美肌は習慣で決まる!肌が超きれいな人が実践している見逃せない秘訣

美肌は習慣で決まる!肌が超きれいな人が実践している見逃せない秘訣世の中にはときどき驚くほど肌がきれいな人がいますが、そんな人に限って「何もしていない」と言います。

その言葉を聞くと思わず、「何もしていなくてそんな美肌なわけないでしょ!」と突っ込みたくなってしまいますが、よくよく聞いてみると、本当に何もしていないと“思っている”ことが多いようです。

それは、実際に何もやっていないわけではなく、美肌になる習慣が当たり前に染み付き過ぎていて、美肌のために“わざわざ何かをやっている”という意識がないのです。

そして、美肌の人が実践している無意識の習慣には、美肌を叶えるためのエッセンスが豊富に詰まっています。

そこでこの記事では、超が付くほど肌がきれいな人たちがやっている「美肌になる習慣」をお伝えします。新しい発見が見つかったら、早速今日から取り入れて、みんなに自慢できる肌を目指しましょう!

 

美肌は習慣で決まる!肌が超きれいな人が実践している見逃せない秘訣

スポンサーリンク

 

よく寝る

「なんとなく惰性で、24時くらいまで起きている」という人が多い中、「昨日は9時に寝ちゃった!」なんて言っている人が、あなたの身近にもいませんか。

そんな風に「睡眠時間」を大切にしている人は、肌に透明感があって白肌の人が多いはずです。

睡眠をたっぷり確保できている肌は、老廃物の排出がスムーズに進むので、くすみや角質が肌に溜まりません。

また、睡眠中には「成長ホルモン」という肌の生成を促進するホルモンが分泌され、新しい肌が育まれていきます。肌は寝ている間に作られるのです。

「3万円の高級美容液を購入して1ヶ月間使うのなら、同じ期間、今より2時間早く寝て過ごすほうが美肌効果が高い」

といわれるほど、睡眠時間の確保は、美肌のために大切なポイントです。

関連記事:熟睡できない人必見!良質な睡眠で朝までぐっすり眠る16の方法

 

よく飲む

「よく寝る」に続いて、次の美肌習慣は「よく飲む」です。「よく飲む」といっても、お酒ではなく「水」のことですよ。

いつもミネラルウォーターをそばに置いて、こまめに水分補給をしている人の肌は、しっとりとうるおっていて乾燥しにくくなります。

秋冬の空気が乾燥する季節には、保湿力の高いスキンケア化粧品を買い足して肌のお手入れに励む人も多いと思います。

しかし、そのような「外側からのケア」以上に効果が高いのが「内側からのケア」です。

肌の外側から保湿化粧水をたくさん塗っても、肌の内側が乾燥していては、るおいを補給するそばから蒸発してしまうのと同じです。

優先順位としては、まずは体の中からうるおし、内側のうるおい満タンになった状態で、外側からの保湿を試みましょう。

体の中にうるおいを満たすための水の飲み方は、「小まめに、チビチビ」です。

一気に飲むよりも、15分に一度、数口ずつ、ゆっくりと飲む方が、体は水分を吸収しやすくなります。

 

ノー・ストレス

あなたのそばにいる美肌の人を思い出してみてください。彼女たちは、

  • よく笑うタイプだったり
  • 他人の目を気にしないタイプだったり
  • 多趣味だったり……

と、「ストレスを溜めにくい性格」という共通項がないでしょうか。

ストレスは、肌荒れ、ニキビ、乾燥肌、敏感肌、肌老化など、さまざまな肌トラブルの原因となります。

ストレスにより自律神経のバランスが崩れると、肌を育てたり、うるおいをキープしたりする細胞にも悪影響が出てしまうからです。

とはいえ、ストレス過多時代ともいわれる現代では、ストレスをゼロにすることは難しいのかもしれません。

そんなときには、「誰に嫌われても、何を失敗しても、何を諦めても、何ができなくても、私の価値は変わらない!」と、心の中で繰り返しつぶやいてみてください。

あまり根を詰めずに、「なんとかなるさ♪」という気楽さを胸に持つようにしましょう。実際、ほとんどのことはなんとかなるのですから。

関連記事:「楽しく生きたい」あなたへ、人生が本気で変わる25のシンプル習慣

 

