すらーっとした美脚に生まれ変わる!足を細くするダイエット方法18選

すらーっとした美脚に生まれ変わる!足を細くするダイエット方法18選足を露出するのが恥ずかしい。ジーンズやパンツを履いたときのシルエットが崩れる。もはや昔買ったジーンズやパンツが履けなくなった。

など、足の太さが気になってファッションを楽しめていない人は非常に多いのではないでしょうか?

女性で細くて美しい足に憧れる人は多いですが、最近では男性の間でも美脚を目指す人が増えてきました。

そこでこの記事では、気になる足の太さを健康的に細くする方法についてお伝えします。

周りが羨むようなすらーっと細い足を手に入れて、もっとオシャレを楽しみましょう!

 

すらーっとした美脚に生まれ変わる!足を細くするダイエット方法18選

スポンサーリンク

 

「足が太くなる」とは?

足が太くなる理由は主に、「脂肪」と「水分」と「筋肉」の3つです。

原因によってそれぞれで足を細くする方法は異なるため、自分がどのタイプの足太りなのかを把握する必要があります。

チェックする順番として、まず時間帯によって足の太さが変化するかどうかを確認しましょう。

時間帯によって足の太さが変わるならば、ほぼ間違いなく「むくんでいる」状態です。

もし時間帯によって足の太さが変化しないならば、次は太ももをつまんでみましょう。

柔らかくつまめるようならば「脂肪」による足太り、硬くあまりつまめないようならば「筋肉」による足太りの可能性が高いと言えます。

 

目次

1.「脂肪」によって太る解決策はコチラ↓

2.「水分」のむくみによって太る解決策はコチラ↓

3.「筋肉」の肥大化によって太る解決策はコチラ↓

4.即効性の高い足を細くする方法を知りたい人はコチラ↓

5.まとめ↓

 

足が「脂肪」によって太った場合

すらーっとした美脚に生まれ変わる!足を細くするダイエット方法18選

暴飲暴食や運動不足などによって「摂取カロリーが消費カロリーを上回る」と、太もも周りに脂肪がついてしまうことで足が太くなってしまうパターンです。

特に食事によって炭水化物や脂質、タンパク質などの栄養素を必要以上に摂取すると、エネルギーとして利用しきれず余ってしまった分は肝臓で中性脂肪へと変化し、脂肪組織として体に蓄えられます。

また、男性がお腹周りに脂肪がつきやすいのに対して、女性はお尻や太ももなどの下半身につきやすくなるという違いもあります。

そのため、脂肪による足太りは男性に比べて女性のほうが多いという特長があります。

脂肪による足太りの場合

以下の項目に当てはまる場合は、「脂肪による足太り」の可能性が高いと言えるでしょう。

・太り気味、肥満体型である
・暴飲暴食をしてしまう
・運動不足である
・太ももをつまめる
・太ももが柔らかい
・たるみが多い

 

脂肪による足太りの解消法

脂肪による足太りの場合は、単純に「脂肪を減らす」ことが一番の解決策となり、そのために適切なカロリー摂取と適度な運動が必要になります。

ここでひとつ覚えておいていただきたいのが、脂肪を減らすに当たって「足だけの部分痩せは難しい」ということです。

摂取カロリーを減らして消費カロリーを増やすことで、身体の体脂肪は徐々に減っていきますが、例え足を中心にエクササイズを行ったとしても足だけ痩せるということはほぼあり得ません。

目に見えて足が細くなるまで時間が多少かかるかもしれませんが、根気よく脂肪を減らし続けることが重要です。

 

脂肪を健康的に減らすために大切なこと

脂肪を減らすためには「適切なカロリー摂取」と「運動によるカロリー消費」が大切になります。

しかし、無闇にカロリー制限を行ったり、極めて負荷の高いエクササイズをいきなり始めたりすると体に対して負担が大きくなります。

炭水化物を抜く、夕食を食べない、食べても吐くなどといった極端な食事制限を行うことで現れるデメリットには以下のようなものがあります。

・筋肉量の減少、それに伴う基礎代謝値の低下
・糖分不足による集中力の低下
・エネルギー不足による疲労感の継続
・リバウンドをしやすくなる
・(女性の場合)生理不順

また、いきなり負荷の高いエクササイズを行うことによるデメリットには以下のようなものがあります。

・エクササイズが継続しない
・極端に疲労が溜まる
・疲労により免疫力が下がる
・関節への悪影響
・血管などの循環器への悪影響

人間の脂肪は1kg減らすために7,200kcalのエネルギーを消費する必要があります。

食生活の見直しにしても運動習慣をつけることにしても極端なことは心身に悪影響を及ぼしますため、無理をせずに脂肪を徐々に減らしていくことが重要です。

無理なく脂肪を減らすためには、まずは1kgを1か月かけて減らすようにしましょう。

1日あたり食事からの摂取カロリーを150kcal減らし、エクササイズで100kcal消費するだけでも、1か月あたり1kgの脂肪を減らすことが可能です。

 

適切なカロリー摂取量を目指そう

食生活を改め、カロリー摂取量の見直しをすることで効率的に脂肪を減らすことができます。

適切なカロリー摂取量を目指すために、まず「基礎代謝値」を把握してみましょう。

基礎代謝値とは一言でいえば「1日中何もしなくても消費するカロリー」のことを指します。

睡眠のときなど安静にしている状態でも身体は呼吸や心臓の鼓動のため、一定のエネルギーを消費していて、基礎代謝は1日の消費エネルギーの70%ほどにも相当します。

スポーツマンでない限り基礎代謝値は1日の消費エネルギーの大半を占めるため、体重のコントロールには非常に重要になる数値です。

基礎代謝値は年代、性別によって異なります。基礎代謝値は以下の計算式で求めることができます。

基礎代謝値=基礎代謝基準値×体重

この中の「基礎代謝基準値」とは、体重1kgあたりどれだけカロリーを消費するかを示した数値です。以下の表により確認することができます。

年代、性別基礎代謝基準値(kcal)

年齢 男性 女性
10-11歳 37.4 34.8
12-14歳 31 29.6
15-17歳 27 25.3
18-29歳 24 22.1
30-49歳 22.3 21.7
50-69歳 21.5 20.7
70歳以上 21.5 20.7

基礎代謝値は基礎代謝基準値と体重を掛け合わせることで算出ができるため、

体重70kgの30代男性の場合は、
22.3×70=1561kcal

体重58kgの30代女性の場合は
21.7×58=1258.6kcal

が基礎代謝値となります。

そして、1日の適切なカロリー摂取量は基礎代謝値をもとに算出することができます。

1日の適切なカロリー摂取量は以下の式で算出されます。

1日の適切なカロリー摂取量=基礎代謝値×身体活動レベル

この中の「身体活動レベル」とは、生活習慣の中でどれだけ運動負荷がかかっているかを占める指数で、3段階に分けられます。

身体活動レベルが低い(Ⅰ)は、生活の大部分が座位で、静的な活動が中心の場合です。

身体活動レベルが普通(Ⅱ)は、座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む場合です。

身体活動レベルが高い(Ⅲ)は、移動や立位の多い仕事への従事者、あるいは、スポーツなど余暇における活発な運動習慣をもっている場合です。

また、身体活動レベルによる指数は年代によって異なります。以下の表で確認してみましょう。

年齢階級別にみた身体活動レベル

年齢 身体活動レベル(Ⅰ) 身体活動レベル(Ⅱ) 身体活動レベル(Ⅲ)
10-11歳 1.45 1.65 1.85
12-14歳 1.5 1.7 1
15-17歳 1.55 1.75 1.95
18-29歳 1.5 1.75 2
30-49歳 1.5 1.75 2
50-69歳 1.5 1.75 2
70歳以上 1.45 1.7 1.95

この表をもとに計算してみると、

30代の基礎代謝値が1500の人の身体活動レベルが(Ⅱ)だとしたら
1500×1.75=2625kcal

30代の基礎代謝値が1200の人の身体活動レベルが(Ⅰ)だとしたら
1200×1.5=1800kcal

が1日の適切なカロリー摂取量となります。

この式を使って、あなたの生活に合わせて計算してみましょう。

そして、脂肪による足の太りを解消するためには、まずはこの適切なカロリー摂取量を守るようにしましょう。

 

白米の量を少し減らす

今までの食生活で白米を大盛で食べていた人は普通盛りに、普通盛りで食べていた人は小盛りにすると150kcalを簡単に削減することができます。

大盛の白米は約400kcal、普通盛りの白米は約230kcal、小盛りの白米は約170kcalほどのエネルギーが含まれています。

大盛の白米を食べていた人は一食だけ普通盛りにすれば、普通盛りを食べていた人は2食小盛りにすれば150kcalの削減となります。

 

コーヒーを甘くないものにする

ついつい頭をスッキリさせるために缶コーヒーを飲んでしまう人も多いと思います。しかし缶コーヒーは意外に高カロリーな飲み物です。

缶コーヒーを甘くないものにするとカロリー摂取を抑えることができます。一般的な缶サイズのコーヒー、微糖、無糖、カフェオレにはそれぞれエネルギーが以下のように含まれています。

コーヒー:約65kcal
微糖:約35kcal
無糖:0kcal
カフェオレ:約80kcal

 

間食は「半分」にする

小腹が空いたときについついスナック菓子を食べたりチョコレート菓子を食べてしまったりすることもあるでしょう。

小腹が減るということはエネルギー源が不足していて集中力が欠けているということなので、活動の効率が悪くなるのに無理をして控える必要はありません。

しかし、「半分」にすることで150kcalを削減することが可能です。代表的な菓子類のカロリーは以下になります。

お菓子 カロリー
ポテトチップス 1袋 約500kcal
えびせん 1袋 約480kcal
チョコレート 1枚 約360kcal
ナッツ入りチョコレート 1箱 約600kcal
クッキー 4枚 約200kcal
ポップコーン 1袋 約340kcal
シュークリーム 1個 約240kcal
ドーナツ 1個 約300kcal

小腹が減った際は「半分」だけに気を付けてみましょう。

運動習慣をつけて食生活を改めてカロリー摂取量を見直すことで脂肪はどんどん落ちていきます。まずは1か月だけでもこの習慣を続けてみましょう。

 

スロージョギング

スロージョギングとは、時速5〜6kmくらいの速さで走る負担の少ないジョギング法のことです。

少し鼓動が早くなるけれど隣で走っている人と楽に話せるくらいの速さが一つの目安となります。

運動の負荷が低く比較的長時間続けることができるため、効率よく脂肪を落としていくことが可能です。

ポイントとしては以下の3つに気を付けましょう。

1.背筋をピンと伸ばす
2.肘を90度ほどに曲げて自然に腕を振る
3.しっかりとかかとから地面に足をつき、つま先でけり出すように走る

まずは15分ほどスロージョギングを行うところから始めて徐々に時間を延ばし、最終的には1時間ほど走ることを目指しましょう。

 

背筋を伸ばして生活する

もしあなたが普段から猫背などの姿勢が悪い場合は、背筋を伸ばして生活するようにしましょう。

姿勢をよくするだけで、普段使っていなかった背中の筋肉が鍛えられ、どんどん消費カロリーを増やすことができます。

例えば、体重60キロの人が30分間背筋を伸ばして座った場合、普段より4.3kcalも多く消費できます。

逆に姿勢が悪いと、背中の筋肉が使われないだけでなく、腹部が圧迫されて内臓の働きが弱くなり、代謝が悪くなることから、太りやすい体質になってしまいます。

さらに、血の巡りも悪くなるので、足がむくむ原因にもなってしまいます。

 

スクワット

スクワットと聞くと辛い上に筋肉で足を太くしてしまうイメージがあかもしれませんが、やり方次第では足を引き締める効果を期待することができます。

足を引き締めるためのスクワットのやり方は以下の通りです。

1.手を腰に置き、足を肩幅より少し広い程度に広げる
2.背筋をピンとさせた状態でゆっくりと息を吸いながら太ももと床が平行になるまで5秒ほどかけしゃがむ
3.背筋をピンとさせたまま息を吐きながら5秒ほどかけもとの体勢に戻す

1〜3を10回行うのを1セットとして3セット行いましょう。

このスクワットはカロリーを消費するのが目的ではなく、足に引き締まった筋肉をつけるのが目的です。

軽い負担でスクワットを行うことで筋肉が肥大することなく引き締まり、同時に基礎代謝が上がり痩せやすい体質になれる効果も期待できます。

慣れてきたらスロージョギングを行う前にスクワットを行うとよいでしょう。

 

つま先立ちを行う

通勤や通学、日常の家事などをつま先立ちで行うことも足を細くするためにおすすめです。

つま先立ち自体は負荷の高い運動ではなく、筋肉を肥大させるのではなく筋肉を引き締める効果が期待できます。

また、つま先立ちをすることで歩行で消費するカロリーが1.5倍ほどになるため脂肪を減らすのにも効果的です。

 

足が「水分」によってむくむ場合

すらーっとした美脚に生まれ変わる!足を細くするダイエット方法18選

「むくみ」とは血液の水分が血管の外ににじみ出ることで発生する症状です。

健康な状態ならば血液は全身を循環して余計な水分は汗や尿として体外に排出されます。

しかし、なんらかの原因により血液内の水分が血管の外に滲み出した結果、細胞組織に水分が溜まることでむくみが発生します。

むくみは顔と下半身に現れることが多く下半身を太く見せる大きな要因になります。

むくみの原因は非常に多岐に渡りますが、一例としては以下のようなものが挙げられます。

・座りっぱなし
・立ちっぱなし
・塩分の摂りすぎ
・糖分の摂りすぎ
・運動不足
・きつめの衣服、履物
・冷え性
・血行不良

むくみは基本的に一時的なものですが、一度むくんでしまうとクセになりやすいという問題があります。

たかが水分といっても実際にジーンズなどが入らなくなる、シルエットが悪くなるなどの問題あるので解消することが重要です。

むくみによる足太りの場合

以下の項目に当てはまる場合はむくみによる足太りの可能性が高いと言えるでしょう。

・特に夕方以降、足が太く見える
・特に夕方以降、靴やズボンがきつく感じる
・太ももを強く押すと白くなり、その後なかなか色が戻らない
・デスクワーク、立ち仕事など同じ姿勢が長く続く職に就いている

 

むくみによる足太りの対策法

むくみにより足が太くなってしまっている人の解決法は、「身体のミネラルバランスを整える」「下半身に溜まった水分を循環させる」の二つになります。

 

身体のミネラルバランスを整える

むくみは塩分の摂りすぎや運動不足などにより水分が身体の特定の部分に溜まることで発生します。

特に下半身は重力の関係で水分が溜まりやすい部位のため、むくみやすく足が太くなりがちです。

このむくみの発生には塩分に含まれているナトリウムが大きな影響を与えます。

そこでナトリウムを排出する作用のある「カリウム」を摂取して、身体のミネラルバランスを整えることがむくみの対策に重要です。

日本人のカリウムの1日あたりの摂取基準

年齢 男性目安量 男性目標量
10-11歳 1900 2200
12-14歳 2400 2600
15-17歳 2800 3000
18-29歳 2500 3000
30-49歳 2500 3000
50-69歳 2500 3000
70歳以上 2500 3000

(単位:mg/日)

カリウムはあらゆる食品に含まれていますが特に野菜や芋類、海藻類、果物などに多く含まれます。

むくみ対策のためにカリウムを多く含むそれらの植物性の食品を多く摂取するとよいでしょう。カリウムの多い食品の一例には以下のような食べ物があります。

カリウムの多い食品

食品 カリウムの量
ニラ 1/2束(50g) 200mg
ほうれん草 大1株(20g) 98mg
ナス 中1個(100g) 220mg
キャベツ 葉2枚(100g) 92mg
きゅうり 1本(100g) 180mg
人参 1本(100g) 220mg
玉ねぎ 1個(200g) 240mg
じゃがいも 1個(100g) 240mg
さつまいも 1本(250g) 1200mg
バナナ 1本(150g) 540mg
オレンジ 1個(220g) 300mg
いちご 3個(60g) 100mg
グレープフルーツ 1個(400g) 560mg
昆布 結び昆布1個(2g) 122mg
海苔 1枚(3g) 100mg

むくみ対策のためには「日本人のカリウムの1日あたりの摂取基準」の図の目標量を摂取するようにするとよいでしょう。

 

運動を行う

デスクワークが中心の人、接客など立ちっぱなしになる人など同じ姿勢で居続ける必要がある職業の人は、下半身に水分が溜まりやすく、その分むくみが発生しやすくなります。

その場合、適度に運動を行うことで下半身の血液を上半身に戻す作用が発生してむくみを解消しやすくなります。

同時にナトリウムを汗として排出する作用も期待できるため、ナトリウム濃度を薄めることも可能です。

運動といっても無理に運動強度の高いことをする必要はありません。まずは30分だけのウォーキングだけでも十分にむくみに対して効果的です。

歩くことで太ももの筋肉が心臓に血液を送り返すポンプの働きを行い、下半身に溜まった水分や血液を上半身に送り返すことができます。

 

入浴を行う

下半身に溜まった水分を循環させるためにシャワーではなく入浴を行うこともおすすめです。

38度から40度のお湯にみぞおちのあたりまで浸かり、20分から30分程度ゆっくりと入浴をすることで体の芯まで温まります。

身体が温まることで血液の循環が促進され、下半身に溜まった血液が上半身へと戻り、同時に汗をかくことでナトリウムの排出を促し、余計な水分も排出する効果が期待できます。

 

マッサージを行う

太もものマッサージを行うことで溜まった水分を循環しやすくすることができます。

特に、女性の場合は男性に比べて下半身の筋肉量が少ない傾向にあり、ポンプ機能が弱いのですが、マッサージによって人工的にポンプ機能を活性化させることができます。

ここではむくみを解消するための代表的なマッサージを紹介します。どのマッサージも入浴後などの血流がよくなっているタイミングで行うとさらに効果が高まります。

膝から足の付け根にかけてのマッサージ

膝を軽く曲げた状態で座り、両手で膝を包みこむようにします。

両手の親指を立てて膝の少し上の関節ではない部分を痛くない程度に強めに押します。

そのまま足の付け根のほうに向かって血液を押し流すように上がっていきます。このマッサージを片足5分ほど行います。

太もものマッサージ

いすに座った状態で行うことのできるマッサージです。背筋をピンと伸ばした状態でいすに座り両手のひらで太ももの側面を押していきます。

このマッサージも膝のほうから足の付け根のほうへ血液を押し流すように押していきます。

特に時間などを決めずにデスクワークで疲れたときに行うとよいでしょう。

膝の裏のリンパマッサージ

このマッサージも椅子に座ったまま行えます。足を少し伸ばして膝の裏側に親指以外の4本の指を当て上下にさすります。

その後、もう片方の膝裏も同様にさすります。やさしく心地よいくらいの力加減で片足5分ほど行います。

 

むくみ解消のストッキングを着用する

むくみを解消するためのストッキングは適度に圧を太ももに加えることで下半身のポンプ機能を強化する役割があります。

特に時間帯によって太ももがむくんでしまう人におすすめです。

 
スポンサーリンク

 

「筋肉」によって肥大した場合

すらーっとした美脚に生まれ変わる!足を細くするダイエット方法18選

下半身は筋肉量が多く、常に体重を支えているため筋肉が大きくなりやすいという特徴があります。

またハードな運動や運動負荷の高い日常の活動を行っている人は、筋肉によって太ももが肥大している可能性もあります。

筋肉による足太りの場合

以下の項目に当てはまる場合は筋肉による足太りの可能性が高いと言えるでしょう。

・学生のころスポーツをしていた
・運送業などの足を酷使する職に就いている
・太ももをつまんでもうまくつまめない
・足全体に筋肉のメリハリや陰影がある

 

筋肉の肥大による足太りの対策法

筋肉による肥大の場合は、筋量が増え基礎代謝も向上するため健康上の問題はないので悪いことではありませんが、シルエットが気になる場合もあるでしょう。

ただ、筋肉が肥大していることによる足太りの対策は非常に難しいです。

学生のころスポーツを行っていた、山歩きが趣味である、運送業に携わっているなど足に高い負荷がかかる生活習慣によって筋肉が肥大することで発生する足太りです。

筋肉が肥大すること自体が身体にとって悪いことではなく、基礎代謝が向上するため痩せやすい体質になることと同義です。

どうしても筋肉の肥大による足太りを解消したい場合はまず、負荷の高い生活習慣を避けるようにしましょう。

負荷の高い運動の代わりにウォーキングやヨガ、ストレッチなどの負荷の低い有酸素運動を行うことで、徐々に筋肉の肥大の原因となっている「白筋」から肥大の原因にならず持久力に関わる「赤筋」が多くなっていきます。

白筋から赤筋への変化は非常に時間がかかるため根気よく続けていきましょう。

 

最後の手段!「美容外科」で即効で劇的変身

すらーっとした美脚に生まれ変わる!足を細くするダイエット方法18選

いろいろな対策を行ってもなかなか足が細くならないときの最後の手段として美容外科で施術を受け、足を細くするという手段もあります。

美容外科で行う施術は全体的に即効性が高くすぐに効果が目に見えます。

「今すぐ足を細くしたい」「痩せるための努力が苦手である」「今まで何度も足を細くするのに失敗してきた」などに当てはまる人にはおすすめです。

特に脂肪による足太りと筋肉の肥大による足太りに対して効果が高い手段です。

また、太もも、ふくらはぎ、足首など足の各部位に対応しているうえ、必ずしもメスを入れる必要もありません。

ただし美容外科の施術は健康保険の適用外となるため費用が高くなりがちです。

施術の種類にもよりますが、10万円から100万円近くなることもあるので、気になる場合は美容外科で目的と予算を伝えカウンセリングを受けるとよいでしょう。

美容外科における代表的な足太り解消の施術には以下のようなものがあります。

 

脂肪吸引

脂肪による足太りを解消するための施術です。5mm以下ほどのごく小さい範囲を切開する必要がありますが、手術前に麻酔をかけるため痛みはありません。

余分な皮下脂肪を直接吸引するため、即効性があり効果が目に見えるのが特徴です。

どのような手術を行うかにもよりますが、基本的に入院は必ずしもする必要がなく日帰りが可能です。

足のみの脂肪吸引も可能ですが、全体的なボディラインをデザインのうえ全身の手術を行うこともできます。

 

脂肪分解注射

脂肪分解作用のある成分を注射により直接対象部位に注入することで足を細くする施術です。特にふくらはぎを補足するのに適している方法です。

脂肪分解作用のある成分を注入すると聞くと少し不安に感じますが、現在では天然由来の成分が利用されているため副作用もほとんどなく安心して利用することができます。

一度だけではなく複数回にわたって施術を受けるとさらに効果が上がります。

 

ボトックス痩身法

筋肉の肥大による足太りに効果の高い施術です。

筋肉肥大による足太りは、カロリーを抑えたり運動を行ったりすることではなかなか細くならず、脂肪吸引でも細くすることができません。

このボトックス痩身法は、筋肉肥大によって太くなった部位へと直接注射することで筋肉の働きを徐々に弱めていき足を細くする作用があります。

筋肉の働きを弱める、と聞くと少し怖いイメージがありますが、施術後も問題なく日常生活を送ることができます。

施術時間は10分にも満たない時間で日帰りの施術を受けることが可能です。

 

光レーザーによる痩身法

赤外線を発するレーザーを利用した施術です。麻酔をする必要はなく、薬品の投与をするわけでもないので身体に対する負担が非常に軽いことが特徴です。

赤外線を肌に照射しエネルギーが脂肪組織まで浸透し、脂肪の代謝を促進することで痩せやすい体にすることができます。

また、同時に血行を促進させたり肌の新陳代謝を促進させ美しい肌にしたり、たるんだ肌を引き締めたりと様々な美容に対する効果があります。

即効性は薄く継続して行うことが前提ですが、安全性が高く費用も比較的安めなのが特徴です。


 

まとめ

すらーっとした美脚に生まれ変わる!足を細くするダイエット方法18選

 

足が「脂肪」によって太った場合

・脂肪を健康的に減らすために大切なこと

・適切なカロリー摂取量を目指そう

・白米の量を少し減らす

・コーヒーを甘くないものにする

・間食は「半分」にする

・スロージョギング

・背筋を伸ばして生活する

・スクワット

・つま先立ちを行う

足が「水分」によってむくむ場合

・身体のミネラルバランスを整える

・運動を行う

・入浴を行う

・マッサージを行う

・むくみ解消のストッキングを着用する

「筋肉」によって肥大した場合

・筋肉の肥大による足太りの対策法

最後の手段!「美容外科」で即効で劇的変身

・脂肪吸引

・脂肪分解注射

・ボトックス痩身法

・光レーザーによる痩身法

 
足太りは脂肪によるもの、むくみによるもの、筋肉の肥大によるものの3種類の原因が存在するため、あなたがどのタイプの足太りかを把握して適切に対処することが必要です。

あなたに合った方法を取り入れながら、毎日の生活で足を細くしていってください。

ご紹介した方法を実践していると、周りから「あれ、脚細くなった?」「脚、キレイだね。」と言われる日も近いはず!


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします