「頭の臭い」が気になる女性へ!くさ~い原因を取り除く簡単ヘアケア

「頭の臭い」が気になる女性へ!くさ~い原因を取り除く簡単ヘアケアなんだか変なニオイがすると思ったら……、「あれっ、まさか、私の頭が臭い……!?」そんなときは、大ショックですよね。

もしそれが初デートだったら……、なんて考えたら鳥肌が立ってきそうです。

実は、頭のニオイは頭皮環境の悪化や加齢によって強くなりやすく、頭のニオイが一時的に出てしまうこと自体は、決して珍しいことではありません。

ただし、対応を間違えると、ニオイが強くなって治らなくなることもあります。ニオイに気付いたときに適切なケアをすることが、とにかく重要なのです。

そこでこの記事では、気になる頭のニオイを改善するヘアケアの方法をお伝えします。

 

「頭の臭い」が気になる女性へ!くさ~い原因を取り除く簡単ヘアケア

スポンサーリンク

 

頭の臭いがひどくなる原因は?

「頭の臭い」が気になる女性へ!くさ~い原因を取り除く簡単ヘアケア

頭のニオイを放っている元は「皮脂」です。

頭皮は、なんと顔の2倍の皮脂腺が分布していて、皮脂が多く分泌される部位なのです。

この「皮脂」に異常が現れると、頭皮から嫌なニオイが漂うことになります。その異常の原因として多く見られるのは次のようなものです。

 

女性ホルモンのバランスの乱れ

女性ホルモンは、柔らかい肌や丸みのある体つきなど「女性らしさを司るホルモン」としての役割の他に、皮脂量にも影響を与えています。

女性ホルモンには、「エストロゲン」と「プロゲステロン」の2つがあり、月経リズムによって、それぞれが増えたり減ったりを繰り返しています。

「エストロゲン」は「美肌ホルモン」とも呼ばれ、皮脂量を抑えて水分量をアップさせる働きがあります。

一方で、「プロゲステロン」は皮脂量を増やし、ニキビの原因となることもあるので、俗に「ブスホルモン」ともいわれています。

このプロゲステロンは、生理前から生理中にかけて増える特徴があるため、この時期に頭皮のニオイが気になる場合は、生理が原因として考えられます。

また、女性ホルモンはとてもデリケートで、ストレスや疲労、睡眠不足などでも、バランスを崩してしまいます。

すると、皮脂が増え、結果として頭皮のニオイがひどくなることがあるのです。

もし、残業続きで心身ともに疲労しているときや、寝不足が続いた後に、頭のニオイが気になる場合は、女性ホルモンのバランスが乱れている可能性が高いでしょう。

 

紫外線や間違ったヘアケアによる頭皮環境の悪化

多少、皮脂が多くなったり、ニオイの原因物質が発生したりしても、頭皮には常在菌が存在しています。

常在菌たちは、古い角質や皮脂をエサとして分解し、皮膚を弱酸性にキープする役割を担っているのです。

しかし、この常在菌たちが、紫外線や間違ったヘアケアによってダメージを受けると、頭皮環境が悪化してしまいます。

すると、

  • 皮脂が分解されずに皮脂過多状態になったり
  • 皮膚がアルカリ性に傾いて雑菌が繁殖したり

するため、結果として頭のニオイが強くなることが多いのです。

 

加齢による「ジアセチル」の増加

加齢によって体から特有のニオイが発生する「加齢臭」は、一度は聞いたことがあるでしょう。頭皮にも、加齢とともに発生するニオイがあります。

その原因となるのは「ジアセチル」という成分で、この成分は30代後半から40代にかけて増えるといわれています。

もともとは、30代〜40代の男性特有の頭のニオイを研究する過程で発見された成分でしたが、女性にも見られることがわかり、後頭部を中心として臭うのが特徴です。

ジアセチルが頭皮の皮脂と混ざると、使い古した油のような嫌なニオイが広がります。

 

頭の臭いを改善するには・・・

頭のニオイの原因が把握できたところで、早速解決するアプローチの紹介に移りましょう。

頭のニオイを改善する方法は、大きく3つに分けられます。

  1. 頭皮の皮脂をしっかり洗い落とす
  2. ニオイの原因物質を減らす
  3. 外出先でニオイを発生させないために工夫する

この3つのステップに沿って、頭のニオイを改善する具体的な方法を見ていきましょう。


 

頭皮の皮脂をしっかり洗い落とす方法

「頭の臭い」が気になる女性へ!くさ~い原因を取り除く簡単ヘアケア

頭のニオイが強くなっている頭皮は、皮脂の量が過剰になっています。

しかも頭皮環境が悪化しているため、老廃物と混ざり合っていることが多く、ベタついてなかなか落としにくい状態になっています。

それを踏まえて、通常よりも念入りに頭皮を洗浄(シャンプー)する必要があります。

 

シャンプーの選び方

頑固な皮脂を落とすために、まずシャンプーを頭皮ケア対応のものに変更しましょう。

選び方のコツとしては、「スカルプケア」や「頭皮環境を整える」等の記載があるシャンプーを選びます。

なお、場合によっては、女性が男性用のシャンプーを選ぶのもOKです。

一般的に、男性用のシャンプーは女性用のものに比較して、脱脂力が強く作られています。男性は、男性ホルモンの影響でもともと皮脂が多いからです。

そのため、女性ホルモンのバランスが崩れて皮脂過多に陥っている場合は、男性用シャンプーで状態が改善することが意外と多くあります。

 

ニオイの原因物質を落とすシャンプーのやり方

頭皮の汚れを落としやすいシャンプーを準備したら、次はニオイの原因物質を落とし切ることを意識したシャンプーを行います。

シャンプーする前の準備

シャンプーをする前に、髪全体をブラッシングをしましょう。

ブラッシングをしておくだけで、頭皮や髪についた汚れを落としやすくします。

予洗いで皮脂を浮き上がらせる

シャンプーをつける前に、まずは髪をお湯で予洗いしましょう。予洗いとは、お湯だけで頭髪を洗い流すことです。

このステップを踏むことで、毛穴に詰まって固くなった皮脂汚れをお湯の力で柔らかくして、浮き上がらせることができます。

このとき、ただお湯をかけるだけでなく、シャワーの水圧を利用して、毛穴に対して垂直にお湯が当たるように意識しましょう。

手で髪の毛をかき分けながら、シャワーで毛穴の奥の皮脂をかき出すイメージで行ってください。

シャンプーをしっかり泡立てる

次に重要なのが「泡立て」のステップです。シャンプーはしっかり泡立てることで、初めて本来の洗浄力が発揮できるように設計されています。

「原液のまま頭皮につけて泡立てる」という行為は、本来の洗浄力が発揮できないだけでなく、頭皮にダメージを与えることにもつながりますのでやめましょう。

手元で泡立たせてから髪につけるようにしてください。泡立てが苦手な人は、「泡立てネット」を使うと、簡単に泡立てることができます。

後頭部から頭皮を念入りに洗う

「シャンプー」というと「髪の毛を洗う」というイメージを持っている人も多いかもしれません。

しかし、頭のニオイを改善するためのシャンプーでは、「頭皮を洗う」ことをイメージしてください。

ニオイの原因物質が集中して発生しやすい後頭部から、念入りに洗っていきましょう。

親指以外の4本の指の腹を使って、小刻みに動かすように全体を洗っていきます。

一通り全体を洗ったら、次に5本の指で頭皮を押し揉みするように洗ってください。頭皮の毛穴に詰まった皮脂汚れを、「ギューッ」と絞り出すようなイメージです。

頭皮全体をまんべんなく洗い終わったら、よくすすぎます。

すすぐときには、「予洗い」のときと同じように、シャワーを毛穴に対して垂直に当て、すすぎ残しのないように念入りに流しましょう。

ベタつきがひどい場合は2度洗いをする

頭皮の皮脂汚れがひどい場合には、2度洗いしましょう。その際は、1度目のシャンプーでの泡立ちを目安にしてください。

1度目のシャンプーで、すぐに泡が消えてしまいベタベタした感触が残っている場合は、皮脂汚れがひどい状態と言うことができます。

そのときは一度シャンプーを洗い流してから、もう一度洗い直すようにしましょう。

シャンプーの仕上げには頭皮用トリートメントを使う

ニオイの原因物質を含む皮脂をしっかり落とした頭皮は、その分乾燥しやすくなっています。

頭皮用のトリートメントを使うことで、たっぷりとうるおいを補給しましょう。

通常の髪の毛用のトリートメントは、頭皮に塗ると毛穴を詰まらせてしまうことがあるので、頭皮に対応しているトリートメントがおすすめです。

 

ニオイがひどいときは、週2回の髪のつけ置き洗い!

頑固な皮脂が頭皮につまりを感じるときは、お風呂で髪のつけ置き洗いをして解消しましょう。

週に2回行うだけで、頭皮の毛穴がスッキリして、嫌なニオイがあらわれなくなりますよ。

頭皮のニオイを取り去る!髪のつけ置き洗い方法

  1. まず、髪についた埃を摂るために通常の半分の量のシャンプーで髪を洗います
  2. よくすすいだら、湯船に頭を沈めた状態で5分キープしましょう。このときに毛穴から脂が浮き出てきます。
  3. 仕上げは再び、通常の半分の量のシャンプー髪を洗います。半分の量でも汚れをしっかりと落とすことができますよ。

 

補足:シャワーの水圧が弱い場合はヘッドの交換を

ニオイの原因物質をしっかり洗い流すためには、「シャワーの水圧」が重要になります。

自宅のシャワーの水圧が弱い場合には、シャワーヘッドの交換を検討しましょう。

今まで水圧の弱いシャワーを使い続けていた場合、皮脂の洗浄が不充分になって毛穴に皮脂を詰まらせ、ニオイの原因を作っていた可能性もあります。

頭皮に負担をかける塩素除去機能があったり、マイナスイオンを発生させる機能がついているシャワーヘッドも開発されていますので、自分に合うものを探してみましょう。


 

ニオイの原因物質を減らす方法

「頭の臭い」が気になる女性へ!くさ~い原因を取り除く簡単ヘアケア

ここからは、そもそも「皮脂の中にニオイの原因物質が含まれないようにする方法」をご紹介します。

心身の疲れを溜めない

「女性ホルモンのバランスの乱れ」と「加齢によるジアセチルの増加」が、頭のニオイの原因だとお伝えしましたが、その両方に大きな影響を与えているのが「疲労」です。

女性ホルモンのバランスは、疲れが溜まったり睡眠不足が続いたりすると、あっという間に崩れてしまいます。

さらに心のストレスの影響も繊細に受けています。それほど、デリケートなのが女性ホルモンなのです。

一方、加齢によって増える「ジアセチル」という成分は、「乳酸」が皮膚上のブドウ球菌に分解されることで発生します。

「乳酸」は、疲労やストレスが溜まったときに増加してしまいます。

したがって、「心身の疲れを溜めないこと」は、頭のニオイの原因物質を減らす上で最重要ポイントともいえるのです。

 

紫外線の影響を排除する

最近では、顔だけでなく「髪の毛」にも紫外線の影響があることが知られ、髪の毛にも使えるUVスプレーも多く市販されています。

しかし、「頭皮」の紫外線対策までしっかりできている人は、まだまだ少ないようです。

頭は最も太陽に近く、最も紫外線が降り注ぐ部位です。無防備に放置していては、どんどん頭皮環境が悪化してしまいます。

特に、つむじや髪の分け目部分などの頭皮の地肌が見えている部分には、日焼け止めを塗るようにしましょう。

「頭皮用の日焼け止めなんて、どれを塗ればいいの?」と思うかもしれませんが、頭皮も皮膚の一部です。

顔に塗っているものと同じものを使って問題ありません。

もし塗りづらさが気になる場合には、スプレータイプの日焼け止めが便利ですよ。

なお、レジャーなど長時間強い紫外線を浴びるときには帽子をかぶって、頭皮全体を守るようにしてください。

 

頭皮にダメージを与えるのをやめる

頭皮にダメージを与えてしまう行為はたくさんあります。

もし以下のことに思い当たりがあるなら、できるだけ排除することを心掛けてください。

頻繁にカラーリングやパーマをしている

カラーリングやパーマは、使用する薬剤が頭皮に負担をかけてしまいます。

頭のニオイが気になっているのであれば、できるだけ控えた方が良いでしょう。

肌に合わない整髪料を使っている

肌に合わない整髪料を気付かずに使い続けている場合にも、頭皮環境が悪化してしまいます。

頭のニオイがひどくなるタイミングで新しく使い始めたアイテムがあるなら、それが肌に合っていない可能性が考えられます。

一度使用を中止して様子を見てみましょう。

シャンプーが不充分

シャンプーが不充分な場合にも、毛穴に皮脂が詰まって、さらなるニオイを呼んでしまいます。

先ほどご紹介したシャンプー方法でシャンプーをするようにしてみてください。

髪を乾かさないで濡れたまま寝ている

髪を乾かさずに濡れたまま寝ている場合、長時間、頭皮が湿った状態に晒されることになります。

この状態は、頭皮にとっては大ダメージです。頭皮の皮膚が弱くなる他、雑菌も繁殖しやすくなってしまいます。

シャンプーした後は、手早く髪の毛を乾かすことが重要です。

ドライヤーを使い過ぎて過乾燥に陥っている

ただし、ドライヤーによる乾かし過ぎにも要注意です。

頭皮が過乾燥に陥ると、必要なうるおいがキープできなくなり、頭皮環境が悪化することにつながります。

ドライヤーで髪を乾かすときは、8割程度を温風で乾かし、残りの2割は冷風で仕上げるのがコツです。

関連記事:産まれたての赤ちゃんなみに「頭皮を柔らかくする」12の方法

 

スカルプエッセンスでマッサージする

頭皮環境を整えるサポートをしてくれる「スカルプエッセンス」で毎日頭皮マッサージをすると、栄養補給と血行促進が同時にできるため、頭のニオイを改善するために役立ちます。

スカルプエッセンスの中でも、

  • ニオイを抑えるデオドラント成分
  • 頭皮から良い香りを漂わせるためのフレグランス成分

などが含まれているものが頭皮のニオイケアにはおすすめです。

なお、頭皮マッサージをする際は爪を立てずに、両手の指の腹で、「ギューッ、ギューッ」と押すようにしましょう。

また、頭皮全体を指圧するイメージで、少しずつ場所を移動しながら全体にスカルプエッセンスを浸透させると効果が高まります。


 

番外編:外出先でニオイを発生させないための工夫

「頭の臭い」が気になる女性へ!くさ~い原因を取り除く簡単ヘアケア

さて、ここまで「皮脂をしっかり洗浄する」「ニオイの原因物質を減らす」の2つのステップで、根本的な改善に取り組む方法をお伝えしました。

最後に番外編として、外出先で頭のニオイを発生させないための工夫をご紹介します。

根本的な解決にはつながらないものの、今あるニオイをとりあえず抑えるためには、即効性のある方法です。

 

髪型はラフなスタイルで

ワックスを使ってキッチリとまとめたまとめ髪は、頭皮が蒸れやすくなり、ニオイが強くなりがちです。

かといって、首回りに髪の毛がまとわりつくダウンスタイルでは、頭皮に熱がこもりやすくなります。冬にマフラーをすると一気に温かくなるのと同じことです。

そのため、髪の毛はざっくりとラフにまとめるのが、最もニオイが発生しにくいヘアスタイルです。

w621_dsc_0094
画像引用:https://allabout.co.jp

さらに、一日の中で髪を留める位置や分け目をときどき変えると、同じ箇所に汗や雑菌が溜まりにくいのでおすすめです。

髪に跡が付かず、何度でも簡単にまとめ髪ができる「バナナクリップ」などを上手に利用しましょう。

また、時間を見つけて髪のもつれをほぐしながら、丁寧にブラッシングしておくとニオイの予防にもなります。

 

汗はなるべくかかない。かいたらすぐに拭く

汗とニオイの原因菌が混ざって時間が経つと、雑菌が繁殖してニオイが強くなります。

ニオイをどうしても発生させたくない日には、できるだけ風通しの良い服装をして、汗をかかないようにしましょう。

どうしても汗をかいてしまったら、すぐに拭き取ることが重要です。その際、乾いたハンカチではなく濡れたハンカチを使いましょう。

ひんやりとした冷感で素早く汗を引かせると同時に、襟足やおでこに付着した頭のニオイの原因物質も拭き取ることができます。

 

頭皮用のリフレッシュスプレーを使う

ワキなど体のニオイが気になるときのために「制汗スプレー」をバッグに忍ばせている人も多いのではないでしょうか。

同じように、「頭のニオイが出てきたかも……」と思ったときに、頭皮に使うことのできるリフレッシュスプレーが市販されています。

対症療法的ではあるものの、ニオイが出てしまい今すぐなんとかしたいときに、持っていると便利なアイテムです。

 

まとめ

「頭の臭い」が気になる女性へ!くさ~い原因を取り除く簡単ヘアケア

 

頭の臭いがひどくなる原因は?

  • 女性ホルモンのバランスの乱れ
  • 紫外線や間違ったヘアケアによる頭皮環境の悪化
  • 加齢による「ジアセチル」の増加

頭皮の皮脂をしっかり洗い落とす方法

  • シャンプーの選び方
  • ニオイの原因物質を落とすシャンプーのやり方
  • ニオイがひどいときは、週2回の髪のつけ置き洗い!
  • 補足:シャワーの水圧が弱い場合はヘッドの交換を

ニオイの原因物質を減らす方法

  • 心身の疲れを溜めない
  • 紫外線の影響を排除する
  • 頭皮にダメージを与えるのをやめる
  • スカルプエッセンスでマッサージする

番外編:外出先でニオイを発生させないための工夫

  • 髪型ラフなスタイルで
  • 汗はなるべくかかない。かいたらすぐに拭く
  • 頭皮用のリフレッシュスプレーを使う

 

頭からクサいニオイがしてきたら、誰しもショックを受けるものです。

しかし、今日からケアを始めることで、ふんわりイイ香りの漂う素敵女子に変身できます。

早速、頭のニオイの改善に取り組んでみてくださいね。早ければ数日で変化を実感できるはずです。


スポンサーリンク

【今だけ無料鑑定】あなたの好きな人は本当に運命の人?

97%の人が当たっていると実感!
その中でも恋愛運が女性から大人気!

片思い中の人も、いまお付き合いしている人も、自分の本当の運命の人は誰なのか知ってみたくないですか?

あなたの誕生日や血液型などの情報を元に導き出される『天声神語』が大好評です!

もしかしたら別れた彼かもしれないし、いま付き合ってる人かもしれません、
いつ、どこで運命の人と会えるのか・・・今なら『全員0円』で鑑定してもらえます。

今年もあと1ヶ月 恋愛運が気になる人は是非お試しください。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

Dreamerから最新記事を毎日お届けします