姿勢が良い

美肌の人には、姿勢が整っている人が多いのですが、これこそ習慣化です。良い姿勢は最初は窮屈かもしれませんが、慣れてくると意識しなくてもできるようになります。

姿勢が悪い人は、肩こりや首こりを併発していることが多く、顔への血流が悪くなってしまっています。

すると、充分な栄養素が運ばれずに、肌がトラブルを起こしやすくなるのです。

一方、姿勢が良い人は、体の隅々までスムーズに血液が循環しており、顔への血流はもちろんのこと、内臓や胃腸への血流も良く、全身の機能がスムーズに働いています。

そのため、肌もキメ細かく美しく育まれていくのです。

ただ、「姿勢を良くした方が良い」ということは重々分かっていても、なかなか姿勢を正すことが難しいという人も多いかもしれません。

まずはシンプルに、次の点だけを意識してみてください。

  • アゴを引く
  • 前を向いて歩く(下を向かない)
  • 頭のてっぺんから糸で吊られているイメージを持って生活する
  • 左右非対称な姿勢は取らない(例:足を組む、バッグを肩にかける)

この4つを意識しなくてもできるほどに習慣化すれば、いつの間にか肌も美しくなっていきます。

姿勢はフェイスラインのたるみにもダイレクトに影響しますので、早めに改善していきましょう。

 

薄化粧

肌がピカピカに美しい人で、ファンデーションを厚塗りしている人はいません。

肌がキレイだから厚塗りする必要がないのか、それとも厚塗りしないから肌がキレイなのか――。

卵が先か、ニワトリが先か、という話にも思えますが、答えは「両方」です。肌トラブルに悩んでいる人の中には、これと逆のパターンに陥っている人が多く見られます。

肌にトラブルがあるから隠そうとして厚塗りになり、厚塗りするから肌にトラブルが増えて……、という悪循環になっていることが多いのです。

これを、好循環に転換していきましょう。「薄化粧だから肌にトラブルがなく、トラブルがないから化粧の必要性もなくなり……」というパターンが理想的です。

そのためには、最初の一歩として、勇気を出して薄化粧に踏み切ってみましょう。

「隠したい」という気持ちを一時抑えて、「肌がキレイになるまで薄化粧で乗り切る」とチャレンジしてみてください。

薄化粧で肌のアラを隠すコツは、【 化粧下地 + ルースパウダー 】の組み合わせです。

ちなみに、化粧下地もルースパウダーも「パール入り」のものを選ぶと、ファンデーションなしでもパッと顔が華やいでキレイに見えます。

どうしても隠したい肌悩みがある場合には、その部位だけ「コンシーラー」で隠してもOKです。顔全体にファンデーションを塗るよりも、ずっと低刺激で肌をキレイに見せることができます。

 

スキンケアがシンプル

「何もしてない」という美肌の人のスキンケアを聞き出してみると、実際にスキンケアは非常にシンプルなことが多いようです。

スキンケア以外の生活習慣で既に美肌が確立しているため、あとは肌の力を邪魔しないシンプルなケアの方が、美肌の好循環に入っていけるのです。

また、スキンケアをシンプルにしつつ、一つのお気に入りのスキンケア化粧品を何十年も使い続ける人が多いのも特徴的。

あれもこれもと新商品に手を出すよりも、肌に合うスキンケアを徹底的に使い続けることは、実は肌への負担を軽減しています。

新しい化粧品が肌の中にやってくると、肌はその都度新しい環境に合わせて体制を変えなければなりません。

同じものをずっと愛用し続けるということは、肌がずっと安定して好調をキープできるということなのです。

そして、無駄をそぎ落とした究極にシンプルなケアでも、必ず必要なのは「保湿ケア」と「紫外線ケア」の2つです。

保湿ケア

「肌を乾かさない」ということは、美肌にとって非常に大切です。

あれもこれもと重ね付けするのは逆効果ですが、シンプルケアだからといって、保湿まで抜いてしまうと、肌老化まっしぐらになってしまいます。

どんなにシンプルケアでも、保湿ケアだけはしっかりしましょう。

充分にうるおっている肌は、トラブルをはねのける力を持っているので、早々調子を崩したりしなくなります。

紫外線ケア

どんなに美肌の人でも、太陽にそのまま晒されると、あっという間にシミや乾燥がひどくなってしまいます。

年間通して、毎日の日焼け止めは欠かさないことを心掛けてください。

日焼け止めだけでなく、日傘・帽子・サングラスなどを使って、上手に紫外線をカットすることが、美肌づくりに役立ちます。

 

帰宅したら最初にメイクを落とす

帰宅した後、メイクを落とすまでにどれくらいの時間をかけていますか?

美肌になるためにはずばり、「帰宅したら最初にメイクを落とす」ことがおすすめです。

美肌をキープしている人は、

  • 帰ったらまず洗顔しないと気持ち悪い
  • メイクを落とすと素に戻った感じがする!
  • 洗顔するとサッパリして気持ちがイイ!

と、クレンジングや洗顔自体が好きだという人も多くいます。

メイクはどんなに肌にやさしいアイテムを選んでも、肌にとっては異物になります。

そして、メイクをしたまま長時間過ごしたり、そのまま眠ってしまったりすることは、肌に大きな負担をかけてしまいます。

「家に帰ったら、まずはメイクを落とす」という習慣は、新たに何かを始めるのではなく、今までやっていたことの順番を入れ替えるだけです。

だから、習慣化してしまえば、何の苦もなく続けることができます。

関連記事:正しい洗顔方法!肌荒れする「ダメな洗顔」をやめて美肌になろう!

 

野菜&フルーツ好き

美肌の人の食生活を観察してみると、「野菜」や「フルーツ」を好んでよく食べています。

野菜やフルーツには、美肌の素となるビタミン類などの栄養素が豊富に含まれていますので、それもうなずけますね。

特に、次のような栄養素は、美肌のために非常に良い影響を与えてくれます。

栄養素 役割 多く含まれている食べ物
ビタミンA 肌や粘膜を再生させる カボチャ、ニンジン、マンゴー、パパイヤ
ビタミンB 健康な肌を維持する 舞茸、しめじ、バナナ、オレンジ
ビタミンC 老化物質である活性酸素を除去する ピーマン、モロヘイヤ、ブロッコリー、柿、キウイ、イチゴ、オレンジ
食物繊維 腸内環境を整える ゴボウ、オクラ、サツマイモ、なめたけ、アボカド、グレープフルーツ

逆に、野菜はフルーツが不足していると、肌の調子が不安定になり、肌荒れしたり、シミやシワが増えたりしてしまいます。

毎日積極的に野菜・フルーツを食べるように心掛けましょう。

関連記事:肌荒れは食べ物で治る!ピカピカ美肌を実現させる11の栄養食材

 

スナック菓子やスイーツを食べない

美肌の人は、野菜やフルーツを多く食べている一方で、スナック菓子や甘いスイーツはあまり食べないという人が多く見られます。

実は、スナック菓子やスイーツには、肌荒れやニキビの原因を引き起こす「トランス脂肪酸」や「白砂糖」が多く含まれています。

トランス脂肪酸の肌への影響

トランス脂肪酸は、人工的な操作で作られたマーガリン、ショートニング、揚げ油などに含まれているものです。

血液をドロドロにして血流を悪化させたり、キレイな肌を作る女性ホルモンのバランスを狂わせたりするので、美肌の大敵といえます。

白砂糖の肌への影響

白砂糖は、老化現象の一種である「糖化」を進行させてしまいます。糖化というのは、摂り過ぎた余分な糖質がタンパク質を結び付いて変性することをいいます。

肌にはタンパク質である「コラーゲン」が多数存在していますが、コラーゲンが糖質と結び付いて糖化すると、コラーゲンの繊維が破壊されてしまいます。

すると、損傷した肌の部位がシワになったりたるんだりしてしまうのです。

また、糖化した部分は「黄ぐすみ」といって、まるで肌が焦げたかのようにくすんでしまうのも特徴です。

ただし、強く禁止するのはNG

このように、美肌の大敵である「トランス脂肪酸」や「白砂糖」は、できるだけ摂らないのが一番。

しかし、その恐ろしさは分かっていても、「スナック菓子やスイーツは食べちゃいけない!!」と強く禁止するほど、食べたくなってしまうものです。

だからこそ、逆転の発想で、「お菓子を食べない」のではなく「野菜やフルーツをたくさん食べる」ように意識を変えてみてください。

実際に、美肌の習慣ができている人は、「ストイックに我慢してお菓子を食べない」というよりも、「野菜やフルーツを食べていたら、結果としてあまりお菓子を食べていなかった」というケースが多いです。

 

肉食

前の項目の「野菜&フルーツ好き」と矛盾するように思うかもしれませんが、美肌の人の中には「肉好き」を公言する人も結構います。

例えば、韓国人の女性にはハリのある美肌の人が多いのですが、彼女たちは日常的に焼肉をよく食べています。

なぜお肉と美肌が関係あるかと言うと、肌の原料となる「タンパク質」をしっかり確保できることにあります。

タンパク質はコラーゲンの素となるため、お肉を食べている人はコラーゲンの量が多く、コラーゲンの質も良いのです。

逆に、ダイエットで野菜サラダばかり食べるような生活をすると、げっそりと肌が萎んでしまうことがありますが、それはタンパク質が不足するからです。

美肌になりたい人は、「野菜&フルーツ」に加えて、「お肉」をたくさん食べましょう。お肉が苦手な人は、「魚」「卵」「大豆」でももちろんOKです。

毎日コンスタントにタンパク質を摂り続けることが、強く美しい肌づくりにつながっていきます。

 

新陳代謝を良くする習慣がある

美肌の人は「全身の新陳代謝を良くする」習慣を、何かしら持っています。

「新陳代謝」とは、古いものが新しいものに入れ替わることで、肌の新陳代謝が悪くなると、いつまでも古い肌が居座るので肌がくすんでいきますし、新しい肌がスムーズに作られないので、シミ・シワ・たるみなどの原因となります。

新陳代謝を良くすることは美肌づくりの重要な鍵ですが、例えば、次のような習慣はおすすめです。

  • 朝食を食べている
  • スポーツをしている
  • 通勤通学などで歩く距離が長い
  • 散歩が好き
  • お風呂に長時間入る
  • 岩盤浴やサウナが趣味
  • 温泉旅行によく行く
  • マッサージが好き
  • ヨガやストレッチが日課

新陳代謝を良くするためのポイントは「体温を上げる」ことで、上のリストに挙げた特徴は、どれも体温を上げてくれるものです。

「新陳代謝を良くするために運動しなくちゃ!」と力まなくても、毎日の生活の中で簡単にできることばかり。早速、取り入れてみてください。

関連記事:サウナの効果がとんでもない!知る人ぞ知るサウナで汗を流すべき7つの理由

関連記事:驚きのヨガの効果!健康美人になりたいならヨガをすべき10の理由

 

体を冷やさない

新陳代謝を良くするためのポイントは「体温を上げる」ことだとお伝えしましたが、逆に「体を冷やす」ことは、新陳代謝を低下させる原因となります。

そのため、「体を冷やさない」工夫が大切です。冬でも生足を露出するファッションが好きだったり、冷たい飲み物が大好物の人は、体を冷やしてしまっています。

どうしてもファッションを楽しみたい日には、足を温めることのできる膝掛けを持参したり、冷たい飲み物は避けて温かい飲み物を飲んだりといった工夫をするようにしてください。

また、「タンパク質」をしっかり食べることも冷え性対策になります。

タンパク質が消化されるときに体内で熱が発生し、体の芯から温めることができるのです。毎日、お肉やお魚を食べるようにしましょう。

そして、一日の終わりには、ぬるめのお湯で30分以上の入浴を欠かさないようにしてください。

体が温まって血流が良くなれば、一日中お風呂上がりのような上気した肌でいることができます。

関連記事:つらい冷え性を改善して、今すぐ「あったか体質」になる10の方法

 

まとめ

美肌は習慣で決まる!肌が超きれいな人が実践している見逃せない秘訣

 

  • よく寝る
  • よく飲む
  • ノー・ストレス
  • 姿勢が良い
  • 薄化粧
  • スキンケアがシンプル
  • 帰宅したら最初にメイクを落とす
  • 野菜&フルーツ好き
  • スナック菓子やスイーツを食べない
  • 肉食
  • 新陳代謝を良くする習慣がある
  • 体を冷やさない

 

美肌の人がいつもしている習慣を真似すれば、誰でも美肌に近づくことができます。

その習慣は、何も難しいことはありません。今日から誰でもできることばかりです。

ぜひ、美肌になる習慣を生活の中に取り入れて、毎日、特別な意識をしなくても美肌でいられる人生を手に入れてくださいね。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします