活で気をつけたいメラニン対策

ここまで紫外線によるメラニンの発生を前提にご説明してきましたが、実は、メラニンは紫外線以外でも発生します。

特に日常生活で注意すべきことが、

  • 女性ホルモンのバランスの乱れ
  • 肌への摩擦

このふたつです。

ここからは、紫外線以外の原因で発生するメラニンを防ぐ方法をご紹介します。

女性ホルモンのバランスを整える

女性ホルモンには「プロゲステロン」と「エストロゲン」の2種類があります。生理前から生理中にかけて増えるのがプロゲステロン、生理後に増えるのがエストロゲンです。

生理前から生理中にかけて、肌が荒れやニキビなど肌の調子を崩す人が多いのは、この時期に増えるプロゲステロンに皮脂分泌を増やす働きがあるためです。

さらに、プロゲステロンには、メラニンの生成を促進する働きもあります。

そのため、女性ホルモンのバランスが崩れると、一気にメラニンが発生してしまい、そばかすが増えたり、「肝斑(かんぱん)」と呼ばれる薄茶色のシミが両頬に現れる場合があります。

これを防ぐためには、日頃から「充分な睡眠」と「ストレス解消」と「女性ホルモンを助ける食生活」を心掛けることが大切です。女性ホルモンはとても繊細で、睡眠不足やストレスの影響をダイレクトに受けてしまいます。

できれば22時〜24時までには就寝し、少なくても7時間以上の睡眠時間を取りましょう。

ストレスに関しても気晴らしになる趣味を作ったり、運動や岩盤浴など、発汗を促すものはストレス解消だけでなく、美容効果もあるのでおすすめです。

また、女性ホルモンと類似した働きがある「大豆イソフラボン」を摂取することも有効です。豆腐、納豆、豆乳などの大豆製品を、毎日コンスタントに食べるようにしましょう。

関連記事:熟睡できない人必見!良質な睡眠で朝までぐっすり眠る16の方法

肌をこすらないように注意する

メラニンは「肌を守る」という役割を果たすために発生します。そのため、「物理的な刺激」を肌が受けた場合も、メラニンは発生してしまうのです。

例えば体の中でも、普段、太陽の光を浴びていないはずの足の付け根やウエストのあたりが、うっすらと黒ずんでいることはないでしょうか。

これは下着と肌の長年の摩擦が刺激となってしまい、メラニンが発生して定着してしまったためです。

同じことが顔の皮膚で起きないようにするために、とにかく肌をこすらないように注意してください。

洗顔するときはたっぷりの泡でなでるように洗い、タオルで水分を拭き取るときは、こすらずそっと押さえるようにします。

また意外と多いのが、鼻や頬などの顔を触る癖がある人がいますが、これも意識的に減らすようにしましょう。

スキンケアを行う際も、決して肌をこすらないように心掛けてください。

大切な宝物を扱うように、そっと丁寧にやさしく扱うことで、肌はさらに美しく輝くようになるのです。

関連記事:正しい洗顔方法!肌荒れする「ダメな洗顔」をやめて美肌になろう!

 

まとめ

自宅で美白になる方法!透明感ある白肌美人に生まれ変わる4ステップ

 

  • 紫外線を浴びないようにする
  • メラニン合成の指令が伝達されないようにする
  • メラニンの合成を防ぐ
  • メラニンの排出を促進する
  • すでにシミやくすみができている場合の対策
  • 日常生活で気をつけたいメラニン対策

 
「美白」と一言にいっても、アプローチするポイントはさまざまです。

今までは、あまり考えずに美白成分を使っていた人も、それぞれの役割を頭に入れておくと、より適切な使い方ができるようになります。

ぜひ、各美白成分の効果を最大限に引き出して、透き通るような透明肌を手に入れてくださいね。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
多くの女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報から導きだされる『あなたの運勢』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします